最新記事

トランプ大統領

トランプの父親失格を暴く元妻の回想録

Ivana Trump's Parenting Memoir

2017年4月7日(金)10時50分
ルース・グラハム

イベントで顔をそろえた(左から)ドナルドJr.、イバナ、イバンカ、エリック Paul Zimmerman-Wireimage/GETTY IMAGES

<トランプ大統領の3人の子供を育て上げた、最初の妻イバナが暴露本を執筆中>

今や米国大統領となったドナルド・トランプを、四半世紀前に袖にした元妻イバナが、回想録を執筆しているという。題して『トランプの子育て』。報道によれば「母親業と強さ、そして立ち直る力」の大切さを説いた子育て奮戦記になるらしい。発売は9月12日の予定だ。

彼女が産んだのは娘1人(イバンカ)と息子2人(ドナルドJr.とエリック)。みんな立派に成人している。出版元のギャラリー・ブックスによれば、この本に「政治色はない」そうだが、自分は立派な父親だというトランプの主張を打ち砕く力は秘めている。

「トランプが大統領になると、この子たちもメディアの注目を集めるようになった......しかし3人を育て上げたのは母イバナであり、忠誠心と正直さ、高潔さと意欲の大切さを教え込んだのも彼女なのだ」と、出版社の報道資料にはある。

もちろんイバナは、以前からそう主張してきた。夫は子供に無関心で、だから自分が女手一つで育ててきたと。ニューヨーク・デイリー・ニューズ紙によれば、彼女は昨年秋のイベントでも「ビジネスの話ができる年になるまで、ドナルドは子供に全く関心を示さなかった」と語っている。

ファッション誌「デイリー・フロント・ロウ」でも昨年2月、イバナは「学校のことも何も、全て私が決めた。あの子たちが大学を出るのを見届けて、『さあこれで完成、後はあなたの仕事よ』と言ってドナルドに渡した」と語っている(2番目の妻で娘ティファニーを産んだマーラ・メイプルズも別なところで、「育児に時間を割いたのは私だけ」と述べている)。

【参考記事】イバンカ政権入りでホワイトハウスがトランプ家に乗っ取られる

コケにするのはお手の物

父親失格を元妻に暴露されても大統領は涼しい顔だ。なにしろ「子供5人のおむつを替えたことが一度もない」のを誇るタイプの男だ。3人目の妻メラニアと結婚したときも「子育てはしない。私は金を出し、子供の世話は妻がする。私が子供を公園に連れていくなんて、あり得ない」とラジオで断言した。

メイプルズの批判も鼻で笑った。「マーラにはよく『たまにはティファニーを連れて出掛けてよ』と文句を言われた。冗談じゃない。私がベビーカーを押して五番街を歩けるか」

ニュース速報

ビジネス

日産自、4―6月期営業益12.8%減 米市場鈍化で

ビジネス

独VW、ディーゼル車400万台の修理を提案へ=CE

ビジネス

スイスフランが2年半ぶり安値、中銀の金融緩和続くと

ビジネス

VW第2四半期営業益2倍以上に、コスト削減と中核ブ

MAGAZINE

特集:「イスラム国」の子供たち

2017-8・ 1号(7/25発売)

過激なイデオロギーに感化された子供たちや帰還兵によってより潜在化するテロ組織ISISの恐怖

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 2

    ジャスティン・ビーバー 外国で激怒された6つの御乱行

  • 3

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 4

    「ジハードって楽しそうだ」ISIS崩壊後、洗脳された…

  • 5

    シャーロット王女は「公務のプロ」 監視カメラが捉…

  • 6

    株価はいつ暴落するのか

  • 7

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 8

    シングルペアレント世帯の貧困率が世界一高い日本

  • 9

    トランプ大統領、トランスジェンダーの米軍入隊を禁…

  • 10

    スーツはおしゃれの道具じゃない、「細身」では信用…

  • 1

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 2

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 3

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 4

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 5

    北の最高指導者が暗殺されない理由

  • 6

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 7

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 8

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 9

    シャーロット王女は「公務のプロ」 監視カメラが捉…

  • 10

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 1

    中国「三峡ダム」危機--最悪の場合、上海の都市機能が麻痺する

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使わない理由

  • 4

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 5

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 6

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 7

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 8

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 9

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 10

    北の最高指導者が暗殺されない理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月