最新記事

トランプ大統領

トランプの父親失格を暴く元妻の回想録

Ivana Trump's Parenting Memoir

2017年4月7日(金)10時50分
ルース・グラハム

イベントで顔をそろえた(左から)ドナルドJr.、イバナ、イバンカ、エリック Paul Zimmerman-Wireimage/GETTY IMAGES

<トランプ大統領の3人の子供を育て上げた、最初の妻イバナが暴露本を執筆中>

今や米国大統領となったドナルド・トランプを、四半世紀前に袖にした元妻イバナが、回想録を執筆しているという。題して『トランプの子育て』。報道によれば「母親業と強さ、そして立ち直る力」の大切さを説いた子育て奮戦記になるらしい。発売は9月12日の予定だ。

彼女が産んだのは娘1人(イバンカ)と息子2人(ドナルドJr.とエリック)。みんな立派に成人している。出版元のギャラリー・ブックスによれば、この本に「政治色はない」そうだが、自分は立派な父親だというトランプの主張を打ち砕く力は秘めている。

「トランプが大統領になると、この子たちもメディアの注目を集めるようになった......しかし3人を育て上げたのは母イバナであり、忠誠心と正直さ、高潔さと意欲の大切さを教え込んだのも彼女なのだ」と、出版社の報道資料にはある。

もちろんイバナは、以前からそう主張してきた。夫は子供に無関心で、だから自分が女手一つで育ててきたと。ニューヨーク・デイリー・ニューズ紙によれば、彼女は昨年秋のイベントでも「ビジネスの話ができる年になるまで、ドナルドは子供に全く関心を示さなかった」と語っている。

ファッション誌「デイリー・フロント・ロウ」でも昨年2月、イバナは「学校のことも何も、全て私が決めた。あの子たちが大学を出るのを見届けて、『さあこれで完成、後はあなたの仕事よ』と言ってドナルドに渡した」と語っている(2番目の妻で娘ティファニーを産んだマーラ・メイプルズも別なところで、「育児に時間を割いたのは私だけ」と述べている)。

【参考記事】イバンカ政権入りでホワイトハウスがトランプ家に乗っ取られる

コケにするのはお手の物

父親失格を元妻に暴露されても大統領は涼しい顔だ。なにしろ「子供5人のおむつを替えたことが一度もない」のを誇るタイプの男だ。3人目の妻メラニアと結婚したときも「子育てはしない。私は金を出し、子供の世話は妻がする。私が子供を公園に連れていくなんて、あり得ない」とラジオで断言した。

メイプルズの批判も鼻で笑った。「マーラにはよく『たまにはティファニーを連れて出掛けてよ』と文句を言われた。冗談じゃない。私がベビーカーを押して五番街を歩けるか」

ニュース速報

ワールド

フィリピン中銀、予想通り金利据え置き インフレ予想

ワールド

スウェーデン中銀、当面は現行政策を維持=議事要旨

ビジネス

中国をA+に1段階格下げ、信用拡大リスク指摘=S&

ワールド

独連邦議会選、与党連合の支持率が依然トップ=世論調

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演説で

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    北朝鮮暴走に対する中国の見解――環球時報社説から

  • 5

    日本が急接近するインドが「対中国」で頼りにならな…

  • 6

    セレーナ・ゴメスに腎臓をあげた親友に考えられる健…

  • 7

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 8

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 9

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 10

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密演説

  • 4

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 5

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 6

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 7

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    中国は北朝鮮に侵攻して核兵器を差し押さえるか?

  • 10

    自転車シェアリングが中国で成功し、日本で失敗する…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 4

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 5

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 6

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月