最新記事

北朝鮮

猛毒VXは「外交行嚢」で持ちまれた?──特権で他国の人間は開封できず

2017年2月28日(火)18時56分
大塚智彦(PanAsiaNews)

報道陣に囲まれたマレーシア・クアランプールの北朝鮮大使館(2月20日) Athit Perawongmetha-REUTERS

<金正男暗殺に使われたVXは「外交特権を有する荷物」としてマレーシアに運び込まれた可能性があることがわかった>

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄にあたる金正男氏が2月13日にマレーシアのクアラルンプール国際空港で暗殺された事件で、使用された毒物VXガスが当事国以外は勝手に開封できない「外交行嚢(こうのう)」を使ってマレーシアに運び込まれた可能性があることがわかった。暗殺準備に外交特権が使われていたことが事実とすれば、今回の暗殺が北朝鮮による国ぐるみの犯行であることを裏付けることにもなり、マレーシア関係当局は慎重に捜査を進めている。

金正男氏の死因を調査していたマレーシア警察当局、保健省化学局などは2月24日に、遺体の顔面の解剖サンプルから猛毒の神経ガス「VX」が検出されたとの暫定報告を発表、死因がVXガスによるものであることが濃厚となっている。

マレーシアの英字紙「ニュー・ストレート・タイムズ」ネット版は28日、「VXは外交行嚢を使って不法に持ち込まれたか?」との見出しで記事を掲載。マラヤ国際大学戦略研究センターの研究者の話として「少量であればありとあらゆるものの外交行嚢を使っての持ち込みは可能である。国際的なスパイネットワークでは法律の目を逃れるために(外交行嚢は)よく使われる手段である」との見方を示した。

【参考記事】金正男暗殺で、また注目される「女性工作員」

当該国以外は開封できない外交行嚢

外交行嚢は外交関係に関するウィーン条約で当該国外交当局による封印袋とされ、当該国以外は原則として開封できない外交特権を有するもの。「クーリエ」「外交伝書使」ともいわれ、大きさや重さ、量、中身に関して制限はないものの外部に「DIPLOMATIC POUCH」などと明記することが求められている。

主に機密に属する外交関係の書類や冊子、外交官が必要とするものなどが中身とされているが、一般法令に反する「武器弾薬や麻薬類、劇薬毒物」などはそもそも搬入しないことが前提条件となっている。これまで北朝鮮の外交行嚢に関しては「麻薬類や偽札などが運ばれている」との情報もあったが「外交特権を有する荷物」だけにその情報が確認されることはなかった。

【参考記事】金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

「その気になればなんでも持ち込めることは事実だが、良識としてそんなことはしないとの共通理解がある」(日本外務省関係者)と話すが、そうした外交特権を悪用することは可能性としては十分にあり、北朝鮮によるVXガスの外交行嚢での持ち込みも「極めて現実的方法」とみられている。

韓国の聯合ニュースも28日、「北朝鮮がVX搬入に外交行嚢使用か、他国は原則開封できず」との記事を掲載した。記事の中で「外交行嚢」の可能性があるとの指摘に関する情報ソースを明らかにしていないが、韓国外交部の関係者の話として「頻発する国際テロの影響で外交行嚢に対する不可侵特権は次第に縮小しつつある」とした上で外交行嚢も近年は金属探知機の検査を受けて、金属や不審物が感知されると外交行嚢所有国の外交官を呼んで開封させるケースもあるとしている。

ニュース速報

ビジネス

アングル:ふくおか・十八銀、統合再延期の公算 シェ

ワールド

EU離脱後も途上国の非関税アクセス維持、英政府が方

ワールド

ハモンド財務相への首相交代論、保守党内で浮上=英紙

ビジネス

ECB、出口議論を近く開始も─独連銀総裁=新聞

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷蔵庫

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 5

    イギリス高層住宅の外壁に可燃性素材 イングランド…

  • 6

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 7

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 8

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    小池都政に「都民」と「民意」は何を求めているのか

  • 1

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 2

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 9

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 10

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月