最新記事

旅行

飛行機での出張はVR導入でどれだけ快適になる?

Futuristic Business Travel Sales Are a Virtual Reality

2017年2月13日(月)12時49分
トニー・ドノホー(エクスペディア社CTO) ※編集・企画:情報工場

xijian-iStock.

<機内食メニューや搭乗手続きを事前に疑似体験、空港ラウンジでくつろぎながらフライト情報入手、機上でネットフリックス鑑賞や資料作成......。バーチャルリアリティがビジネスパーソンの旅行を変える>

1991年のインターネットの登場は、旅行業界にとっても画期的な出来事だった。では、その次は何が来るのか。2016年にはバーチャルリアリティ(VR=仮想現実)装置が市場に出回るようになった。旅行業界は再び大きな変化に直面するのか。とくに、ビジネスパーソンの出張はどのように進化するのだろう?

オンライン旅行予約サイト、エクスペディアの最近の調査によると、イギリスのミレニアル世代(1980年代から2000年ごろまでに生まれた世代)のうち約42%が、SNSにアップされた写真をもとに旅行先を決めている。

この結果からわかることはいくつかあるが、もっとも明白なのは、より真実に近い共感できる体験を求める人が増えているという事実だ。旅をしようと思ったときに、まるでレンガのように分厚い旅行パンフレットをめくらなければならない時代は終わりを告げたのだろう。

21世紀の旅行パンフレットはVRに置き換えられていくに違いない。今や人々の旅心を刺激するのは、旅行パンフレットに載っている数カ月(あるいは数年前)の写真ではなく、リアルタイムに近い画像や映像だ。それらはたいてい、SNSをはじめ、ネット上にある。こうした傾向に旅行業界が反応しないわけがない。

2016年の初めにユナイテッド航空は、ある制作スタジオと連携して3Dバーチャルツアーのシステムを作り上げた。同社が刷新したビジネスクラスでの旅を体験できるもので、オキュラスリフト(米オキュラス社が開発したVR専用のヘッドマウンドディスプレイ)を使って楽しめる。同社はこのシステムを用いて、見込み客に空港のゲートを通過してからの空の旅を、きわめてリアルに疑似体験させることができる。

この3Dバーチャルツアーで顧客は、自分が選んだ席、機内食のメニュー、搭乗ゲートの手続き、そして空港の雰囲気などがどういうものなのかを体験できる。旅行会社はVRをプロモーションに欠かせない効果的なツールとして位置づけることが可能だ。

エクペディア・ワールドワイドの上席副社長で販売部門を統括するゲイリー・モリソンは、「テクノロジーは人々の旅心と探求心を今後いっそう喚起していくだろう」と述べている。

VRがどんなものかを知るのに高額を支払う必要はない。15ドルほどの「グーグル・カードボード」のような簡易式VRゴーグル(ダンボールとレンズだけで構成され、自分で組み立てることもできるVRビューアー)で十分だ。初めて体験する人は、それだけでも驚異的な没入感を味わえる。

【参考記事】リアルなVRの時代がついに到来

ニュース速報

ワールド

ユーロ弱過ぎ、ECB金融緩和で=メルケル独首相

ワールド

英との離脱交渉、6月19日の週に開始へ=EU側代表

ビジネス

インタビュー:世界は常に不確実、リスク分散図るオル

ワールド

トランプ米大統領、中東和平実現へ協力呼び掛け イス

MAGAZINE

特集:トランプの陰謀

2017-5・30号(5/23発売)

アメリカを再び揺るがす大統領側近たちの策謀──。「ロシアゲート」はウォーターゲート事件と同じ展開になるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 2

    「最大で178万円」高騰する北朝鮮からの脱出費用

  • 3

    給食費未納の問題を「払わない=悪」で捉えるな

  • 4

    「折れない心」を持っている人には、信頼できる人間…

  • 5

    初外遊の憂鬱、トランプはアメリカ料理しか食べられ…

  • 6

    「やっちゃだめ」を全部やっちゃうトランプ大統領

  • 7

    「これでトランプを終わらせる」マイケル・ムーアが…

  • 8

    菅官房長官「共謀罪法案の人権報告書簡に抗議」 国連…

  • 9

    中国「一帯一路」国際会議が閉幕、青空に立ち込める…

  • 10

    カナダで性別を定義しない出生証明書実現の見込み

  • 1

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 2

    トヨタとホンダをまねた中国自動車メーカーが躍進!

  • 3

    初外遊の憂鬱、トランプはアメリカ料理しか食べられない!

  • 4

    トランプ、最高機密をロシア外相らに話して自慢

  • 5

    共和党はなぜトランプを見限らないのか

  • 6

    「これでトランプを終わらせる」マイケル・ムーアが…

  • 7

    習近平の顔に泥!--北朝鮮ミサイル、どの国への挑戦…

  • 8

    日本はAIIBに参加すべきではない--中国の巨大化に手…

  • 9

    トランプのエルサレム訪問に恐れおののくイスラエル

  • 10

    トランプ降ろし第3のシナリオは、副大統領によるクー…

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 3

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

  • 4

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 5

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需…

  • 6

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 7

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 8

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 9

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 10

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月