最新記事

映画

1万キロと25年を越え故郷に帰還した男 ──「ライオン」試写会ご招待

2017年2月21日(火)00時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

© 2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia

 2012年に世界を驚愕させた感動の実話がついに映画化された。主人公はインドのスラム街で育ったサルー。5歳のときに誤って回送電車に乗り込み、遠くカルカッタまで運ばれ迷子になった。運よく養子となってオーストラリアで成人するが、生き別れた兄や母が瞼に浮かぶ。幼い頃の記憶の断片をたぐり寄せ、Google Earthで故郷を探す日々が始まった。少しずつ明らかになる事実を前に、家族や恋人との関係がぎくしゃくするなどサルーの苦悩は深まる。そしてとうとうその時がやってくる──。

 今回、本作品のニューズウィーク日本版特別試写会を3月24日に開催、読者の方150組300名様をご招待します。


[1万キロの距離を超え25年ぶりに母と再会したサルー・ブライアリーとは?]


サルー・ブライアリー facebookページより

今回の映画のモデルになったサルー・ブライアリー氏は、現在もオーストラリアに住んでいる。
インドで暮らしていたサルー氏は、5歳のころ、行き先を間違えて電車に乗り、10時間後に目覚めた時には見知らぬ土地にきていたという。必死に戻ろうとして、ガンジス川で溺れそうになったり、奴隷商人に誘拐されそうになったりして数ヶ月がすぎた。結局彼は孤児院に預けられ、そこでオーストラリア人のブライアリー夫妻に養子として引き取られることになりオーストラリアに移住した。

ブライアリー夫妻のもとで彼の人生は180度変わった。夫妻の跡を継ぎ事業にも成功したが、望郷の念は消えず、彼はなんとかして故郷について探し出そうとグーグル・アースでインド各地を調べ、ついに生まれ故郷のカンダワ駅を見つけた。

彼はさらにfacebookのカンダワのファンページに参加し、そこにいるユーザーたちと情報をやりとりして、ついに距離にして1万キロ、25年の月日を経て生まれ故郷にたどり着き、実の母親と再会を果たしたのだ──。

[製作]:イアン・カニング(『英国王のスピーチ』)
[監督]:ガース・デイヴィス
[出演]デヴ・パテル(『スラムドッグ$ミリオネア』)、ルーニー・マーラ(『キャロル』)、ニコール・キッドマン(『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』)他
[配給]ギャガ
【オフィシャルサイト】http://gaga.ne.jp/lion/
4月7日(金) TOHOシネマズ みゆき座他全国ロードショー


『LION/ライオン ~25年目のただいま~』試写会
日時:2017年3月24日(金)18:00開場/18:30開映(上映時間:119分)
会場:よみうりホール (東京都千代田区有楽町1−11−1 読売会館 7F)

応募締切:2017年3月10日(金)12:00



submit.png





※当選の発表は試写状の発送をもって代えさせていただきます

ニュース速報

ビジネス

IMF、米成長見通しを下方修正=年次審査報告

ビジネス

米FRB、年内あと1回の利上げ理に適う=フィラデル

ビジネス

ECB総裁、政策微調整の可能性示唆

ワールド

メイ英政権は持続不可能、1年以内に再度総選挙=シテ

MAGAZINE

特集:安心なエアラインの選び方

2017-7・ 4号(6/27発売)

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル。トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 3

    乗員7人死亡の米イージス駆逐艦、衝突前コンテナ船がライトで警告

  • 4

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 5

    トランプが特別検察官ムラーを恐れる理由

  • 6

    東京都議選の候補者が、政策を訴えるビラを配れない…

  • 7

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 8

    健全財政という危険な観念

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 7

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 8

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 9

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 10

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 8

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 9

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月