最新記事

交通

自動運転車は「あおり運転族」の格好のカモである

Aggressive drivers want to take advantage of driverless cars

2016年11月4日(金)20時20分
デイビッド・カーリー ReadWrite[日本版]編集部

混ぜるなキケン! 自動運転車と攻撃的なドライバーは水と油。 ReadWrite[日本版]編集部

 最近の調査によって、攻撃的なドライバーは、慎重すぎるほどに慎重なコンピュータ=自動運転車の公道走行開始を楽しみにしていることがわかった。彼らにとって、ルールを遵守する自動運転車は、あおったり追い越したり自分たちが楽しむための「いいカモ」なのかもしれない。

 ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)とタイヤメーカーのグッドイヤーは、先日、11ヶ国12,000名のドライバーを対象に大規模なアンケートをおこなった。

 そこからわかった重要な点のひとつは、攻撃的なドライバーたちが自動運転車を試してみようと考えていることが挙げられる。自動運転システムがどうなるかわからない状況下において、彼らはグーグル、Uber、テスラといった自動運転に取り組んでいる企業に対し「交通事故を起こさないシステム」をぜひとも作り上げてほしいと考えている。

 あるドライバーは、アンケートで次のように答えている。「周りがルールを守っているせいで、いつも連中を追い越している。」「止まりそうなくらいゆっくり走っている車を見たら、すぐさまぶっちぎる」

 また、ヨーロッパにおいてイギリス人はもっとも自動運転車の誕生をネガティブに考えているという。イギリスのドライバーの55%は、自動運転車に混じって車を走らせることは不快だと感じており、83%はそのシステムの誤作動を気にしている。

 ちなみに、英国以外におけるその割合は、それぞれ39%と71%であり、他国と比べても高い水準だと言えそうだ。


テクノロジーは「使う人」次第

 自動運転技術は、いまだ特定の都市の特定の路上においてのみ使うことができる未来の技術だ。その技術発展において、イギリスおよびドイツはヨーロッパでのリードを築いており、それに続くフランスは公共の路上でのテストの承認を取りつけたばかりである。

ニュース速報

ワールド

メキシコ中部でM7.1の地震、死者100人超える

ビジネス

米破産裁判所、トイザラスへの融資を承認 約20億ド

ビジネス

焦点:FRB,資産縮小正式発表へ 市場の動揺回避に

ワールド

焦点:4選狙うメルケル首相、難民巡る「どん底」から

MAGAZINE

特集:対中外交の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮暴走に対する中国の見解――環球時報社説から

  • 2

    中国とロシア、北朝鮮付近で海軍の合同軍事演習を開始

  • 3

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 4

    セレーナ・ゴメスに腎臓をあげた親友に考えられる健…

  • 5

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 6

    金正恩「北朝鮮は米国との軍事力で均衡を目指す」

  • 7

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 8

    中国は北朝鮮に侵攻して核兵器を差し押さえるか?

  • 9

    米トイザラス、破産法適用申請 ウォルマートやアマ…

  • 10

    北朝鮮を20年も放置した中国は責任を取るべき

  • 1

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 2

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 3

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密演説

  • 4

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 5

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 6

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

  • 7

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 8

    中国は北朝鮮に侵攻して核兵器を差し押さえるか?

  • 9

    自転車シェアリングが中国で成功し、日本で失敗する…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 6

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月