最新記事

核兵器

北朝鮮核実験で見えてきた核弾頭量産化の悪夢

2016年9月15日(木)11時20分
ジェフリー・ルイス(ミドルベリー国際大学院東アジア不拡散プログラム・ディレクター)

Kim Hong-Ji-REUTERS

<今回の核実験は政治的な示威行為以上の意味を持っている。金正恩の核開発は日韓を脅かすレベルにまで至っている>(写真は核実験を伝える報道を見つめるソウル市民)

 懲りない北朝鮮がまた暴挙に出た。1月に続いて今年2度目、通算で5度目の核実験を行ったのだ。

 爆発の規模については専門家の見方が分かれているが、少なくとも見解が一致しているのは、北朝鮮史上最大だということだ。実験は成功だったと言わざるを得ないが、その半面、水爆と見なすには規模が小さ過ぎる。

 では、今回の実験は何を意味するのか。北朝鮮当局の声明によれば、「戦略弾道ロケットに装着できるように標準化された核弾頭」の実験を実施したという。要するに、ミサイルに搭載できる核兵器の実験に成功したと言っているようだ。

 これまで国際社会は、北朝鮮の核実験やミサイル実験をかんしゃくの発作ないし政治的示威行為と見なしてきた。そうした性格がなくなったわけではない。核実験に先立って、中国でG20首脳会議が開催されている最中に中距離弾道ミサイル「ノドン」とみられる発射実験を行ったのは偶然ではないだろう。

 しかし、今回の核実験は政治的なメッセージを発することだけが狙いではない。それは技術面の目的があって行われた。その目的とは、「標準化」された核弾頭の性能を確認することだ。

【参考記事】核攻撃の兆候があれば、韓国は平壌を焼き尽くす

「標準化」に成功したというのは、核弾頭の小型化と軽量化だけでなく、量産が可能になったという意味らしい。北朝鮮の声明でも、「核弾頭を自在に、必要なだけ生産できる」ようになったと述べている。

米本土が脅かされる日

 さまざまな推計によると、北朝鮮は40キロほどのプルトニウムを蓄えているとされる。この量のプルトニウムで、どれだけの核爆弾を製造できるのか。

 IAEA(国際原子力機関)によれば、核爆弾を1つ製造するのにプルトニウムが8キロ必要だとされる。だとすれば、北朝鮮は核爆弾を5つ持っている計算になる。しかし実際には、4キロあれば十分だ。つまり、北朝鮮は10個の核爆弾を製造できる可能性がある。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

再送中国アラブ関係「新局面」、元建て取引推進で米揺

ワールド

ウクライナ、ロシア軍の攻撃で冬季の電力不足継続

ワールド

再送-サウジのムハンマド皇太子、米ロ囚人交換を仲介

ビジネス

ステランティス、イリノイ州工場を無期限停止 EVコ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    10代の少女たちに歌わせるには「性的すぎる」 韓国ガールズグループの新曲が物議

  • 2

    ロシア動員兵の間で事故死や変死相次ぐ

  • 3

    初めて見た! プーチンの酔っぱらった姿...いつもと違う様子に「弱ささらした」の声

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 7

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 8

    『ラーゲリより愛を込めて』 二宮和也演じる主人公が…

  • 9

    K-POPの頂点からの転落 元EXOクリス、性犯罪で去勢の…

  • 10

    「アメリカの傭兵」──ワグネルが名指しで命を付け狙…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 7

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 10

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月