最新記事

米大統領選

ダラス警官銃撃事件が大統領選の流れを変える

DALLAS AND THE ELECTION

2016年7月14日(木)16時00分
マシュー・クーパー

Spencer Platt/GETTY IMAGES

<60年代のベトナム反戦運動の騒乱は社会の右傾化につながり、大統領選で法と秩序を訴えたニクソンを当選させた。今回の悲劇が今年の大統領選にどのような政治的影響を及ぼすかはまだ読めない>

 警官5人が死亡、7人が負傷したテキサス州ダラスの銃撃事件は、米大統領選挙の様相を一変させる可能性がある。民主・共和両党の候補指名をほぼ確定させたヒラリー・クリントンとドナルド・トランプは、人種と暴力、警察の問題について、これまで以上に注意深い対応が必要になりそうだ。

 トランプは銃撃事件の夜、いつもの自画自賛と他者への侮辱を控え、自己抑制の利いた声明を発表した。「われわれは法と秩序を取り戻さなければならない。人々の信頼を取り戻し、家も通りも安全・安心だと思えるようにしなければならない」

 クリントンはツイッターで、「平和な抗議行動の警備という神聖な職務の遂行中に銃撃された警官たち」の死を追悼した。さらに両陣営とも、事件翌日の政治集会を中止にした。

【参考記事】人種分断と銃蔓延に苦悩するアメリカ

 銃撃事件の前日には、連続発生した警官による黒人射殺事件に対し、アメリカ各地で怒りの抗議デモが行われていた。ダラスでも数千人がデモ行進に参加したが、銃撃事件の直前までは平和で秩序のあるデモだった。

 もともとダラス市警は、地域との関係を重視する進歩的な姿勢が高く評価されていた。デモの警備に当たった警官の大半は半袖シャツの軽装だった。
 
 気になるのは、今回の警官銃撃事件がクリントン、トランプ両陣営の選挙運動をどう変えるかだ。クリントンは、多くの射殺事件の被害者になった黒人よりも警察寄りの姿勢をさらに強めるしかないのか。トランプはこれまでの勝手気ままで大衆扇動的な言動を抑え、もっと自己抑制的な政治家像を前面に出すことを強いられるのか。

トランプ有利の展開も

 今後の展開を占う上で、過去の例はあまり参考にならない。1960年代、ベトナム反戦運動でアメリカが揺れに揺れた後、有権者は右寄りになり、68年の大統領選で法と秩序を訴える共和党のリチャード・ニクソンを当選させた。

ニュース速報

ワールド

シリア、米警告で化学兵器封印か マティス国防長官が

ワールド

武装勢力が占拠の比マラウィ、頭切断された住民5人の

ビジネス

前場の日経平均は反発、米株高で買い戻し 7営業日ぶ

ビジネス

報道は事実に反する、責任とる必要ない=加計献金問題

MAGAZINE

特集:安心なエアラインの選び方

2017-7・ 4号(6/27発売)

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル。トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    アメリカで「最も憎まれる男」の所業とは?

  • 2

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 3

    トランプが特別検察官ムラーを恐れる理由

  • 4

    米国はシリアでイスラーム国に代わる新たな「厄介者…

  • 5

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 6

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 7

    地方学生が抱える奨学金ローンの破綻リスク

  • 8

    ベネズエラ、警察ヘリが最高裁と内務省を攻撃 大統…

  • 9

    東京都議選の候補者が、政策を訴えるビラを配れない…

  • 10

    シリア東部はアサドとイランのものにすればいいーー米…

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 7

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 8

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 9

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 6

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 9

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月