コラム

人種分断と銃蔓延に苦悩するアメリカ

2016年07月12日(火)15時00分
人種分断と銃蔓延に苦悩するアメリカ

Carlo Allegri-REUTERRS

<ダラスの警官銃撃事件でさらに複雑化するアメリカの人種問題。その背景には、黒人コミュニティと白人警官のコミュニケーション上の問題や、銃が蔓延する社会での警察活動の困難さなどがある>

 ここ数年、アメリカでは「白人警官による黒人射殺」の事件が頻発し、その結果として人種分断とも言える緊張した状況が続いています。

 発端は2014年8月にミズーリ州ファーガソンで発生した黒人青年射殺事件で、その白人警官が不起訴となったことで暴動が発生しました。同じ年には、ニューヨークのスタッテン島で起きた「白人警官による黒人密売人の絞殺事件」に関する不起訴処分があり、抗議行動が拡大しました。

 昨年4月には、メリーランド州のボルティモアで警察に拘束された黒人青年が死亡し、この青年の葬儀をきっかけに暴動が発生しています。

 その後、この種の事件は沈静化していたのですが、まず先週5日にルイジアナ州のバトンルージュで、また翌日6日にはミネソタ州のセントポール郊外で、同様の事件が発生しました。

 要するに、通常の「確保行動」や「交通取り締まり」において、白人警官が「身の危険」を感じ、その場で一方的に黒人男性を射殺するという事件が2日続けて起きてしまったのです。2つの事件ともに一部始終が動画で記録され、SNSやテレビを通じて拡散されました。

【参考記事】白人が作った「自由と平等の国」で黒人として生きるということ

 さらに翌日7日には、2つの事件に対する抗議が平和的なデモとして行われていたテキサス州のダラスで、いきなりプロ級のスナイパーが登場して狙撃を開始し、白人警官が狙い撃ちにされて5人が虐殺されるという衝撃的な事件が起きました。

 ダラスの事件では、狙撃犯が駐車場ビルに立てこもり、ネゴシエーター(交渉人)の説得にも応じなかったばかりか、ビルに多くの爆発物を仕掛けたという脅迫をしてきたため、ダラス警察は無人車両(ロボット)を使って狙撃犯を爆殺するという緊急対応に出ています。犯人のアフリカ系男性は、アフガニスタン戦線で戦った経験がある退役軍人でした。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)、『アメリカモデルの終焉』(東洋経済新報社)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

歳出最大97兆7100億円 18年度予算案、閣僚折

ビジネス

欧州委、オランダで家具小売イケアの税制措置を調査へ

ワールド

トランプ大統領、安保戦略で「中国とロシアは競争相手

ビジネス

欧州銀のM&A、仏銀が積極的な役割果たすべき=中銀

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    世界の「日本人ジョーク」に表れる、安倍首相の際立った存在感

  • 3

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 4

    ウクライナ紛争ではびこる性暴力

  • 5

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日…

  • 6

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 7

    ひき肉の偽装表示も99%の精度で暴く

  • 8

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    孤独なオタクをのみ込む極右旋風

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 6

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 7

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 10

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 4

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 5

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 6

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!