最新記事

環境

「食べられるスプーン」が放つ人類へのメッセージ

インド発、穀物の粉で作られた環境に優しく低価格のスプーンが、石油で作られた使い捨てのプラスチックスプーンに取って代わる

2016年4月20日(水)18時51分
Social Design News

さらばプラスチックスプーン 環境にも健康にもよくない既存の使い捨てスプーンはプラスチック製だが、「Bakey’s」のスプーンは穀物の粉で作られ、味も3種類ある The Better India-YouTube

 私たちは、日常どれだけのプラスチックスプーンを使用しているだろうか。コンビニやスーパーでデザートを買えば、必ず付いてくる"あれ"である。

 もちろん、環境にも健康にもあまりよくないことは分かっている。しかし、いついかなる時も、スプーンを常備することはできない。よって、現代のエコ時代であっても、世界的にたくさんのプラスチックスプーンが未だに石油で作られて、消費されている。

【参考記事】複雑すぎるプラスチックごみの憂鬱

 その問題にインドの「Bakey's」は、1つの解決策を提示する。なんと米など穀物の粉で作られた、食べられるスプーンだ。環境に優しく、プラスチックスプーンのように低価格。また、食べるものの味を変えることはない。

 プレーン味、スイート味、ピリッと辛い味まである。食べてしまえば、かさばるゴミとなることはない。

【参考記事】カバンに入れて持ち運べる「風力発電」デバイス

 過去にアイデアとして考えた人は、世界中に無数にいたかもしれない。しかし、このアイデアが実現し、普及する時は今なのかもしれない。環境配慮は、あらゆる角度から待ったなしである。このスプーンの環境への負荷軽減がより細かくデータとして比較され、より多くの人たちに認知、世界中で利用されていくことを期待したい。

ウェブメディアのThe Better Indiaで取り上げられた

Bakey's:Web / Facebook

※当記事はSocial Design Newsの提供記事です
sdnlogo200.jpg


ニュース速報

ワールド

韓国、対空ミサイルの実射訓練に成功

ワールド

金正恩氏、最先端兵器を「より多く製造へ」 科学者ら

ビジネス

長期金利想定、過去最低に並ぶ1.1%で調整=18年

ワールド

原油先物が上昇、米原油在庫は予想以上の取り崩し

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 2

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 3

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 4

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 5

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 6

    小さな飛行士が壮大な宇宙の旅に

  • 7

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 8

    料理は科学!スクランブルエッグは空気と塩でこんな…

  • 9

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 10

    犬が「噛む」のはワケがある 

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃しながら大喜びか

  • 3

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ起きるかだ」

  • 4

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 5

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 6

    2017年は中流でもビットコインを買える最後の年にな…

  • 7

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 8

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 9

    中国軍駐留で北朝鮮の非核化を

  • 10

    犬が「噛む」のはワケがある 

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 6

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 7

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 8

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月