最新記事

原発

フロリダ原発の周辺住民が怯える「フクシマ」の悪夢

Miami's Nuclear Power Leaking

放射性物質の漏出を機に高まるターキーポイント原発の危険な老朽化と立地問題

2016年3月11日(金)17時37分
ニナ・バーリー

高まる不安 フロリダ州南部の国立公園ビスケーン湾にも放射性物質が Carlo Allegri-REUTERS


 来週15日のフロリダ州予備選を目指して共和党の各候補者が集結するマイアミでは今週、不穏なニュースが話題になった。50キロに渡ってサンゴ礁が広がり、国立公園にもなっている州南部沿岸のビスケーン湾に、放射性物質が漏出しているというのだ。

 今週公表された調査報告書によると、湾内で通常の200倍のレベルの放射性物質トリチウムが検出された。沿岸部ホームステッド郡にあるターキーポイント原発から放射性物質が漏出している可能性が高い。70年代に建設されたこの原発は、90万人のフロリダ州民に電力を供給している。

 検出されたレベルのトリチウムなら、人体に害はない。それでも原発の危険性、とりわけ原発事故への恐怖は広がりつつある。ターキーポイント原発は湿地帯にあり、海水面の上昇で被害を受けやすい。東日本大震災で津波に襲われた福島の原発事故を思い起こさせる。

【参考記事】仏核施設爆発で政府は火消しに躍起

「フクシマみたいな事故は十分あり得るし、恐怖を感じる」と、原発から北に約22キロのパインクレスト市のシンディ・ラーナー市長は言う。「もともとは原発に反対ではなかった。しかしフクシマで事故が起きた時、アメリカ政府は原発から約80キロ圏内にいたアメリカ市民全員に緊急避難を呼び掛けた」。

 だがターキーポイント原発で事故があった場合、今の避難計画は約16キロ圏内のエリアに限られている。

 マイアミ周辺地域では、環境学者が警鐘を発する悪夢のシナリオの兆候が既に見られる。海水面の上昇で、徐々に道路やその他のインフラに傷みが出てきているのだ。

 今世紀末までに、この地域の海水面は約180センチ上昇するとみられている。しかし本誌が今年1月に報じたように、沿岸自治体は州議員や連邦議員からほとんど見放されており、対策はほとんど進んでいない。

間違った場所にある原発

 アメリカの原発の安全を監督する原子力規制委員会(NRC)の広報担当者は本誌の取材に対し、検出されたトリチウムは有害なレベルには達しておらず、飲用水の基準の5分の1に過ぎないと回答した。しかしNRCは、今後原発と共同で漏出元を特定する、と言っている。

 地元有識者は、トリチウムの検出レベルの上昇は、原発の廃水を冷却するシステムの老朽化を示唆しているのではないか、と指摘する。ビスケーン湾内で検出されるトリチウムに加えて、原発から約6キロ西側の地下水からは、冷却用水路から漏れ出した温かい塩水が見つかっている。

【参考記事】アメリカ「最も汚い核施設」の実態

 この温水は、既にかなりの環境破壊が進んでいるエバーグレーズの淡水域を脅かしている。冷却用水路の周辺に生息する「アメリカワニは温水でうだっている」と、ラーナー市長は言う。

 サウスマイアミ市のフィリップ・ストッダード市長(フロリダ国際大学の生物科学教授でもある)は、特に海水面の上昇を考慮すると、ターキーポイント原発は単純に間違った場所にあるという。「海水面が上昇すれば、島などが水没して荒天時の高潮から防御するものは無くなる。ここは原発を建設するのに適していない。エバーグレーズとビスケーン湾の中間、半島の付け根に位置し、住民の避難は困難だ」

ニュース速報

ビジネス

正午のドルは112円前半、さえない株価や米長期金利

ワールド

EU、イラン核合意を改めて支持 米議会に制裁再発動

ビジネス

情報BOX:第2回日米経済対話、共同声明の要旨

ビジネス

前場の日経平均は11日続伸、米株高受け連日の高値更

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 3

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱えるニューポリティックス

  • 4

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 5

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 6

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 7

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 8

    イタリア老舗ブランドの、本革じゃないバッグを選ぶ…

  • 9

    アベノミクスが雇用改善に寄与した根拠

  • 10

    第二言語習得の研究から見た、「勘違いだらけ」日本…

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    トランプがアメリカを第3次世界大戦に導く危険を冒す

  • 4

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 5

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 6

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 7

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 8

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 9

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 10

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月