最新記事

中朝関係

習近平氏による訪朝――中国に残された選択

2016年2月9日(火)18時23分
遠藤誉(東京福祉大学国際交流センター長)

制止の甲斐なく 北朝鮮は長距離弾道ミサイルの発射実験を強行した(2月7日) Yonhap-REUTERS

 北の暴走をとめることができず、かといって安保理の制裁決議にも二の足を踏む中国に、唯一できるのは習近平国家主席が自ら北朝鮮を訪問することくらいだ。北がさらに追い詰められて戦争へと暴走すれば、中国は滅びる。

打つ手をなくした中国

 2015年5月、モスクワで開かれた反ファシスト戦勝70周年記念のときに、習近平国家主席と金正恩第一書記がモスクワで会えるように中国側は手を尽くしたが、結局、金正恩は姿を現さなかった。

 2013年7月には李源朝国家副主席が訪朝したが、その年の12月には中国の窓口となっていた張成沢(チャンソンテク)が公開処刑された。中国は早くから北朝鮮に改革開放を促し、張成沢は北朝鮮の改革開放を進めるための窓口になっていた。

 2015年9月3日に北京で行われた軍事パレードに金正恩氏を招待したが、出席したのは朝鮮労働党ナンバー3の崔竜海(チェ・リョンヘ)でしかなかった。

 それでも2015年10月に中国はチャイ・ナセブン(中共中央政治局常務委員)の党内序列ナンバー5の劉雲山氏を訪朝させ、北朝鮮で行われる朝鮮労働党創建70周年の祭典に参加させている。そのときには習近平氏の親書を携え、核実験やミサイル発射などを抑制するよう要求している。

 それでも北朝鮮はそれらすべてを無視して、今年1月に水爆実験と称する核実験を行なった。

【参考記事】暴走「将軍様」を見限れない習近平の本音

最後の一手は習近平氏による訪朝――国が滅ぶよりはプライドを捨てて

 こんな中、李源朝氏や劉雲山氏よりも、ずっと身分の低い武大偉・朝鮮半島問題特別代表を訪朝させたのは、ミサイル問題でもなければ核実験問題でもなく、あくまでも六カ国協議(六者会談)の担当者としての訪朝だ。

 今さら北朝鮮が六カ国協議もないだろうと誰もが思うだろうが、しかし北朝鮮をこれ以上追いつめれば、戦争にまで発展しかねないという危機感が中国にはある。

 戦争になった場合、中朝は実質的な軍事同盟があるので、中国は北朝鮮側に付かなければならない。ということは米軍と戦うということになる。軍力的に、今の中国には、とてもアメリカに勝つだけの力はない。となれば中国の一党支配体制は必ず崩壊するだろう。

 中朝間の軍事同盟を破棄して、中国がアメリカ側に付いたとしよう。

 ロシアが黙っているはずがないから、どちらに転んでも、これは第三次世界大戦に発展しかねない。

 こういう事態だけは絶対に避けたいというのが中国の思いだ。

 もちろん陸続きでお隣にいる北朝鮮は、在韓米軍からの防波堤になっているので、何度も言ってきたが「唇が滅びれば、歯が寒い」ので、唇だけは温存していたいという思惑もある。

ニュース速報

ワールド

アングル:ロンドン襲撃事件、ロイター記者が見た現場

ワールド

ロンドン襲撃事件、容疑者は英国生まれの男と当局特定

ワールド

米下院、オバマケア代替法案の採決を延期 共和党内の

ビジネス

米国株式市場は小幅安、オバマケア代替法案の採決延期

MAGAZINE

特集:ミャンマー 語られざる民族浄化

2017-3・28号(3/21発売)

民主化したミャンマーで続く現代のホロコースト。虐殺され続けるロヒンギャになぜ世界は無関心なのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    韓国セウォル号引き揚げ、沈没事故から1073日目で姿を現す

  • 2

    サウジ国王が訪問を中止したモルディブが今注目される理由

  • 3

    ロンドン襲撃テロ事件で死者4人・負傷40人 英首相「異常で邪悪」

  • 4

    ISISのロンドン襲撃テロは時間の問題だった

  • 5

    ロンドンテロ:加速してくる暴走車と地獄を見た目撃者

  • 6

    テロ直後にトランプの息子がロンドン市長を批判、で…

  • 7

    籠池氏「国有地取得で政治的関与、首相夫人から寄付1…

  • 8

    DataRobot使ってAI予測モデル4000個完成。リクルート…

  • 9

    北朝鮮、ミサイル発射するも失敗 打ち上げ直後に空…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 2

    韓国セウォル号引き揚げ、沈没事故から1073日目で姿を現す

  • 3

    ウィリアム王子が公務をさぼって美女と大はしゃぎ、英でバッシング

  • 4

    サウジ国王が訪問を中止したモルディブが今注目され…

  • 5

    サウジ国王来日 主婦はほんとに爆買いにしか関心な…

  • 6

    北朝鮮、ミサイル発射するも失敗 打ち上げ直後に空…

  • 7

    来日したティラーソン米国務長官、同行記者1人、影響…

  • 8

    「日本はWi-Fi後進国、外国人が困っている」に異議あ…

  • 9

    朴大統領失職後の韓国と蔓延する「誤った経済思想」

  • 10

    米中戦争の可能性は低くない──攻撃に強く守りに弱い…

  • 1

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 2

    ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかねないか

  • 3

    買い物を「わり算」で考えると貧乏になります

  • 4

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係…

  • 7

    韓国セウォル号引き揚げ、沈没事故から1073日目で姿…

  • 8

    金正男の長男ハンソル名乗る動画 身柄保全にオラン…

  • 9

    人類共通の目標に大きな一歩、NASAが地球と似た惑星…

  • 10

    ISISが中国にテロ予告

Hondaアコードの魅力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

原子力緊急事態への対応力を向上
日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月