最新記事

軍事

ロシアで世界最先端の「ドローン軍」誕生?

Russia to Build Drone Army in Next Decade

軍産共同体の結成で、数百種に及ぶ国産無人機の統合が始まる

2015年5月29日(金)11時48分
ダミアン・シャルコフ

近代化計画 メドベージェフ(中央)の大統領当時からドローン開発は進む Ria Novosti-REUTERS

 ロシア軍は今後10年で、ロシア生まれの強力な戦力を手にすることになる。大量投入されるのは、数百機に及ぶ国産ドローン(無人機)だ。国営ロシアン・テクノロジーズ(ロステック)をはじめとした複数の軍需企業が、「ロシア初の包括的・組織的国産ドローン開発計画」で政府と合意したと、国営イタル・タス通信が伝えている。

 ロステックは既に昨年、爆撃機能を持つ水陸両用のドローン「チロック」を発表。一方でロシア軍は、小型の監視用ドローンの運用試験を進めていた。ロステックによれば、2016〜25年にかけ、「数百種に及ぶさまざまな性能、用途の国産ドローン」を統合する計画が進められる。製造関係者によれば、これらの大多数は短距離用だが、今後は「積載用兵器の開発が促進されるだろう」という。

2020年までに数百機の精鋭部隊を

 計画に携わる兵器企業の取締役ウラジーミル・ウェルバによれば、ドローン積載用の兵器やドローン用エンジンなどのパーツもすべて国産で開発を進めているという。軽量、全天候型の素材や、追跡を難しくするための低騒音モーターなどの製造も進められている。

 この動きは、ロシア軍の近代化計画の一環。政府は20年までに、軍備を大幅に刷新する改革を推し進めている。数百機のドローン部隊が登場することになれば、ロシア軍は一気に世界最先端の軍隊に躍り出るかもしれない。

[2015年6月 2日号掲載]

ニュース速報

ワールド

ユーロ弱過ぎ、ECB金融緩和で=メルケル独首相

ワールド

英との離脱交渉、6月19日の週に開始へ=EU側代表

ビジネス

インタビュー:世界は常に不確実、リスク分散図るオル

ワールド

トランプ米大統領、中東和平実現へ協力呼び掛け イス

MAGAZINE

特集:トランプの陰謀

2017-5・30号(5/23発売)

アメリカを再び揺るがす大統領側近たちの策謀──。「ロシアゲート」はウォーターゲート事件と同じ展開になるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 2

    「最大で178万円」高騰する北朝鮮からの脱出費用

  • 3

    給食費未納の問題を「払わない=悪」で捉えるな

  • 4

    「折れない心」を持っている人には、信頼できる人間…

  • 5

    初外遊の憂鬱、トランプはアメリカ料理しか食べられ…

  • 6

    「やっちゃだめ」を全部やっちゃうトランプ大統領

  • 7

    「これでトランプを終わらせる」マイケル・ムーアが…

  • 8

    菅官房長官「共謀罪法案の人権報告書簡に抗議」 国連…

  • 9

    中国「一帯一路」国際会議が閉幕、青空に立ち込める…

  • 10

    カナダで性別を定義しない出生証明書実現の見込み

  • 1

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 2

    トヨタとホンダをまねた中国自動車メーカーが躍進!

  • 3

    初外遊の憂鬱、トランプはアメリカ料理しか食べられない!

  • 4

    トランプ、最高機密をロシア外相らに話して自慢

  • 5

    共和党はなぜトランプを見限らないのか

  • 6

    「これでトランプを終わらせる」マイケル・ムーアが…

  • 7

    習近平の顔に泥!--北朝鮮ミサイル、どの国への挑戦…

  • 8

    日本はAIIBに参加すべきではない--中国の巨大化に手…

  • 9

    トランプのエルサレム訪問に恐れおののくイスラエル

  • 10

    トランプ降ろし第3のシナリオは、副大統領によるクー…

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 3

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

  • 4

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 5

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需…

  • 6

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 7

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 8

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 9

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 10

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月