最新記事

テロ

熾烈、オーストラリア版テロとの戦い

Australia's Terrorism Problem

ISISとの関連も疑われる人質立てこもり事件はオーストラリアへの報復テロか

2014年12月16日(火)17時03分
ジョシュア・キーティング

 オーストラリア・シドニーの中心部のカフェで12月15日、武装した男が17人の人質を取って立てこもった事件。16時間後に警察が突入して事態は収束したが、人質17名のうち2名が死亡、警官を含む4名が負傷する惨事となった。

 事件の容疑者である男性は射殺され、動機や身元はまだ明らかになっていない。しかし、人質を使って建物の窓にイスラム教スンニ派テロ組織ISIS(自称イスラム国、別名ISIL)の旗らしき布を掲げさせるといった行動に出たことから、ISISの関与が疑われた。

 アメリカの同盟国の中でも、オーストラリアはとりわけシリアやイラクでのISIS掃討作戦に積極的に関わっていることを考えれば、ISISの標的となっても不思議ではない。8月には、シリアに渡りISISに加わったオーストラリア人男性が、7歳の息子に切断された敵兵の頭部を持たせて撮影した写真をネット上に流し、世界を騒然とさせた(この父親は精神疾患を抱えていたとみられる)。

「Uターン」組のテロ攻撃か

 今回の事件以前にも、オーストラリアではISISがらみの事件が発覚している。9月には、ISISの活動に参加するためオーストラリアからシリアへ渡った元俳優のモハマド・アリ・バリヤレイが、「威嚇行為」として誰かの首を切断する映像を撮ってほしいと地元の友人に電話で依頼。通話は傍受され、頼まれた友人は逮捕された。

 その数日後にはメルボルン郊外で、イスラム過激派メンバーの疑いがあるとして警察の監視対象になっていた18歳の男性が警官2人を刃物で刺し、射殺された。さらに10月には、シドニーとブリスベンで一斉にテロ容疑者の家宅捜索が行われ、15名が無差別攻撃を企てようとしていた容疑で拘束された。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮「さらなる挑発も」と首相、国際社会の一致訴え

ワールド

仏軍艦艇が佐世保入港、日米英と共同訓練へ 北朝鮮な

ワールド

北朝鮮が安保理直後に弾道ミサイル、米韓は失敗と推定

ワールド

米空母カール・ビンソンが日本海に到達、北朝鮮に圧力

MAGAZINE

特集:国際情勢10大リスク

2017-5・ 2号(4/25発売)

北朝鮮問題、フランス大統領選、トランプ外交──。リーダーなき世界が直面する「10のリスク」を読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    フランス海軍艦艇が佐世保入港、日米英と訓練 北朝鮮をけん制

  • 2

    米空母カール・ビンソンが日本海に到達、北朝鮮に圧力

  • 3

    北朝鮮が弾道ミサイル1発を発射 同国内陸部に落下し失敗か

  • 4

    半島危機:プーチン静観は、北朝鮮よりトランプのほ…

  • 5

    北朝鮮問題で安保理会合、米国「今こそ行動すべき」

  • 6

    フランス大統領選挙―ルペンとマクロンの対決の構図を…

  • 7

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 8

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 9

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環…

  • 10

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 3

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需要が急増

  • 4

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環…

  • 5

    北朝鮮、軍創設記念日で大規模砲撃演習 米原潜は釜…

  • 6

    半島危機:プーチン静観は、北朝鮮よりトランプのほ…

  • 7

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 8

    英「ロシアに核の先制使用も辞さず」── 欧州にもくす…

  • 9

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

  • 10

    フランス大統領選、マクロンとルペンの決選投票へ

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民の本音

  • 3

    ユナイテッド航空「炎上」、その後わかった5つのこと

  • 4

    北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

  • 5

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

  • 6

    15日の「金日成誕生日」を前に、緊張高まる朝鮮半島

  • 7

    北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、ト…

  • 8

    北朝鮮近海に米軍が空母派遣、金正恩の運命は5月に決…

  • 9

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

  • 10

    オーバーブッキングのユナイテッド航空機、乗客引き…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月