最新記事

香港

中国の「ニセ民主選挙」に香港の怒り

Pro-Democracy Protests Erupt in Hong Kong

17年の香港行政長官選挙では親中派の候補が並び、民主派が排除されることがほぼ確実に

2014年9月2日(火)18時45分
コナー・シーツ

 香港に本物の民主選挙は認めない、というのが中国政府の姿勢らしい。

 中国の全国人民代表大会(全人代)常務委員会は先月31日、17年に行われる香港特別行政区の行政長官選挙について発表した。これまでの間接選挙に代わり、市民による直接選挙が導入される一方で、立候補するには「指名委員会」の過半数の推薦を得る必要があるという。

 これに対して民主派は、そうした条件では親中派しか立候補できず、反体制派が排除されると批判。同日夜から、特別行政府庁舎前などで抗議デモを起こした。民主派団体「オキュパイ・セントラル(中環占拠)」は民主選挙の要求が認められなければ、金融街・中環地区を群衆で埋める抗議行動を実施すると宣言した。

「一国二制度」の原則に反する

 翌9月1日には、全人代常務委員会の李飛副秘書長が香港の各界有力者を前に、選挙制度について説明を行った。民主化を支持する立法会(議会)議員は「約束違反」「恥を知れ」と書かれたプラカードを掲げ、野次を飛ばすなどして李の演説を妨害。警官によって退場させられた議員もいた。

 説明会場となったアジアワールド・エキスポ(亜州国際博覧館)の外にはデモ隊が陣取り、「本物の選挙を!」というプラカードを掲示。ウォール・ストリート・ジャーナル紙によれば、警察に唐辛子スプレーを浴びせられたデモ参加者もいたという。

 97年にイギリスから返還されて以来、中国は「一国二制度」に基づき香港に高度な自治を認めてきた。香港民主化を求める人々は、今回発表された選挙制度はその方針に反すると指摘。しかし共産党側は、17年の選挙はかつてないほど自由で民主的なものになると主張している。

ニュース速報

ワールド

米上院情報委、フリン前大統領補佐官の会社に召喚状 

ワールド

英が治安強化で軍動員へ、警戒レベル最高に 自爆攻撃

ビジネス

米FRB、必要に応じ保有債券の縮小過程に介入できる

ワールド

中国、北朝鮮との対話訴える 制裁強化には言及せず

MAGAZINE

特集:トランプの陰謀

2017-5・30号(5/23発売)

アメリカを再び揺るがす大統領側近たちの策謀──。「ロシアゲート」はウォーターゲート事件と同じ展開になるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 3

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者多数

  • 4

    ベネズエラほぼ内戦状態 政府保管庫には大量の武器

  • 5

    アリアナ・グランデのコンサート会場で自爆攻撃か、1…

  • 6

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 7

    キャサリン妃妹ピッパのウェディング、でも主役は花…

  • 8

    重さ64グラム!世界最小かつ最軽量の人工衛星をイン…

  • 9

    プーチンを脅かす満身創痍の男

  • 10

    北朝鮮のサイバー攻撃専門「180部隊」 各国の銀行か…

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    トヨタとホンダをまねた中国自動車メーカーが躍進!

  • 3

    初外遊の憂鬱、トランプはアメリカ料理しか食べられない!

  • 4

    共和党はなぜトランプを見限らないのか

  • 5

    「これでトランプを終わらせる」マイケル・ムーアが…

  • 6

    日本はAIIBに参加すべきではない--中国の巨大化に手…

  • 7

    トランプのエルサレム訪問に恐れおののくイスラエル

  • 8

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 9

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 10

    トランプ勝利を予測した教授が説く「大統領弾劾」シ…

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 3

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 4

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需…

  • 5

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 8

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 9

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月