最新記事

テクノロジー

韓国の野心的なロボット・テーマパーク

South Korea's Robot Land

16年開園予定のロボットランドには未来のエンジニア養成施設も

2014年1月23日(木)16時31分
サラ・ダハティ

シンボル お台場のガンダム? いや、6倍も背が高い韓国の「テコンV」だ Robot Land/YouTube

 2016年、君はどこにいるだろうか? 答えは1つしかない──韓国・仁川に開園予定の世界初のロボット・テーマパーク「ロボットランド」だ。サイボーグやアンドロイドたちに囲まれたアトラクションのほか、ロボット産業の育成施設も含むテーマパークになるという。

 ロボットランドは首都ソウルから西へ約30キロの港湾地区に建設され、総敷地面積は約75万平方メートル。ローラーコースターなどの各種アトラクションのほか、ロボット展示場や会議場、レストランやホテルなども併設される。

 ロボットランドのトレードマークとなるのが、韓国のアニメに登場するロボット「テコンV」の高さ111メートルにおよぶ巨大タワーだ。日本のお台場にあるガンダム像(18メートル)はもとより、ニューヨークの自由の女神(93メートル)より高い。

 ロボット産業の育成を目的とした、研究開発センターやロボット工学教育機関も完備される。つまり、ロボットランドに子供を遊びに連れて行って、間違って置き去りにしてきたとしても、立派なロボットエンジニアになって帰ってくるかもしれない! もちろん、人類を踏みつぶすのではなく、人類の役に立つロボットを発明してくれることを願う。
 
 ロボットランドの総工費は約6700億ウォン(約650億円)、政府と民間企業、大学などが共同で拠出する。アトラクションや教育施設などは16年9月までに、ホテルやコンドミニアムなどは18年までに完成する予定だ。そして政府は、2020年までに韓国の全世帯がロボットを1体ずつ所有するようになることを期待しているらしい。

 ちなみに、「ロボット」という言葉は1920年にチェコスロバキアの戯曲で造語として使われたのが始まりだとされる。その語源はチェコ語で強制労働を意味する「robota」だという。

From GlobalPost.com特約

ニュース速報

ワールド

米保守系宗教家ら、白人至上主義巡るトランプ大統領の

ビジネス

LIXIL、伊子会社を中国企業に譲渡 約597億円

ワールド

第2四半期のタイGDP、前期比+1.3%で予想上回

ワールド

米駆逐艦がシンガポール沖でタンカーと衝突、5人負傷

MAGAZINE

特集:2050 日本の未来予想図

2017-8・15号(8/ 8発売)

国民の40%が65歳以上の高齢者になる2050年のニッポン。迫り来る「人口大減少」はこの国の姿をどう変える?

※次号8/29号は8/22(火)発売となります。

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 3

    韓国・文大統領「日韓の障害は日本政府の変化。日本側の勇気ある姿勢必要」

  • 4

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 5

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 6

    セウォル号、接待禁止に台風直撃 韓国社会の問題が…

  • 7

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 8

    雇用が回復しても賃金が上がらない理由

  • 9

    反日による日本人欠場でゲーム大会中止に

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 3

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コントロール法

  • 4

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 7

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 8

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 9

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 10

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 4

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を…

  • 5

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 6

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 7

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 8

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 9

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 10

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月