最新記事

中国政治

セックスと嘘と新・重慶事件

2012年12月19日(水)17時55分
メリンダ・リウ(北京支局長)、長岡義博(本誌記者)

大衆受けする性的醜聞

 今年8月、男女6人による乱交パーティーの写真約120枚がネットに流出した。なかでも話題になったのは、性交中の際どい写真ではなく、黒い下着姿の女性2人と、メガネ以外は全裸の男性3人が並んで収まった「記念写真」だ。

 写真がネットで広まると、この男たちは安徽省廬江県の共産党幹部だという声が上がり始めた。だが県側はこの指摘を断固否定。ある新聞には「裸の男はわが県トップではない──県当局」という見出しが躍った。

 結局県は最後まで、あの写真は5年前に「誰とも知れぬ遊び人たち」を撮影したものだ、という見解を崩さなかった(後に男性1人が党の下級職員であると認めてクビにされたが)。

 昨年の「陰毛大臣」事件も強烈だった。当時江西省の政府副秘書長だった呉志明(ウー・チーミン)は、2人の愛人とお楽しみ中のところを警察に踏み込まれて逮捕された。その室内にはコンドームとバイアグラ、それに2冊の「快楽日記」があったという。

 日記は呉のもので、1冊には計136人の女性とセックスをした日時や満足度が律儀に記録されていた。さらにもう1冊には、それぞれの女性の陰毛が貼り付けられていた。

 呉の「目標」は、15年までに1000人の女性と寝ることだったとされる。ネチズンの間ではこの日記を印刷して、教科書として政府関係者に配るべきだという冗談も飛び交った。

 とはいえ、微博をはじめとする中国のメディアで性的な話題が盛んに取り上げられるようになったのは、セックススキャンダルそのものが増えているという事実だけでは説明できない。そこにはセックス絡みの醜聞は売れる、という古今東西に共通する真理がある。

 今も検閲は存在するが、中国のメディアが政府の退屈なプロパガンダを垂れ流すだけの時代は遠い昔になった。メディアは利益追求の姿勢を一段と強め、役人や著名人のスキャンダルに一段と多くのページを割くようになった(もちろんそれによってメディアやジャーナリストの立場が危うくならない限り、という条件付きだが)。

 醜聞にポルノの要素が加われば、読者急増は間違いない。インターネットならなおさらだ。このため、得てしてメディアもネチズンもセックスの要素を誇張しがちになる。

 多くの識者は微博ユーザーに、もっと政府の不正を暴いて、汚職は割に合わない犯罪であることを役人に思い知らせてやれと唆す。高級官僚養成機関の中国国家行政学院の汪玉凱(ワン・ユィカイ)教授は、「汚職のツケを真に重くして初めて、役人たちは信頼を回復することができる」と言う。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

独IFO業況指数、9月は84.3に悪化 予想下回る

ビジネス

アマゾン、10月中旬にも会員向けセールイベント 日

ワールド

インドネシア中銀、ルピア下支えへ「トリプル介入」態

ビジネス

ポンド安を非常に懸念、中銀に利上げ圧力=英労働党報

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ウクライナ サイバー戦争

2022年9月27日号(9/20発売)

ウクライナでのロシア大苦戦の裏に、世界が知らないもう1つの戦場があった

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、その姿は「恥ずかしかった」

  • 3

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日本人には驚くほどじゃない?

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 8

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 9

    代理出産なのになぜ!? クロエ・カーダシアン「新生児…

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    植民地支配の「罪」をエリザベス女王は結局、最後ま…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月