最新記事

ワールド

パキスタン

タリバンが暗殺したがった14歳少女

Why Did The Taliban Shoot This Girl?

女だてらに学校へ行きたがったというだけで少女を撃ち殺そうとするタリバンの暗愚

2012年10月10日(水)16時23分
リジー・トメイ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷

 パキスタンで10月9日、14歳の少女が頭部に銃撃を受けて重傷を負う事件が起きた。被害者のマララ・ユサフザイは、勇気あるタリバン批判で世界に知られていた。その知名度ゆえに、大きな代償を払うことになってしまった。

 マララは彼女の父親と並んで、女子教育の必要性を世界に向けて熱心に訴えていた。彼女たちが暮らすのはパキスタン北西部カイバル・パクトゥンクワ州のスワト渓谷。政府の掃討作戦にもかかわらず、イスラム武装勢力タリバンが抑圧的な存在感を保ち続けている。そうした地域においては、ユサフザイ父子の評判は自らを危険にさらすものでしかなかった。

 マララはスクールバスに乗って学校から帰ろうとするところを、あごひげを生やした男に襲撃された。「パキスタン・タリバン運動(TTP)」が犯行声明を出しており、彼女は重体のままペシャワルの病院に入院している。

 TTPの報道官アフサヌッラー・アフサンは、「これは新たな『反道徳的行為』であり、我々はこれを終わらせなければならない」とAP通信に語った。さらにエクスプレス・トリビューンの取材に対しても、マララが生き伸びれば再び彼女を襲うだろうと警告している。


フェイスブックでは自らを「政治家」と

 ニューヨーク・タイムズ紙は09年、当時11歳だったマララを紹介する短編ドキュメンタリー映像を制作しているが、その中で彼女は医者になりたいという夢を語りながら泣き崩れていた。

 映像制作者によれば当時、女子生徒が通う200以上の学校がタリバンによって爆破されていた。「1月15日以降、女子は学校に行ってはならない」――タリバンがそう宣言するラジオ放送も、ドキュメンタリーには出てくる。

 ニューヨーク・タイムズの記者たちは、1月15日を迎えるマララと家族を追っていた。父親はかつて女子のための私立学校を運営しており、マララもそこに通っていた。同紙によれば、そんな彼もタリバンの「レーダー」にかかってしまい、当の1月には脅迫に抗い切れず、学校の閉鎖に追い込まれた。

 同じ09年、マララはBBC(英国放送協会)ウルドゥー語版のウェブサイトに「パキスタン人女子生徒の日記」というブログを開設。グル・マカイというペンネームでタリバン支配下での日常を細かく語り、女性が教育を受ける権利を訴えていた。

 昨年は、パキスタン政府から第1回国家平和賞を贈られ、世界子ども平和賞にもノミネートされていた。

 14歳の彼女はフェイスブック上で自らを「政治家」と表現していた。9日の時点で彼女のページには3400人がファンとして登録されていたが、事件後にその数は6000人以上に跳ね上がった。

 BBCは銃撃事件に対するパキスタン国内での「激しい抗議」を伝えている。ザルダリ大統領やアシュラフ首相をはじめ、政治家からも強い非難の声が上がっているようだ。

From GlobalPost.com特約

最新ニュース

ビジネス

米シティに1500万ドルの罰金、アナリスト監督不十分で

2014.11.25

ビジネス

ECB、追加措置なら法的制限に直面=バイトマン独連銀総裁

2014.11.25

ビジネス

マークイット米サービスPMI速報値、11月は4月以来の低水準

2014.11.25

ワールド

ヘーゲル米国防長官が辞任、オバマ大統領が発表へ

2014.11.24

新着

米自動車

希望の見えたTPPだが大統領選で頓挫する?

中間選挙での共和党の勝利が追い風になりそうだが、16年の選挙では自動車産業に逆らえない [2014.11.18号掲載]

2014.11.21
ロシア

欧州代わりに中国に期待 プーチンの危険な妄想

ヨーロッパと疎遠になるのは経済にも痛手、対中関係強化では穴埋めは不可能だ [2014.11.25号掲載]

2014.11.21
人権問題

無国籍住民に大量の外国籍を買うクウェートの真意

古くからこの土地にいた遊牧民ベドウィンの子孫を他国に追放しようとする措置に人権団体が反発 

2014.11.20
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2014.11.25号(11/18発売)

特集:アベノミクスの正念場

2014.11.25号(11/18発売)

「第3の矢」を放たないまま解散・総選挙へ
日銀頼みのアベノミクスは看板倒れに終わるのか

日本経済 アベノミクス、勝負の時

日本政治 ところで官僚はどこへ消えた?

雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:アベノミクスの正念場

2014-11・25号(11/18発売)

「第3の矢」を放たないまま解散・総選挙へ
日銀頼みのアベノミクスは看板倒れに終わるのか


※今週12/2号は26日(水)発売です。

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    失業率3%でリニアもあるのに日本が景気後退に陥るのはなぜ

    7〜9月期の実質GDP成長率は予想外の低さだったが…

  2. 2

    中国経済が世界の重荷になる日

    中国の経済成長率が10年後には今の半分近くになると…

  3. 3

    ジョブズ型経営を捨てろ

    天才的な創業者が築いた巨大なハイテク企業が成功し続…

  4. 4

    物乞い禁止で見えた「幸せな国」のほころび

    アメリカの倍の所得があってもホームレスや物乞いは許…

  5. 5

    欧州代わりに中国に期待 プーチンの危険な妄想

    ヨーロッパと疎遠になるのは経済にも痛手、対中関係強…

  6. 6

    大統領選で露呈したブラジルの深過ぎる溝

    景気低迷の原因は経済の構造的欠陥にある

  7. 7

    IT配車サービスUberの対メディア報復が怖い

    幹部が語ったのは「ジャーナリストの私生活を調べてネ…

  8. 8

    希望の見えたTPPだが大統領選で頓挫する?

    中間選挙での共和党の勝利が追い風になりそうだが、1…

  9. 9

    無国籍住民に大量の外国籍を買うクウェートの真意

    古くからこの土地にいた遊牧民ベドウィンの子孫を他国…

  10. 10

    素人を「錦織圭」に育てる脳アプリ

    脳波の測定で選手を最高の精神状態に導ける時代が到来…

  1. 1

    アメリカで人気の反フェイスブックSNS「エロー(ello)」の実力

    アンチ・フェイスブックのソーシャル・ネットワーク…

  2. 2

    財政赤字の「ネズミ講」はいつまで続けられるか

    安倍首相は18日夜に記者会見し、消費税の増税を先…

  3. 3

    GDPマイナスのショック、アベノミクスの現在

    14年7~9月期のGDP速報値が発表になりました…

  4. 4

    ノーラン監督『インターステラー』は世代を超えるか?

    日本で今週末公開されるクリストファー・ノーラン監…

  5. 5

    消費税の増税先送りで増幅される「政治的な景気循環」

    急に解散・総選挙のムードが強まってきた。前の総選…

  6. 6

    誰が「太陽光バブル」を生み出したのか

    10月に入って、各電力会社が太陽光エネルギーの新…

  7. 7

    『永遠の0』の何が問題なのか?

    先月に一時帰国した際、評判の映画『永遠の0』を観…

  8. 8

    東エルサレムの緊張

    同じだ。このヒリヒリした感じが。 6月、イ…

  9. 9

    年内解散という「風」に対立軸はあるのか?

    どうやら、今回の「解散風」はホンモノのようです。…

  10. 10

    L型産業で「江戸時代化」する日本

    冨山和彦氏(経営共創基盤CEO)が、文部科学省の…

  1. 1

    豪が最新鋭艦の建造を日本に打診、潜水艦の輸入検討=関係者

    日本から潜水艦を輸入することを検討しているオース…

  2. 2

    タカタのエアバッグ問題、ホンダが交換部品調達で2社と交渉=報道

    タカタのエアバッグ欠陥問題で、ホンダはリコール(…

  3. 3

    トヨタが米国でレクサス約42万台をリコール、燃料漏れの恐れ

    トヨタ自動車は不具合により燃料漏れが発生し火災に…

  4. 4

    ノルウェークローネの下落、恩恵もたらす=中銀総裁

    ノルウェー中央銀行のオルセン総裁は19日、過去数…

  5. 5

    ゴールドマンがドル/円見通し引き上げ、2015年末に130円と予想

    ゴールドマン・サックスは21日、2015年末時点…

  6. 6

    ECB総裁のQE発言でユーロ急落、ドル117円後半=NY市場

    21日のニューヨーク外為市場ではユーロが急落、ド…

  7. 7

    欧州中心に世界株高、中国利下げとECB総裁の追加緩和発言受け

    21日の株式市場は世界的に急上昇。中国人民銀行(…

  8. 8

    中国人民銀が予想外の利下げ、景気てこ入れへ

    中国人民銀行(中央銀行)は21日、予想外の利下げ…

  9. 9

    米国株はダウ・S&P最高値更新、中国利下げとECB緩和期待で

    21日の米国株式市場は上昇し、ダウとS&Pが終値…

  10. 10

    衆院解散、12月14日総選挙でアベノミクスの是非問う

    衆議院が21日、解散され、選挙戦が事実上スタート…

定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE-World Affairs

  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月