注目のキーワード
文字サイズ

最新記事

ワールド

パキスタン

タリバンが暗殺したがった14歳少女

Why Did The Taliban Shoot This Girl?

女だてらに学校へ行きたがったというだけで少女を撃ち殺そうとするタリバンの暗愚

2012年10月10日(水)16時23分
リジー・トメイ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷

 パキスタンで10月9日、14歳の少女が頭部に銃撃を受けて重傷を負う事件が起きた。被害者のマララ・ユサフザイは、勇気あるタリバン批判で世界に知られていた。その知名度ゆえに、大きな代償を払うことになってしまった。

 マララは彼女の父親と並んで、女子教育の必要性を世界に向けて熱心に訴えていた。彼女たちが暮らすのはパキスタン北西部カイバル・パクトゥンクワ州のスワト渓谷。政府の掃討作戦にもかかわらず、イスラム武装勢力タリバンが抑圧的な存在感を保ち続けている。そうした地域においては、ユサフザイ父子の評判は自らを危険にさらすものでしかなかった。

 マララはスクールバスに乗って学校から帰ろうとするところを、あごひげを生やした男に襲撃された。「パキスタン・タリバン運動(TTP)」が犯行声明を出しており、彼女は重体のままペシャワルの病院に入院している。

 TTPの報道官アフサヌッラー・アフサンは、「これは新たな『反道徳的行為』であり、我々はこれを終わらせなければならない」とAP通信に語った。さらにエクスプレス・トリビューンの取材に対しても、マララが生き伸びれば再び彼女を襲うだろうと警告している。


フェイスブックでは自らを「政治家」と

 ニューヨーク・タイムズ紙は09年、当時11歳だったマララを紹介する短編ドキュメンタリー映像を制作しているが、その中で彼女は医者になりたいという夢を語りながら泣き崩れていた。

 映像制作者によれば当時、女子生徒が通う200以上の学校がタリバンによって爆破されていた。「1月15日以降、女子は学校に行ってはならない」――タリバンがそう宣言するラジオ放送も、ドキュメンタリーには出てくる。

 ニューヨーク・タイムズの記者たちは、1月15日を迎えるマララと家族を追っていた。父親はかつて女子のための私立学校を運営しており、マララもそこに通っていた。同紙によれば、そんな彼もタリバンの「レーダー」にかかってしまい、当の1月には脅迫に抗い切れず、学校の閉鎖に追い込まれた。

 同じ09年、マララはBBC(英国放送協会)ウルドゥー語版のウェブサイトに「パキスタン人女子生徒の日記」というブログを開設。グル・マカイというペンネームでタリバン支配下での日常を細かく語り、女性が教育を受ける権利を訴えていた。

 昨年は、パキスタン政府から第1回国家平和賞を贈られ、世界子ども平和賞にもノミネートされていた。

 14歳の彼女はフェイスブック上で自らを「政治家」と表現していた。9日の時点で彼女のページには3400人がファンとして登録されていたが、事件後にその数は6000人以上に跳ね上がった。

 BBCは銃撃事件に対するパキスタン国内での「激しい抗議」を伝えている。ザルダリ大統領やアシュラフ首相をはじめ、政治家からも強い非難の声が上がっているようだ。

From GlobalPost.com特約

最新ニュース

ビジネス

三菱商事、ノルウェーのサケ養殖セルマックを14億ドルで買収へ

2014.09.22

ワールド

ポーランドで新内閣が就任宣誓、コパチ氏が首相就任

2014.09.22

ワールド

ロ大統領、11月のG20首脳会議出席を計画─大統領府=通信社

2014.09.22

ビジネス

市場は円安・株高の再開可能性に関心、日本株にささやかれる懸念

2014.09.22

新着

食品

究極の高級コーヒーが動物虐待の源に?

ネコのふんから「拾い出す」豆の人気が高まっているが、生産地には思わぬ「副作用」が [2014.6. 3号掲載]

2014.09.22
感染症

聖地巡礼を揺るがすエボラ熱の暴走 

世界中から数百万人が集まるメッカ巡礼の時期が迫り、エボラ熱感染対策に追われるサウジアラビア [2014.9.23号掲載]

2014.09.19
朝鮮半島

北朝鮮で横行する墓荒らしビジネス

貧しさから盗掘に走る北朝鮮の人々と、それを買い叩く中国人 [2014.9. 9号掲載]

2014.09.19
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2014.9.23号(9/17発売)

等身大の中国経済

2014.9.23号(9/17発売)

崩壊説がくすぶる中国経済だが、データが示す暗い未来と
リアルな中国人の経済生活は必ずしも一致しない

中国 見失われる等身大の中国経済

キーワード ニュースで読み解く中国経済

成長 中国が怯える中所得国の罠

高齢化 ゴミ拾いをしなければ生きられない老後

雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

等身大の中国経済

2014-9・23号(9/17発売)

崩壊説がくすぶる中国経済だが、データが示す暗い未来と
リアルな中国人の経済生活は必ずしも一致しない

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    児童1400人性的虐待の衝撃

    筆舌に尽くしがたい仕打ちの犯罪を10年前から知りな…

  2. 2

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

    捕鯨問題はオーストラリア国民が党派の枠を超えて結束…

  3. 3

    コンドームいらずの男性用避妊法まであと少し

    注射1本でパイプカットと同様の効果があり、必要なと…

  4. 4

    教科書の国定化で朴槿恵が陥る深刻なジレンマ

    教科書の固定化、画一化を許せば、朴正煕の軍事独裁が…

  5. 5

    韓国が輸出する超小型犬の悲劇

    ティーカップサイズでセレブに人気の超小型犬は韓国の…

  6. 6

    中国政府、露骨過ぎる香港介入の理由

    イギリスからの返還時に中国が約束した「一国二制度」…

  7. 7

    中国に逆らい日本を支持したフィリピンの思惑

    アキノ大統領が東南アジア諸国で初めて「侵略国」日本…

  8. 8

    「第3の端末」iPadに見えた限界

    ユーザーの満足度も高くシェアもダントツなのになぜ売…

  9. 9

    旅客機、どんどん狭くなる足元スペースの暴利

    狭い座席に乗客を詰め込む強欲エアラインに誰もがブチ…

  10. 10

    新型iPhoneに乗り換えるべき6つの理由

    アップルが大型画面を搭載した新機種でアンドロイドに…

  1. 1

    朝日「誤報」で日本が「誤解」されたという誤解

    いわゆる「従軍慰安婦」問題をめぐる証言記事に関し…

  2. 2

    セレブはヌード写真を撮ってクラウドに保存するのか?

    アップルのクラウドサービスiCloudからセレブ…

  3. 3

    スコットランド住民投票の意外な意味

    スコットランド独立の是非を問う住民投票が、9月1…

  4. 4

    フェミニズム対ナショナリズムの戦争に発展した慰安婦問題

    朝日新聞の「慰安婦」をめぐる大誤報について、木村…

  5. 5

    分離独立運動は「内乱」なのか?

    スコットランドがイギリスから独立するかどうかを決…

  6. 6

    アメリカやヨーロッパから「ISIS」への志願者、その背景は?

    シリアから始まってイラク北部に「点と線」の支配地…

  7. 7

    STAP細胞事件と朝日新聞誤報事件に学ぶ「だめな危機管理」

    理化学研究所のSTAP細胞についての検証実験の中…

  8. 8

    中国経済「崩壊論」の虚と実と

    北京市北部の新興住宅街でエステティックサロン兼美…

  9. 9

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月30…

  10. 10

    「反原発ムラ」に閉じこもる原子力規制委員会

    原子力規制委員会は9月4日の会合で、日本原電の敦…

  1. 1

    グーグルがインドで105ドルスマホ発売、新興国需要に対応

    インターネット検索大手の米グーグルは15日、新興…

  2. 2

    アップルの新型アイフォーン予約、初日に400万台突破

    米アップルは15日、新型スマートフォン(スマホ)…

  3. 3

    日産、EV用バッテリー生産の縮小検討=関係筋

    日産自動車のカルロス・ゴーン最高経営責任者(CE…

  4. 4

    スコットランド首相が辞意、「夢に終わりない」

    スコットランド行政府のアレックス・サモンド首相は…

  5. 5

    中国が英グラクソに過去最高額の罰金、幹部懲役刑

    中国当局は19日、英製薬大手グラクソ・スミスクラ…

  6. 6

    インド7月鉱工業生産は4カ月ぶり低い伸び、8月CPIなお高水準

    インド政府が発表した7月の鉱工業生産は4カ月ぶり…

  7. 7

    キャデラックの新「最高級・ハイテク自動車」生産へ

    米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は19日…

  8. 8

    習主席「好戦的でない」、国境問題が対インド外交に影

    中国の習近平国家主席は18日、インドのモディ首相…

  9. 9

    韓国の格付け見通しを「安定的」から「ポジティブ」に変更=S&P

    格付会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)…

  10. 10

    情報BOX:スコットランド住民投票の開票状況、2地区除き結果判明

    英国からの独立の是非を問うスコットランド住民投票…

Photo

全身9ドルの服が 語る中国の肖像

2014.09.12 : ポップな色彩にキッチュな着こなし、どこかぎこちないモデルたち・…

Picture Power
詳しく見る
Sound's View 自分を創る音の風景 豊田泰久さん
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE-World Affairs

  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月