最新記事

ワールド

パキスタン

タリバンが暗殺したがった14歳少女

Why Did The Taliban Shoot This Girl?

女だてらに学校へ行きたがったというだけで少女を撃ち殺そうとするタリバンの暗愚

2012年10月10日(水)16時23分
リジー・トメイ

印刷

 パキスタンで10月9日、14歳の少女が頭部に銃撃を受けて重傷を負う事件が起きた。被害者のマララ・ユサフザイは、勇気あるタリバン批判で世界に知られていた。その知名度ゆえに、大きな代償を払うことになってしまった。

 マララは彼女の父親と並んで、女子教育の必要性を世界に向けて熱心に訴えていた。彼女たちが暮らすのはパキスタン北西部カイバル・パクトゥンクワ州のスワト渓谷。政府の掃討作戦にもかかわらず、イスラム武装勢力タリバンが抑圧的な存在感を保ち続けている。そうした地域においては、ユサフザイ父子の評判は自らを危険にさらすものでしかなかった。

 マララはスクールバスに乗って学校から帰ろうとするところを、あごひげを生やした男に襲撃された。「パキスタン・タリバン運動(TTP)」が犯行声明を出しており、彼女は重体のままペシャワルの病院に入院している。

 TTPの報道官アフサヌッラー・アフサンは、「これは新たな『反道徳的行為』であり、我々はこれを終わらせなければならない」とAP通信に語った。さらにエクスプレス・トリビューンの取材に対しても、マララが生き伸びれば再び彼女を襲うだろうと警告している。


フェイスブックでは自らを「政治家」と

 ニューヨーク・タイムズ紙は09年、当時11歳だったマララを紹介する短編ドキュメンタリー映像を制作しているが、その中で彼女は医者になりたいという夢を語りながら泣き崩れていた。

 映像制作者によれば当時、女子生徒が通う200以上の学校がタリバンによって爆破されていた。「1月15日以降、女子は学校に行ってはならない」――タリバンがそう宣言するラジオ放送も、ドキュメンタリーには出てくる。

 ニューヨーク・タイムズの記者たちは、1月15日を迎えるマララと家族を追っていた。父親はかつて女子のための私立学校を運営しており、マララもそこに通っていた。同紙によれば、そんな彼もタリバンの「レーダー」にかかってしまい、当の1月には脅迫に抗い切れず、学校の閉鎖に追い込まれた。

 同じ09年、マララはBBC(英国放送協会)ウルドゥー語版のウェブサイトに「パキスタン人女子生徒の日記」というブログを開設。グル・マカイというペンネームでタリバン支配下での日常を細かく語り、女性が教育を受ける権利を訴えていた。

 昨年は、パキスタン政府から第1回国家平和賞を贈られ、世界子ども平和賞にもノミネートされていた。

 14歳の彼女はフェイスブック上で自らを「政治家」と表現していた。9日の時点で彼女のページには3400人がファンとして登録されていたが、事件後にその数は6000人以上に跳ね上がった。

 BBCは銃撃事件に対するパキスタン国内での「激しい抗議」を伝えている。ザルダリ大統領やアシュラフ首相をはじめ、政治家からも強い非難の声が上がっているようだ。

From GlobalPost.com特約

最新ニュース

ビジネス

ドル軟調、雇用統計発表も不透明感根強く=NY市場

2015.09.05

ビジネス

日産自北米で33万台リコールへ、ペダル操作妨げる恐れ

2015.09.05

ビジネス

米雇用統計9月利上げへ決定打欠く、今後の市場動向が左右

2015.09.05

ビジネス

ロイター調査:米9月利上げ観測後退、雇用統計受け

2015.09.05

新着

BOOKS

日本のインターネットの「屈折」を読み解くキーワード

2ちゃんねるなど日本独自の"アーキテクチャ"に着目し、2000年以降を振り返る『アーキテクチャの生態系』 

2015.09.04
パレスチナ

中間層もインフラも壊滅、ガザは5年後に「居住不能」

ほとんどのガザ住民は国連の配給がなければ生きていけない 

2015.09.04
社会

英語による覇権は、希望か絶望か

英語は「ニュースピーク」ではないが、その世界言語としての地位は思考枠の均質化を招くかもしれない 

2015.09.04
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2015.9. 8号(9/ 1発売)

特集:持続不可能な中国経済

2015.9. 8号(9/ 1発売)

構造的欠陥を抱えた中国経済の不透明感に世界が動揺
不安定な中国という「ニューノーマル」とどう向き合う?

中国経済 世界が怯える中国の失速
展望 岐路に立つ中国が向かう先は「最悪の時代」か
分析 通貨切り下げに潜む本当のリスク
視点 色あせた習近平の「中国夢」
雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:持続不可能な中国経済

2015-9・ 8号(9/ 1発売)

構造的欠陥を抱えた中国経済の不透明感に世界が動揺
不安定な中国という「ニューノーマル」とどう向き合う?

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

ニューストピックス

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    生涯未婚率は職業によってこんなに違う

    男女差が最大の医師では、女性の未婚率が男性の1…

  2. 2

    消えたMH370便、謎は深まるばかり──史上最大級の航空ミステリー

    マレーシア当局も航空会社も、インド洋の島に漂着…

  3. 3

    【写真特集】中東2000年の歴史を破壊するISISの蛮行

    世界遺産のパルミラで古代の神殿が次々に爆破され…

  4. 4

    中国軍事パレードの主たる狙いは「抗日」ではない

    戦勝70周年軍事パレードで腐敗摘発や不安定化し…

  5. 5

    ロシアが戦闘機とミサイルで「北極軍」を増強

    北極圏での領有権拡大を試み、軍拡を推し進める意…

  6. 6

    バラエティ番組も禁止の「軍事パレード」仰天舞台裏

    抗日戦勝記念式典で、北京五輪以上の全体主義的な…

  7. 7

    中国、株価操作への「捜査協力」で英投資会社の現地トップを拘束

    金融記者に続きヘッジファンド運用大手の中国部門…

  8. 8

    英仏海峡の高速鉄道、屋根に難民!で緊急停止

    英仏海峡トンネルを通って豊かなイギリスを目指す…

  9. 9

    打倒ISISで2大テロ組織が共闘

    あのアルカイダが自らタリバンの軍門に下るほどの…

  10. 10

    「年内利上げ」は立ち消え。米経済の本当の回復度

    ドル高、人民元切り下げ、原油安の進行という経済…

  1. 1

    首相談話についても、アメリカ人なので語りません

    お待たせしました! 大好評の「むかつくアメリカ人…

  2. 2

    中国「抗日戦勝記念式典」のねじれた正当性

    それにしても、中国が主催してロシアが賛同する…

  3. 3

    レイプ事件を隠ぺいした大学町が問いかけるアメリカの良心

    モンタナ大学(州立)がある地方都市ミズーラでは、…

  4. 4

    世界同時株安でも、日本で楽観的な声が聞こえてくる理由

    〔ここに注目〕日本郵政グループの運用資金…

  5. 5

    サイバー攻撃で、ドイツの製鋼所が甚大な被害を被っていた

    2014年12月末、ドイツ政府の情報セキュリティ…

  6. 6

    国連選定「電子政府世界1位」の韓国で国民番号制度見直しの動き、日本のマイナンバーは?

    日本でいよいよ2015年10月からマイナンバーの…

  7. 7

    「維新の会」分裂は政界再編に繋がるのか

    2012年に大阪維新の会が国政参加を表明した…

  8. 8

    Fake it till you make it.(うまくいくまでは、うまくいっているふりをする)

    【今週のTED Talk動画】 Your bod…

  9. 9

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  10. 10

    安保法案については、アメリカ人だから語りません

    【はじめに】 僕らアメリカ人が日本の安全保障問…

  1. 1

    米原油の輸出規制、解禁なら国内ガソリン価格は下落へ=EIA

    米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)は、…

  2. 2

    タイ爆発、実行犯と似た外国人逮捕 旅券に「ウイグル出身」

    タイの警察当局は1日、首都バンコクで起きた爆…

  3. 3

    韓国大統領が習国家主席と会談、北朝鮮問題で中国の役割に謝意

    韓国の朴槿恵大統領は2日、中国を訪問し、北京…

  4. 4

    中国軍艦5隻、オバマ氏訪問のアラスカ沖で確認 米「意図不明」

    米国防総省は2日、オバマ大統領が訪問中のアラ…

  5. 5

    欧州で拡大する難民流入、ドイツは公平な分担求める

    欧州連合(EU)にかつてないペースで難民や移…

  6. 6

    中国は平和的発展の道歩む、軍の規模縮小へ=習国家主席

    中国の習近平国家主席は3日、抗日戦争勝利70…

  7. 7

    中国の工場で爆発相次ぐ、甘粛省では7人死傷

    中国の甘粛省隴南市にある花火工場で1日午後、…

  8. 8

    幼児の溺死写真が大きな波紋、難民流入問題でEU協議へ

    地中海を渡って欧州を目指す難民の問題が深刻化…

  9. 9

    米原油在庫予想外の増加、製油所処理量減少や輸入急増で=EIA

    先週の米原油在庫が予想外に増加した。製油所の…

  10. 10

    アングル:中国失速でドイツの退潮鮮明、対中輸出の強さ裏目に

    中国への輸出は長年、ドイツ経済の力強さの源と…

ニューズウィーク日本版2015秋特別試写会「ヒトラー暗殺、13分の誤算」ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

ロッシェル・カップ

TEDで学ぶLive English/ Fake it till yo…

2015.09.02
コラム&ブログ一覧へ

STORIES ARCHIVE-World Affairs

  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月