注目のキーワード
文字サイズ

最新記事

ワールド

パキスタン

タリバンが暗殺したがった14歳少女

Why Did The Taliban Shoot This Girl?

女だてらに学校へ行きたがったというだけで少女を撃ち殺そうとするタリバンの暗愚

2012年10月10日(水)16時23分
リジー・トメイ

 パキスタンで10月9日、14歳の少女が頭部に銃撃を受けて重傷を負う事件が起きた。被害者のマララ・ユサフザイは、勇気あるタリバン批判で世界に知られていた。その知名度ゆえに、大きな代償を払うことになってしまった。

 マララは彼女の父親と並んで、女子教育の必要性を世界に向けて熱心に訴えていた。彼女たちが暮らすのはパキスタン北西部カイバル・パクトゥンクワ州のスワト渓谷。政府の掃討作戦にもかかわらず、イスラム武装勢力タリバンが抑圧的な存在感を保ち続けている。そうした地域においては、ユサフザイ父子の評判は自らを危険にさらすものでしかなかった。

 マララはスクールバスに乗って学校から帰ろうとするところを、あごひげを生やした男に襲撃された。「パキスタン・タリバン運動(TTP)」が犯行声明を出しており、彼女は重体のままペシャワルの病院に入院している。

 TTPの報道官アフサヌッラー・アフサンは、「これは新たな『反道徳的行為』であり、我々はこれを終わらせなければならない」とAP通信に語った。さらにエクスプレス・トリビューンの取材に対しても、マララが生き伸びれば再び彼女を襲うだろうと警告している。


フェイスブックでは自らを「政治家」と

 ニューヨーク・タイムズ紙は09年、当時11歳だったマララを紹介する短編ドキュメンタリー映像を制作しているが、その中で彼女は医者になりたいという夢を語りながら泣き崩れていた。

 映像制作者によれば当時、女子生徒が通う200以上の学校がタリバンによって爆破されていた。「1月15日以降、女子は学校に行ってはならない」――タリバンがそう宣言するラジオ放送も、ドキュメンタリーには出てくる。

 ニューヨーク・タイムズの記者たちは、1月15日を迎えるマララと家族を追っていた。父親はかつて女子のための私立学校を運営しており、マララもそこに通っていた。同紙によれば、そんな彼もタリバンの「レーダー」にかかってしまい、当の1月には脅迫に抗い切れず、学校の閉鎖に追い込まれた。

 同じ09年、マララはBBC(英国放送協会)ウルドゥー語版のウェブサイトに「パキスタン人女子生徒の日記」というブログを開設。グル・マカイというペンネームでタリバン支配下での日常を細かく語り、女性が教育を受ける権利を訴えていた。

 昨年は、パキスタン政府から第1回国家平和賞を贈られ、世界子ども平和賞にもノミネートされていた。

 14歳の彼女はフェイスブック上で自らを「政治家」と表現していた。9日の時点で彼女のページには3400人がファンとして登録されていたが、事件後にその数は6000人以上に跳ね上がった。

 BBCは銃撃事件に対するパキスタン国内での「激しい抗議」を伝えている。ザルダリ大統領やアシュラフ首相をはじめ、政治家からも強い非難の声が上がっているようだ。

From GlobalPost.com特約

最新ニュース

ビジネス

ギリシャのユーロ圏離脱の可能性、否定できない=欧州委副委員長

2015.07.07

ビジネス

ギリシャ危機、市場を通り越して政治的な問題に=仏ソジェン

2015.07.07

ビジネス

ロシア、ギリシャから支援要請受けていない=経済発展相

2015.07.07

ビジネス

イオン、英テスコのマレーシア事業の買収に関心=関係筋

2015.07.07

新着

ミャンマー

ロヒンギャ危機はジェノサイドだ

ミャンマーで狩られ逃げ惑う少数民族の犠牲は誰に責任があるのか 

2015.07.07
健康

座りっ放し勤務が寿命を縮める

長時間座るのは喫煙やジャンクフード並みのリスク──そんな研究が相次ぎ、立ち机を使う職場も増えだした [2015.6.30号掲載]

2015.07.07
テロ

ボストン・マラソン爆破事件、死刑判決の被告が再審請求

「愛国者の日」のマラソン大会で死者3名を出したチェチェン系テロリストが再審を要求 

2015.07.07
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2015.7.14号(7/ 7発売)

特集:ギリシャ危機の本質

2015.7.14号(7/ 7発売)

世界経済を巻き込むギリシャ債務危機
なぜここまでこじれ、これからどうなるのか?

欧州経済 ギリシャ危機の深刻度
解説 ところで、一体なぜ危機に?
分析 危機の本質を見誤るな
■社会 現金確保に走るギリシャ人の日常
■治安 警備強化で市民の不安を取り除け
■給料 外国人選手が「年俸はユーロで」
■通貨 頼みの綱はビットコイン?
オピニオン 押し付けだけでは改革は進まない
雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:ギリシャ危機の本質

2015-7・14号(7/ 7発売)

世界経済を巻き込むギリシャ債務危機
なぜここまでこじれ、これからどうなるのか?

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

ニューストピックス

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    サウジの王子、全財産4兆円を寄付のからくり

    過去数百ドルを募金してきた中東の王子様が、全財…

  2. 2

    日本の財政問題とギリシャ破綻

    【小幡績】日本はギリシャよりはるかに大きな借金…

  3. 3

    アメリカのブックフェアで見た中国の「押し売り」プロパガンダ

    中国政府ご推薦の作家と作品だけを出展した広大な…

  4. 4

    ISがまたアフガン遺跡を破壊? いや、中国が

    5000年の歴史を誇る古代都市メス・アイナクが…

  5. 5

    イスラエルが考え出した新たな「拷問」

    「ハンストは自爆テロ」と、食べない囚人に無理や…

  6. 6

    EU離脱後のギリシャ

    通貨が紙くずになるだけではなく、民主主義が終わ…

  7. 7

    チベット化する香港が漢民族支配を脱する日

    「高度な自治」との鄧小平の約束はどこへやら、雨…

  8. 8

    北欧伝統の「クジラ追い込み漁」が始まった

    伝統文化を妨害されたフェロー諸島の住民は猛反発…

  9. 9

    ガザで試した自爆ドローンでひと儲け?

    パレスチナはイスラエルの兵器の実験場か?…

  10. 10

    チェコ語翻訳者が語る、村上春樹のグローバルな魅力

    40以上の言語に翻訳されるほど人気が高いのは「…

  1. 1

    問題は言論弾圧ではなく「メディアの歪んだアジェンダ設定」だ

    6月25日に自民党の「文化芸術懇話会」で、複…

  2. 2

    新幹線放火事件で、安全性は揺らいだのか?

    今週、東京発新大阪行「のぞみ225号」の車内…

  3. 3

    文科省が打ち出した「文系大学はもういらない」の衝撃

    今年も憂鬱な就活の季節がやってきた。会社訪問…

  4. 4

    広島・長崎の「70周年」をどう考えるか?

    戦後70周年の今年、ヨーロッパではアウシュビ…

  5. 5

    警官を見たら殺し屋と思え? アブなすぎるアメリカの実態

    「見た? アメリカの警察の、あのひどい映像。相手…

  6. 6

    「なでしこ」だけではない女子サッカー選手の低賃金

    現地時間で23日深夜のオランダ戦を2対1で勝…

  7. 7

    アメリカの「独立記念日」が「花火とBBQだけ」である理由とは?

    7月4日は、アメリカでは独立記念日の祝日です…

  8. 8

    イギリス人(の中年)の果てなき鳥への愛

    子供が虫に興味を引かれて立ち止まるのは、そう…

  9. 9

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  10. 10

    間違い電話でわかった借金大国の悲しい現実

    ニューヨークに住み始めた僕は、まず携帯電話を手…

  1. 1

    米ボーイングのドリームライナー、アイルランドに緊急着陸

    メキシコ市からパリに向かっていた、メキシコ・…

  2. 2

    中国の軍事支出に「長期的乱用」、調査で判明=新華社

    中国国営メディアは2日、過去1年半にわたる同…

  3. 3

    中国株式市場、20社以上が3日から売買停止に

    ここ3週間にわたり大幅に下落している中国の株…

  4. 4

    ギリシャ首相、条件付きで債権団の救済策受け入れの書簡

    ギリシャ政府当局者は、債権団が示した改革案に…

  5. 5

    深まるギリシャ危機、今後予想されるシナリオ

    ギリシャ支援をめぐる同国政府と債権団の話し合…

  6. 6

    ギリシャ巨額追加支援、IMFが必要と警告

    国際通貨基金(IMF)は2日、ギリシャが経済…

  7. 7

    ギリシャ首相は改革案の否決訴え、国民投票まで協議棚上げ

    ギリシャのチプラス首相は1日、国民向けにテレ…

  8. 8

    エジプト検事総長が殺害される、車列に爆弾攻撃

    エジプトの首都カイロで29日、バラカート検事…

  9. 9

    ギリシャのIMF未返済、デフォルトでない=ECB理事会メンバー

    欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのノボト…

  10. 10

    ユーロ圏がギリシャの支援延長を拒否、債務不履行に現実味

    ユーロ圏の財務相は27日の会合で、ギリシャが…

定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE-World Affairs

  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月