最新記事

ワールド

パキスタン

タリバンが暗殺したがった14歳少女

Why Did The Taliban Shoot This Girl?

女だてらに学校へ行きたがったというだけで少女を撃ち殺そうとするタリバンの暗愚

2012年10月10日(水)16時23分
リジー・トメイ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷

 パキスタンで10月9日、14歳の少女が頭部に銃撃を受けて重傷を負う事件が起きた。被害者のマララ・ユサフザイは、勇気あるタリバン批判で世界に知られていた。その知名度ゆえに、大きな代償を払うことになってしまった。

 マララは彼女の父親と並んで、女子教育の必要性を世界に向けて熱心に訴えていた。彼女たちが暮らすのはパキスタン北西部カイバル・パクトゥンクワ州のスワト渓谷。政府の掃討作戦にもかかわらず、イスラム武装勢力タリバンが抑圧的な存在感を保ち続けている。そうした地域においては、ユサフザイ父子の評判は自らを危険にさらすものでしかなかった。

 マララはスクールバスに乗って学校から帰ろうとするところを、あごひげを生やした男に襲撃された。「パキスタン・タリバン運動(TTP)」が犯行声明を出しており、彼女は重体のままペシャワルの病院に入院している。

 TTPの報道官アフサヌッラー・アフサンは、「これは新たな『反道徳的行為』であり、我々はこれを終わらせなければならない」とAP通信に語った。さらにエクスプレス・トリビューンの取材に対しても、マララが生き伸びれば再び彼女を襲うだろうと警告している。


フェイスブックでは自らを「政治家」と

 ニューヨーク・タイムズ紙は09年、当時11歳だったマララを紹介する短編ドキュメンタリー映像を制作しているが、その中で彼女は医者になりたいという夢を語りながら泣き崩れていた。

 映像制作者によれば当時、女子生徒が通う200以上の学校がタリバンによって爆破されていた。「1月15日以降、女子は学校に行ってはならない」――タリバンがそう宣言するラジオ放送も、ドキュメンタリーには出てくる。

 ニューヨーク・タイムズの記者たちは、1月15日を迎えるマララと家族を追っていた。父親はかつて女子のための私立学校を運営しており、マララもそこに通っていた。同紙によれば、そんな彼もタリバンの「レーダー」にかかってしまい、当の1月には脅迫に抗い切れず、学校の閉鎖に追い込まれた。

 同じ09年、マララはBBC(英国放送協会)ウルドゥー語版のウェブサイトに「パキスタン人女子生徒の日記」というブログを開設。グル・マカイというペンネームでタリバン支配下での日常を細かく語り、女性が教育を受ける権利を訴えていた。

 昨年は、パキスタン政府から第1回国家平和賞を贈られ、世界子ども平和賞にもノミネートされていた。

 14歳の彼女はフェイスブック上で自らを「政治家」と表現していた。9日の時点で彼女のページには3400人がファンとして登録されていたが、事件後にその数は6000人以上に跳ね上がった。

 BBCは銃撃事件に対するパキスタン国内での「激しい抗議」を伝えている。ザルダリ大統領やアシュラフ首相をはじめ、政治家からも強い非難の声が上がっているようだ。

From GlobalPost.com特約

最新ニュース

ビジネス

NY外為市場=ドル反発、年央の米利上げ期待再び高まる

2015.02.27

ビジネス

米国株式はダウとS&Pが小幅安、エネルギー株に売り

2015.02.27

ビジネス

米利上げ、夏か秋のどこかで=サンフランシスコ連銀総裁

2015.02.27

ビジネス

ドル上昇、年半ばの利上げ意識=NY市場

2015.02.27

新着

欧州債務問題

社会的弱者を犠牲にしてギリシャは救えない 

ヨーロッパの政治と社会の安定のためには債務問題の処方箋を見直す必要がある [2015.3. 3号掲載]

2015.02.26
フランス

連日パリを脅かすドローンの正体は

アルジャジーラの記者3人が逮捕されたが、一連の不審な無許可飛行との関連性はなさそうだ 

2015.02.26
ロシア

プーチン、ウクライナに「戦争はない」と強弁

プーチンが戦争を焚きつけ、親ロシア派を支援しているのはロシア以外の世界では常識なのに 

2015.02.25
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2015.3. 3号(2/24発売)

特集:習近平の戦争

2015.3. 3号(2/24発売)

果てしなく続く習近平政権の反腐敗キャンペーンは
ゆがんだ中国の社会と政治をただすのか、破壊するのか

中国 習近平の終わりなき汚職戦争

汚職 国外へ逃げたキツネを狩れ

犯罪 無垢な少女の体が「賄賂」になるこの国

経済 腐敗根絶運動は中国経済を救うか

視点 クリーン作戦から始まる民主化

雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:習近平の戦争

2015-3・ 3号(2/24発売)

果てしなく続く習近平政権の反腐敗キャンペーンは
ゆがんだ中国の社会と政治をただすのか、破壊するのか

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    ISISの背後にうごめく神秘主義教団の冷酷な影

    かつて清朝を滅ぼしソ連を敗退させた謎の集団が、…

  2. 2

    『アメリカン・スナイパー』射殺事件の真相は

    米海軍特殊部隊の伝説の狙撃兵クリス・カイルが非…

  3. 3

    ISIS支持の投稿だけで逮捕されるイギリスの治安事情

    イギリスのテロ対策がアメリカより厳しいのは、I…

  4. 4

    HSBC秘密口座で世界に激震

    脱税幇助の実態を記した機密文書「スイスリークス…

  5. 5

    携帯使用で手を切り落とすISISの恐怖支配

    エジプト人21人の処刑で残虐性を見せつけたIS…

  6. 6

    残虐「石打ち死刑」目前のイラン女性

    「胸まで地中に埋め、石を投げつけてなぶり殺す」…

  7. 7

    ユダヤ人に「集団移住」を呼びかけるネタニヤフ

    「テロから逃げろ」という呼び掛けに在欧コミュニ…

  8. 8

    真っ赤な嘘だった名キャスターの戦場武勇伝

    大統領選でヒラリーを徹底追及したNBCの看板キ…

  9. 9

    ISIS「脱走兵増加」で新たなテロが幕を開ける?

    逃げ帰ったはずの外国人戦闘員が母国に牙をむく─…

  10. 10

    パリ観光業を襲うテロの「風評被害」

    風刺週刊紙の襲撃事件を機に、旅行者だけでなくビ…

  1. 1

    【ウェブ対談:池田信夫×冷泉彰彦】慰安婦問題の本質とは何か<1>

    ニューズウィーク日本版公式サイトでコラム、ブロ…

  2. 2

    映画『風立ちぬ』のヒロインが「菜穂子」である理由

    宮崎駿氏の最新作『風立ちぬ』を見ました(以降…

  3. 3

    使用ずみ核燃料の問題解決を阻む「11兆円の不良資産」

    日本学術会議の「高レベル放射性廃棄物の処分に…

  4. 4

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  5. 5

    【ウェブ対談:池田信夫×冷泉彰彦】慰安婦問題の本質とは何か<1>

    ニューズウィーク日本版公式サイトでコラム、ブロ…

  6. 6

    『永遠の0』の何が問題なのか?

    先月に一時帰国した際、評判の映画『永遠の0』…

  7. 7

    「イスラム国」が示した「非対称戦争」の先にある未来

    テロ組織ISIS(自称イスラム国、別名ISI…

  8. 8

    【ウェブ対談:池田信夫×冷泉彰彦】慰安婦問題の本質とは何か<2>

    ≪対談<1>はこちら≫ 編集部(朝日新聞の誤…

  9. 9

    【ウェブ対談:池田信夫×冷泉彰彦】慰安婦問題の本質とは何か<3>

    ≪対談<1>はこちら≫ ≪対談<2>はこちら…

  10. 10

    「欧州の端」から世界を見詰めて

    昨年、いつの間にか気付かないうちに、僕は重要…

  1. 1

    焦点:ホンダ再生に賭ける伊東社長、品質回復へ背水の陣

    度重なるリコール(回収・無償修理)に苦しむホ…

  2. 2

    アングル:後藤さんの新画像、イスラム国が作成急いだ形跡も

    中東の過激派組織「イスラム国」に拘束されてい…

  3. 3

    「イスラム国」、シリア北東部でキリスト教徒150人を拉致

    シリアのキリスト教徒の活動家らは24日、過激…

  4. 4

    「イスラム国」、エジプトのコプト教徒21人殺害の映像公開

    過激派組織「イスラム国」は15日、リビアで拘…

  5. 5

    「イスラム国」系組織、リビア自爆攻撃で犯行声明

    リビア東部の町クッバで20日起きた、爆発物を…

  6. 6

    ムーディーズ、ロシアを投資不適格級に格下げ

    格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サー…

  7. 7

    ドイツ銀とサンタンデール、FRBストレステスト不合格の公算=WSJ

    ドイツ銀行やスペインのサンタンデール銀行を含…

  8. 8

    親ロ派への支援継続は国際秩序への脅威、米国がロシアに警告

    米国は20日、ウクライナ情勢をめぐり、停戦合…

  9. 9

    タカタに1日1.4万ドルの罰金、米「調査に非協力的」

    米運輸省のフォックス長官は20日、タカタがエ…

  10. 10

    NY市場サマリー(20日)

    <為替> ユーロが対ドルで上昇した。ユーロ圏…

定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE-World Affairs

  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月