最新記事

ワールド

パキスタン

タリバンが暗殺したがった14歳少女

Why Did The Taliban Shoot This Girl?

女だてらに学校へ行きたがったというだけで少女を撃ち殺そうとするタリバンの暗愚

2012年10月10日(水)16時23分
リジー・トメイ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷

 パキスタンで10月9日、14歳の少女が頭部に銃撃を受けて重傷を負う事件が起きた。被害者のマララ・ユサフザイは、勇気あるタリバン批判で世界に知られていた。その知名度ゆえに、大きな代償を払うことになってしまった。

 マララは彼女の父親と並んで、女子教育の必要性を世界に向けて熱心に訴えていた。彼女たちが暮らすのはパキスタン北西部カイバル・パクトゥンクワ州のスワト渓谷。政府の掃討作戦にもかかわらず、イスラム武装勢力タリバンが抑圧的な存在感を保ち続けている。そうした地域においては、ユサフザイ父子の評判は自らを危険にさらすものでしかなかった。

 マララはスクールバスに乗って学校から帰ろうとするところを、あごひげを生やした男に襲撃された。「パキスタン・タリバン運動(TTP)」が犯行声明を出しており、彼女は重体のままペシャワルの病院に入院している。

 TTPの報道官アフサヌッラー・アフサンは、「これは新たな『反道徳的行為』であり、我々はこれを終わらせなければならない」とAP通信に語った。さらにエクスプレス・トリビューンの取材に対しても、マララが生き伸びれば再び彼女を襲うだろうと警告している。


フェイスブックでは自らを「政治家」と

 ニューヨーク・タイムズ紙は09年、当時11歳だったマララを紹介する短編ドキュメンタリー映像を制作しているが、その中で彼女は医者になりたいという夢を語りながら泣き崩れていた。

 映像制作者によれば当時、女子生徒が通う200以上の学校がタリバンによって爆破されていた。「1月15日以降、女子は学校に行ってはならない」――タリバンがそう宣言するラジオ放送も、ドキュメンタリーには出てくる。

 ニューヨーク・タイムズの記者たちは、1月15日を迎えるマララと家族を追っていた。父親はかつて女子のための私立学校を運営しており、マララもそこに通っていた。同紙によれば、そんな彼もタリバンの「レーダー」にかかってしまい、当の1月には脅迫に抗い切れず、学校の閉鎖に追い込まれた。

 同じ09年、マララはBBC(英国放送協会)ウルドゥー語版のウェブサイトに「パキスタン人女子生徒の日記」というブログを開設。グル・マカイというペンネームでタリバン支配下での日常を細かく語り、女性が教育を受ける権利を訴えていた。

 昨年は、パキスタン政府から第1回国家平和賞を贈られ、世界子ども平和賞にもノミネートされていた。

 14歳の彼女はフェイスブック上で自らを「政治家」と表現していた。9日の時点で彼女のページには3400人がファンとして登録されていたが、事件後にその数は6000人以上に跳ね上がった。

 BBCは銃撃事件に対するパキスタン国内での「激しい抗議」を伝えている。ザルダリ大統領やアシュラフ首相をはじめ、政治家からも強い非難の声が上がっているようだ。

From GlobalPost.com特約

最新ニュース

ビジネス

ドルが対ユーロで8カ月ぶり高値水準、対ロ制裁を懸念=NY市場

2014.07.23

ワールド

ケリー米国務長官がイスラエル入り、ガザ停戦を模索

2014.07.23

ワールド

撃墜機のブラックボックスが英国に到着、データ回収へ

2014.07.23

ワールド

ウクライナ、ロシアの企業・個人に制裁発動へ=首相

2014.07.23

新着

航空

マレーシア航空が今度はシリア上空を飛んでいた

ウクライナでの撃墜直後に内戦のシリア上空を飛行した航空会社の解せない安全意識 

2014.07.23
ペルー

マチュピチュの神秘に迫る危機

新空港建設による経済効果が期待されるが遺跡や自然環境、伝統文化が破壊される心配も [2014.7.15号掲載]

2014.07.23
中国社会

やっぱり危ない中国食品、マクドナルドとKFCに打撃

賞味期限切れの肉を販売していた上海の企業から仕入れを行っていたマクドナルドやKFCがうける大打撃 

2014.07.22
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2014.7.29号(7/23発売)

特集:ウクライナ戦乱 撃墜の波紋

2014.7.29号(7/23発売)

298人が乗った旅客機がミサイルで撃墜──
ウクライナの悲劇は「独裁者」プーチンを追い詰めるのか

紛争 撃墜事件とプーチンの悪夢

■兵器 ミサイル発射に協力したのは誰だ

航空 紛争地帯の上も飛ぶエアライン裏事情

エアライン 悲劇続きのマレーシア航空

歴史 世界を驚かせた過去4件の民間機撃墜事件

雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:ウクライナ戦乱 撃墜の波紋

2014-7・29号(7/23発売)

298人が乗った旅客機がミサイルで撃墜──
ウクライナの悲劇は「独裁者」プーチンを追い詰めるのか

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版
ブラジルW杯「退屈日記」

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    わが子を1人で遊ばせるのが児童虐待?

    娘を1人で公園に遊びに行かせた母親が逮捕されたこと…

  2. 2

    中国に逆らい日本を支持したフィリピンの思惑

    アキノ大統領が東南アジア諸国で初めて「侵略国」日本…

  3. 3

    イスラエルがこだわる「報復の原則」が生む悲劇

    少年3人が殺害された事件で証拠もないままパレスチナ…

  4. 4

    ヤフーの果てしない無駄働き

    広告の単価下落で減収減益が続くヤフーの巻き返し策は…

  5. 5

    アメリカは警官の性犯罪に大甘

    警官の立場と「ノウハウ」を利用した表に出ない性犯罪…

  6. 6

    ISIS国家への冷ややかな反応

    バグダディの高らかな建国宣言を支持する世界の過激派…

  7. 7

    規制強化で中国情報が漏れてこなくなる?

    政府が中国人ジャーナリストに対し外国メディアに情報…

  8. 8

    フェイスブックの身勝手な「心理実験」

    無断でユーザーの心理実験をしたことについて「よくあ…

  9. 9

    NYの高級不動産が新たな資産隠し場所に

    規制が厳しくなったスイスの秘密口座の代わりとして富…

  10. 10

    ギニア国境を越えたエボラ出血熱の恐怖

    これまでは僻地で発生し、隣りの村に感染する前に患者…

  1. 1

    ろくでなし子氏の逮捕、何が問題か?

    漫画家で美術家の「ろくでなし子」氏が逮捕されまし…

  2. 2

    移民問題が「タブー」でなくなったわけ

    ここ数年、僕たちイギリスの国民は、一部の政治家か…

  3. 3

    「デフレ脱却」で賃金は下がり、景気は悪化する

    昨年4月、日本銀行の黒田総裁は「デフレが不況の原…

  4. 4

    ウクライナ東部、旅客機撃墜を取り巻く複雑な状況

    7月17日の米国東部時間のお昼前後に、「ウクライ…

  5. 5

    東京の伝統美を「破壊者」から守れ

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月1日号…

  6. 6

    なぜ中国はいま韓国に急接近し始めたのか

    中国の習近平国家主席が、7月3日から韓国を訪問し…

  7. 7

    ガザ攻撃:ハマースはそんなに「脅威」なのか

    イラクでのISIS(イラクと大シリアのイスラーム…

  8. 8

    ブラジルと日本に言っておきたい、いくつかの事柄

    日本に帰ってきたら、いきなりブラジルが準決勝でド…

  9. 9

    国境に押し寄せる、不法移民の子供たちの波

    ここ数カ月、アメリカの南部国境は異常な状況に陥っ…

  10. 10

    異常なことばかり、集団的自衛権議論の周辺

    安倍首相は7月1日に記者会見を行い、内閣によって…

  1. 1

    マレーシア機はウクライナ親ロ派が「撃墜」か、東西対立の懸念

    マレーシア航空の旅客機が17日、ウクライナ東部で…

  2. 2

    乗客4人の国籍、まだ分からず=マレーシア航空

    マレーシア航空は18日、ウクライナ東部に墜落した…

  3. 3

    噴き上がる黒煙に散乱する遺体、マレーシア機の墜落現場

    マレーシア航空の旅客機が墜落したウクライナ東部の…

  4. 4

    マクドナルドとヤムが謝罪、取引先で床から食肉拾う姿報道

    米マクドナルドとケンタッキーフライドチキン(KF…

  5. 5

    「アルゼンチンはデフォルト覚悟」、債務再編拒否の債権者が批判

    アルゼンチン債務問題をめぐり、債務再編を拒否した…

  6. 6

    フィリピン、南シナ海の領有権問題で近隣諸国との協議検討

    フィリピンのデルロサリオ外相は18日、南シナ海で…

  7. 7

    ウクライナ分離派への支援停止を、米大統領がロシアに呼び掛け

    米国のオバマ大統領は18日、前日のウクライナ東部…

  8. 8

    タカタ製エアバッグ搭載、三菱自が米で「ランサー」リコール

    三菱自動車は、破裂の恐れがあるタカタ製エアバッグ…

  9. 9

    ウクライナ部隊がブラックボックス発見、「所在地情報はない」

    ウクライナの緊急サービス隊が、マレーシア航空機の…

  10. 10

    イラン核協議は4カ月延長、交渉まとまらず=外交筋

    イランの核問題を協議する同国と主要6カ国は18日…

Photo

男だけが消えた 旧ソ連の小さな国

2014.06.24 : 旧ソ連の辺縁地帯では、貧困と失業が蔓延している。アルメニアもそ…

Picture Power
詳しく見る
Sound's View 自分を創る音の風景 平原綾香さん
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE-World Affairs

  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月