最新記事

薬物疑惑

アームストロング、ドーピング闘争断念の真相

自転車レースの王者が反ドーピング機関との法廷闘争を放棄した本当の理由とは

2012年8月27日(月)16時54分
ジョシュ・レビン

大きい代償 自転車競技から永久追放処分を科されたアームストロング Mike Hutchings-Reuters

 ランス・アームストロングが自転車レースの世界最高峰ツール・ド・フランスで7年連続総合優勝という偉業を達成できたのは、ドーピングを行っていたからなのか──。

 残念ながら、そう信じたい人にとっては十分な証拠が揃っている。一方、彼の潔白を信じるファンにも、ドーピング疑惑を否定する確たる根拠があった。アームストロングの禁止薬物使用を声高に告発した元チームメイト、タイラー・ハミルトンとフロイド・ランディスは平気で嘘をつく人間だったから。

 ハミルトンは、04年アテネ五輪の自転車競技・個人タイムトライアルで金メダルを獲得したが、05年のドーピング検査で陽性反応が出た。その際は巧みに言い逃れたものの、5年後にドーピングを認めた(金メダルは剥奪された)。

 もう一人のランディスは06年のツール・ド・フランスで総合優勝を果たしたが、後にドーピング疑惑が浮上。当初は、検査で陽性反応が出たのは前日に飲んだウイスキーのせいだと言い張ったが、2010年には選手生活を通してパフォーマンス向上薬を使用していたことを認めた(タイトルは剥奪)。

 アームストロングはこれまでドーピング疑惑を否定し続けてきたが、先週になって容疑に意義を申し立てるのをやめると発表した。声明の中でアームストロングは、米反ドーピング機構(USADA)による調査は「違法な魔女狩りだ」と批判しながらも、無実を主張して争う代わりに「この馬鹿げた騒動から手を引く」と述べた。

 これを受けてUSADAは翌日、アームストロングの全タイトル剥奪と自転車競技からの永久追放処分を発表した。

ロジャー・クレメンスの二の舞に

 疑問なのは、これまで一貫して無実を主張しUSADAと戦い続けてきた男が、なぜ今あきらめたのか。さまざまな憶測が飛び交っているが、真の理由は、親友が敵に回る可能性が出てきたからかもしれない。

 アームストロングが最も信頼を置くチームメイトだったジョージ・ヒンカピーがここにきて、USADAによる聴取でアームストロングの薬物使用を証言するとの見方が強まっていた。ヒンカピーといえば、ハミルトンやランディスとは違って、誠実で信頼でき、自転車業界の誰もが信じるような人物だ。

 ヒンカピーが証言すれば、アームストロングに及ぼす打撃は致命的だ。米大リーグ(MLB)元投手のロジャー・クレメンスの例を見るといい。今年5月に元同僚のアンディ・ペティットが、クレメンスはニューヨーク・ヤンキースの現役時代にヒト成長ホルモン(hGH)を使っていたと証言。その後、結局は無罪判決を勝ち取ったものの、クレメンスの名声は地に落ちた。

 ヒンカピーの証言は、もっと直接的で広範囲にわたる可能性が高かった。アームストロングのチーム全体にドーピングの嫌疑がかかるなか、ヒンカピーは処分軽減と引き換えに自身の薬物使用も認めるのではないかとみられていた。

 アームストロングは今回の決断で、多くのものを失った。それでも検証の場で戦うことを放棄することによって、「自分は不当に糾弾された」と主張し続けることはできるようになった。

 この戦略は既に功を奏している。個人スポンサーであるナイキは声明文の中で、「ランスは無実を訴えてきたし、その主張が揺らいだことはない」とした。「ナイキは今後もランスを支援し続ける」
 
© 2012, Slate

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

午前の日経平均は反落、米景気や欧州政局の不透明感を

ワールド

7月英総選挙、保守党の議席激減か 世論調査で苦境さ

ビジネス

中国5月鉱工業生産、予想以上に減速 小売売上高は加

ビジネス

中国不動産投資、1─5月は前年比10.1%減 さら
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 3

    顔も服も「若かりし頃のマドンナ」そのもの...マドンナの娘ローデス・レオン、驚きのボディコン姿

  • 4

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 9

    サメに脚をかまれた16歳少年の痛々しい傷跡...素手で…

  • 10

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 10

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中