最新記事

サイエンス

子育てミツバチが作る脳の若返りタンパク

Bees Can Reverse Their Own Ageing

最新研究で、脳の機能維持や認知症の予防が期待できるタンパク質が見つかった

2012年7月5日(木)16時30分
アレクサンダー・ベサント

 ミツバチがアンチエイジング効果のあるタンパク質を脳内で生成していることがわかった。アリゾナ州立大学とノルウェー生命科学大学のチームの最新研究によると、働き蜂の脳は幼虫の世話をするために巣に戻ると活性化されるという。

 研究では、女王蜂と幼虫を残して若いミツバチを巣から取り除いた後で、働き蜂を巣に戻した。そのまま巣で幼虫の世話をする働き蜂もいれば、再び外に出て蜜や花粉を集める働き蜂もいた。その結果、巣に残った働き蜂の約50%が、10日後には新しいことを学習する能力が著しく向上していたことが分かった。

巣を出たとたん一気に老化

「これまでの研究で、ミツバチが巣で幼虫の世話をしている間は、脳の機能が高く維持されていることは分かっていた」と、アリゾナ州立大学の研究者グロ・アムダムは言う。「しかし幼虫を世話する時期が終わると、働き蜂は蜜や花粉を集めるために巣から離れ、急速に老化する。2週間もすると羽はすり切れ、体毛は抜ける。さらに重要なのは、新しいことを学習する能力を中心に脳の機能が失われることだ」

 研究グループによれば、脳機能が向上したのはタンパク質が変化した結果だという。認知症の予防に役立つタンパク質が見つかった可能性もある。将来的に、認知症と脳の老化の仕組みの理解を深めるきっかけになるかもしれない。

From GlobalPost.com

ニュース速報

ビジネス

日経平均は5日ぶり反落、利益確定売り優勢 好業績銘

ワールド

北朝鮮が挑発なら「速やかに懲罰」、米韓が合意

ビジネス

ドル111円前半、米NAFTA離脱撤回でメキシコペ

ワールド

トランプ米大統領、「聖域都市」への補助金停止差し止

MAGAZINE

特集:国際情勢10大リスク

2017-5・ 2号(4/25発売)

北朝鮮問題、フランス大統領選、トランプ外交──。リーダーなき世界が直面する「10のリスク」を読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環球時報を読み解く

  • 2

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需要が急増

  • 3

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 4

    米軍、北朝鮮ミサイル迎撃用THAADを韓国南部に搬入開始

  • 5

    北朝鮮、軍創設記念日で大規模砲撃演習 米原潜は釜…

  • 6

    中朝同盟は「血の絆」ではない。日本の根本的勘違い

  • 7

    英「ロシアに核の先制使用も辞さず」── 欧州にもくす…

  • 8

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 9

    もし第3次世界大戦が起こったら

  • 10

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明までの経緯

  • 3

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

  • 4

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需…

  • 5

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 6

    北朝鮮、軍創設記念日で大規模砲撃演習 米原潜は釜…

  • 7

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環…

  • 8

    北朝鮮「超強力な先制攻撃」を警告 トランプは中国…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    北朝鮮・シリアの化学兵器コネクション