最新記事

抵抗

中国当局もコントロール不能の漁村デモ

China's Unusual Riots

役場職員が村を捨てて逃亡するほど激化した暴動は、中国の抗議デモの転換点になるのか

2011年12月16日(金)15時13分
キャスリーン・マクラフリン

 中国広東省の小さな漁村、烏坎(ウーカン)で地元政府に対する抗議デモが激化している。果たしてこのデモは中国各地で頻発している抗議運動の重要な転換点となるのか?

 ならないかもしれない。だがこの抗議デモは、政府にとっても活動家にとっても注目すべき事例だ。暴動が拡大し、地元政府の職員が村から逃げ出したとまで伝えられるからだ。
 
 中国で大規模な暴動が起きるのは珍しいことではない。この5年間、当局は公式な数字を発表していないが、中国全土で毎年約18万件の「大規模な事件」が発生しているといわれる。

 ここでいう「大規模な事件」とは、デモ活動や集会など市民が集まって地元政府に抗議の声を上げること。よくあるのが政府による土地の接収とそれに伴う強制移住に対する抗議だ。また環境汚染や労働賃金の問題も抗議活動の大きな要因になる。

 烏坎では土地収用の補償が十分ではないとして、住民らが3カ月前から抗議活動を開始。今週、警察に拘束された42歳の男性が死亡したのを機に、緊張は一気に高まった。警察は死因を心臓発作としているが、男性の家族は拘束中に拷問されたと主張している。

 さらに直近の動きとしては、デモの激化を受けて地元政府の職員が村を捨てて逃げ出し、住民2万人の村が混沌状態に陥りつつある。住民たちは村に食料が入ってこないよう警察が止めていると怒りの声を上げている。

 とはいえ過去の事例から、こうした無法状態や反政府運動はそう長くは続かないと言えるだろう。今年起きた何件かの労働ストライキやその他の暴動でも中央政府が民兵を動員して鎮圧した。

 政府は既に国内随一のミニブログサイト新浪微博(シンランウェイボー)で「烏坎」を検索できないよう検閲している。烏坎の暴動にそれだけ敏感になっているということだ。

GlobalPost.com特約

ニュース速報

ビジネス

18年の独経済成長率、2.2%に加速見通し=商工会

ビジネス

中国人民銀総裁、資産価格急落リスクを警戒 過度の楽

ビジネス

情報BOX:次のFRB議長は誰か、候補5人の強みと

ワールド

NZファースト党が労働党の新政権を支援、アーダーン

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

  • 3

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為が危ない流行?

  • 4

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 5

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 6

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 7

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 8

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 9

    北朝鮮危機、ニクソン訪中に匹敵する米中合意の可能性

  • 10

    iPhoneはなぜ割れるのか?<iPhone 10周年>

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 5

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 6

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 7

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 8

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 9

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 10

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月