最新記事

中国社会

中国が乗り出す里帰り義務化の裏事情

China: Mandatory Parent Visits?

高齢の親と離れて暮らす子供に対し、もっと親の面倒を見るよう法律で定めようとする動きが浮上。「一人っ子」世代の間で親孝行の定義が変わりつつあることも背景に

2011年4月11日(月)13時21分
ジャスティン・カルデロン

 久しぶりの里帰りで女子学生が家族と涙の再会を果たす。「会いたかった」と母親を抱き締め、父親にほほ笑み掛ける。「さあ、おじいちゃんとおばあちゃんに会いに行こう」──。

 これは今年2月の春節を前に、中国政府が制作したキャンペーン映像。「地方の両親に会いに帰ろう」と呼び掛けるもので、1月に上海の地下鉄の車内モニターで繰り返し流された。もはや里帰りも若者の道義心だけに任せてはいられないようだ。

 急速な高齢化が進む中国では、高齢の親と離れて暮らす子供に対し、もっと親の面倒を見るよう法律で定めようとする動きも出てきた。現在検討されている高齢者権益保障法の改正案では、高齢の親と別居する子供に「頻繁」な訪問を義務付けようとしている(ただし「頻繁」の定義はまだ定まっていない)。

 さらに、親の医療費や介護費用の負担も求める見通しだ。膨張する医療費の抑制が狙いとみられる。「一人っ子」世代の多くは都市に移住し、故郷に取り残された高齢者が医療制度を圧迫している。

ボロボロになったセーフティーネット

 古来、中国では年老いた親の世話は子供の務めだったが、社会構造の変化によってそうも言っていられなくなってきた。現在、総人口約13億人のうち65歳以上はおよそ1億5500万人だが、20年には2億6000万人近くに達する見通しだ。

 今回の改正案は「経済や社会の変化でセーフティーネットがボロボロになった現状を反映している」と、中国関連の法律業務に長年携わる弁護士のエイミー・ソマーズは語る。

 とはいえ、子供たちの現実は厳しい。コアン・リン(25)は3年前に黒龍江省ハルビン市を出て、上海で働いている。貿易展示会の仕事が忙しいため、春節に1週間ほど里帰りするのが精いっぱいだ。「帰省ばかりしていたら絶対に成功できない」

 そもそも「一人っ子政策」などの法律が社会的な矛盾を生み出してきた。それをまた法律で解決しようとすることの是非をめぐり、中国内外のネット上では議論が沸き起こっている。

 浙江工業大学の王平(ワン・ビン)教授は、伝統的な精神が失われたわけではないが、「親孝行を金銭でとらえる若者が増えてきた」と指摘する。「祝日に実家を訪ね、親に小遣いや土産を渡せば義務を果たしたと思っている」

 法改正されたら、コアンは義務を果たすつもりだ。それで社会の調和が保たれれば「みんなが幸せになれる」からだ。

GlobalPost.com特約

[2011年3月16日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

国際通貨研究所理事長にJBIC前総裁の渡辺博史氏

ビジネス

アングル:経済要職に対金融業界タカ派を、クリントン

ワールド

アングル:北朝鮮の新たな資本主義者育てる「秘密地下

ビジネス

米国株は反発、ドイツ銀持ち直し金融株に買い

MAGAZINE

特集:進化する中国軍

2016-10・ 4号(9/27発売)

高学歴人材、最新鋭兵器、洗練された組織......。かつてのイメージを覆す人民解放軍の知られざる変貌

人気ランキング

  • 1

    リオ五輪閉会式「引き継ぎ式」への疑問

  • 2

    アメリカ大統領選、クリントンがトランプを5%リード=ロイター最新世論調査

  • 3

    トランプ、キューバ禁輸違反が発覚=カジノ建設を検討

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    病院が患者を殺す 米国で広がるMRSAの脅威

  • 6

    『ハドソン川の奇跡』 英雄は過ちを犯したのか

  • 7

    韓国政府、サード配備予定地ロッテグループのゴルフ場に変更

  • 8

    トランプの新政策が物語る「大衆の味方」の大嘘

  • 9

    ロシア「アメリカは事実上のテロ支援国家」

  • 10

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 1

    リオ五輪閉会式「引き継ぎ式」への疑問

  • 2

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 5

    ロシアの最新型原潜、極東に配備

  • 6

    アーティスツ(1):会田誠の不安、村上隆の絶望

  • 7

    米テレビ討論、クリントン「二重の負担」で不利

  • 8

    戦略なき日本の「お粗末」広報外交

  • 9

    トランプ、キューバ禁輸違反が発覚=カジノ建設を検討

  • 10

    ブルキニを禁じたフランスのパリがヌーディスト解禁へ

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 4

    蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬犠牲に

  • 6

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 7

    「スタバやアマゾンはソーセージ屋台1軒より納税額が少ない」オーストリア首相が猛批判

  • 8

    核攻撃の兆候があれば、韓国は平壌を焼き尽くす

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    イスラム女性に襲われISISがブルカを禁止する皮肉

 日本再発見 「東京のワンテーマ・ミュージアム」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

盛り土は気になるけど、北方領土もね!

辣椒(ラージャオ、王立銘)

スマホに潜む「悪魔」が中国人を脅かす

STORIES ARCHIVE

  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月