最新記事

インタビュー

起業家育成のカリスマに学ぶ成功の極意

What I Wish I Knew When I Was 20

『20歳のときに知っておきたかったこと』の著者ティナ・シーリグに聞いた、失敗を成功に変える術

2010年12月20日(月)17時56分

成功の道案内 スタンフォード大学で起業家育成コースを教えるティナ・シーリグ Jun Takai

 アメリカでは、不況になると起業する若者の数が増えるのはなぜ? 成功する起業家が失敗を恐れないのはなぜ? 起業のメッカ、シリコンバレーのスタンフォード大学で起業家育成コースを教えるティナ・シーリグによると、すべての答えは失敗やチャンスをどう捉えるかにある。著書『20歳のときに知っておきたかったこと』(邦訳・阪急コミュニケーションズ)の中で、自分自身の手で人生を切り開く極意と面白さを語りかけるシーリグに、本誌・小暮聡子が聞いた。

*  *  *  *  *


──著書の中で、「キャリア・プランニングは外国旅行に似ている。予定になかったことが一番面白い」と書いていたが。

 独創的な人間になるには、世の中を外国人旅行者のような目で見る必要がある。外国人は思い込みを持たずに、新鮮な目で物事を見られるから。

──今回はあなた自身が日本に初来日した外国人だ。新しい発見はあったか。

 日本の文化はとても歴史が深い。それはもちろんすばらしいことだが、乗り越えるべき課題にもなり得る。日本の若者は、両親が歩んだ道、伝統的な道を選ぶべきなのか、新しいことを始めるべきなのか、板ばさみになっている。

 私が住んでいるカリフォルニアの文化は若くて、「唯一の正解」というものがない。日本では正解は1つしかないため、人と違うことを始めようとする若者は、まず壁にぶつかる。

──アメリカで日本人学生を教えたことはある?

 もちろん。でもスタンフォード大学に来ると、彼らを取り巻く環境はガラリと変わる。すると、彼らの態度も変わる。つまり、日本人学生に問題があるわけではない。問題なのは彼らを取り巻く環境だ。

──スタンフォード大学のDスクール(「デザイン思考」を教える学際プログラム)では、大きな見返りを得るために大きなリスクをとることを重視し、学生のとんでもない失敗を歓迎すると、あなたは書いている。でも実際にリスクを歓迎する企業は危ないのでは?

 起業家というのは、向こう見ずな冒険家ではない。危険など冒したくないから、すべてのリスクを排除しようと努力する。最高の人材と最高の技術をかき集め、資金調達も抜かりなく行おうとする。

 起業とは突拍子もない思いつきを突然実行することではなく、入念に準備した上で大きな課題に挑戦し、解決しようとすることだ。私が何の準備もせずエベレストに登ると言い出したら、命知らずでバカなこと。でも、ちゃんと登山の訓練を受けて装備を万全にし、登山の熟練者とチームを組んで登れば、リスクを軽減できる。

ニュース速報

ワールド

ベネズエラ野党指導者2人、反政府デモで負傷

ワールド

英の対テロ戦略に欠陥、監視国家に向かう恐れ=国連報

ワールド

プーチン露大統領はイスラム国以上の脅威=米共和党マ

ワールド

EUトルコ首脳会談、新たな合意ないが雰囲気は良好=

MAGAZINE

特集:得する中国、損する日米

2017-6・ 6号(5/30発売)

北朝鮮問題で習近平を「忖度」するトランプ。世界はますます中国のペースに?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    なぜか再びアメリカで銀行がつぶれ始めた

  • 2

    駐米中国大使とも密通していたクシュナー氏

  • 3

    フィリピンが東南アジアにおけるISISの拠点になる?

  • 4

    内向型人間が自覚すべき、ストレスを感じる10のポイ…

  • 5

    トランプ政権がルクセンブルク首相のゲイ・ハズバン…

  • 6

    アルツハイマー病による死亡率がアメリカで急増

  • 7

    ネガティブになりがちな内向型人間にも、10の強みが…

  • 8

    北朝鮮問題で安倍首相「対話の試みは時間稼ぎに利用…

  • 9

    イギリス自爆テロで犠牲になった人びと 8歳少女や3…

  • 10

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 3

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 4

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者…

  • 5

    なぜか再びアメリカで銀行がつぶれ始めた

  • 6

    北朝鮮危機が招いた米中接近、「台湾化」する日本の…

  • 7

    最凶な露フーリガン対策でロシアが用意した切り札と…

  • 8

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 9

    ドイツが独自の「EU軍」を作り始めた チェコやルー…

  • 10

    ISのテロが5月27日からのラマダーン月に起きるかもし…

  • 1

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 2

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 3

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 4

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 5

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 6

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 7

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 8

    「男と女のどちらを好きになるか」は育つ環境で決ま…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    習近平の顔に泥!--北朝鮮ミサイル、どの国への挑戦…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
ニューズウィーク試写会「しあわせな人生の選択」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月