最新記事

対談

ツイッターが変える日中の未来(1)

たった140字のリアルタイムな「つぶやき」が社会を変える! 日中両国でツイートの達人として活躍する津田大介氏と安替(アンティ)氏が語るツイッターと世界の未来

2010年11月2日(火)17時18分

ツイッターの可能性について語り合う安替氏(左)と津田大介氏   Nagaoka Yoshihiro

 たった140字の「つぶやき」がリアルタイムで世界に広がり、世界をつなげるツイッター。06年にスタートしてから4年でユーザー数は1億6000万人を超え、共同創業者のエバン・ウィリアムズは「3年後には10億人」とぶち上げている。単なるコミュニケーションツールにとどまらず、ときにジャーナリズムや独裁政権に立ち向かう「武器」の役割まで果たすツイッターは社会を、そして世界をどう変えるのか。日本と中国というある意味対極に位置する社会でツイッターユーザーとして活躍する津田大介氏と安替(アンティ)氏の対談を通じて、ときに言語の壁を超え、社会を変えるツイッターの可能性(と限界?)を探った。
(編集部・長岡義博、通訳は北京在住ジャーナリストのふるまいよしこ氏)


――まず安替さん、津田さんのことをどれくらい知っていましたか?

安替:津田さんの著書『Twitter社会論』も持っていますし、津田さんが「ミスターツイッター・イン・ジャパン」だということも、ツイッターを使った生中継を「tsudaる」ということも知っていました。

――津田さんは?

津田:こんなに面白い人が中国にいる、と紹介されてネット上のインタビュー記事を読んだのが初めてでした。何より親近感をもったのは世代が同じということ。ネットの可能性を知ったあと10年ぐらい社会経験を積んで、さらにそのあとツイッターという個人メディアを使って社会との関わりを大きくしていこうとしているところにも共感しますね。

――日本と中国は言論の自由に関する状況も、ツイッターの役割も違うと思いますが。

津田:日本人には中国の人たちがどうやってツイッターを使っているか、という情報があまりない。だいたい政府にアクセスをブロックされているが、数万人が迂回して利用している、というところで止まっています。ただどうも実際は違って、早稲田大学の僕のツイッター・ジャーナリズムの授業に出ている中国人学生に聞くと、ツイッターでなくて迂回しなくてすむ新浪網などの「マイクロブログ(微博)」を使っていると言う。ぜひ安替さんにその違いを教えてもらいたいです。

安替:ツイッターとマイクロブログの機能は基本的に同じだが、社会における役割がかなり違います。ツイッターは中国2000年の歴史の中で孔子の出現以来、初めて人々に100%の言論の自由を提供したプラットホーム。孔子の時代から、中国の知識人は自己規制して真実の90%を伝えればよい、という「春秋筆法」の姿勢で満足して来ました。

だが残りの10%こそが中国社会の中で話題性があり討論すべき内容で、その10%を議論するのがツイッターの役割。マイクロブログはこれまでの伝統メディアと同じやり方で運営されていて、そこでの内容は「残り10%」が語られません。「壁」を乗り越えてツイッター使う努力をしている10万人は、「10%」を語る重要性を理解してあえて使っている。だから私もツイッターを使い続けているんです。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

中国、辰年で出生数増加 人口減少緩和も=現地メディ

ワールド

アルメニア、ロシア主導軍事同盟への参加凍結=首相

ワールド

メキシコGDP、第4四半期0.1%増に鈍化 利下げ

ビジネス

トヨタ、国内2工場2ライン稼働停止を3月1日まで継
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 2

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が語る「敗北のシナリオ」

  • 3

    F16はなぜウクライナに届かない?──NATO事務総長が答えた

  • 4

    アウディーイウカ制圧後、ロシア軍の攻撃は激減、戦…

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    トランプもバイデンも、日本製鉄のUSスチール買収に…

  • 7

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 8

    中国、景気停滞の次は余剰在庫のダンビング輸出? …

  • 9

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが…

  • 10

    「くまのプーさん」だけじゃない習近平のあだ名、そ…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中