最新記事

ローマ法王

少年虐待はアイルランドで起こったのに

Fiddling While Christianity Burns

聖職者の少年に対する性的虐待が発覚し教会離れが進むカトリック国を避け、隣りのイギリスを訪問した狙い

2010年9月22日(水)15時53分
リサ・ミラー(宗教問題担当)

 アイルランドといえば国民の大半がカトリック教徒。しかし長年にわたり多数の少年が聖職者から性的虐待を受けていたことが発覚して以来、教会離れが深刻化している。最近では、毎週ミサに通う人はおよそ40%まで低下している。

 そんななか先週、ローマ法王ベネディクト16世がヨーロッパで初めて訪問する英語圏の国として選んだのはアイルランドではなく、イギリスだった。滞在中にエリザベス女王や、英国国教会の最高位聖職者であるカンタベリー大主教のローワン・ウィリアムズと会談。野外ミサにも出席し、スーザン・ボイルの歌声に耳を傾けた。

 今回の訪英の狙いの1つは、英国国教会との融和だ。80年代にエリザベス女王と前法王ヨハネ・パウロ2世が和解に向けて一歩を踏み出したものの、英国国教会とカトリック教会の関係は良好とは言い難い。最近では、法王が英国国教会から改宗した聖職者を(妻帯者でも)受け入れると発表。それに対抗するように、ウィリアムズは11年の英国国教会の大主教会議を、長年「カトリックの国」だったアイルランドで開くと宣言した。

 聖書研究家のN・T・ライトは、この機会にカンタベリー大主教と法王が話し合い、キリスト教の再興を図ってほしいと語る。「人々は心の支えを求めているが、教会への不信感も根強い。新しい形で神の言葉を広めなければ」

 編集者で作家のポール・イリーは、密室でのトップ会談が「教会政治」や神学論争に終始したのではないかと懸念する。「法王が女性の聖職者は認められないと言えば、大主教が小児性愛者の聖職者が問題だとやり返す。そんな不毛な話し合いだったのではないか」

 イギリスの最近の世論調査では、「神はいない」または「いるかどうか分からない」と答えた人が3割以上。不毛な神学論争をしている場合ではなさそうだ。

[2010年9月29日号掲載]

ニュース速報

ワールド

韓国の国連加盟停止提案、北朝鮮「まったく受け入れら

ワールド

移民政策真意伝わらず、トランプ氏「恐らく私のせい」

ビジネス

3月米利上げ確率35%、GDP改定値受け=短期金利

ビジネス

中国国家主席「金融不正、断固取り締まるべき」

MAGAZINE

特集:習近平vsトランプ

2017-3・ 7号(2/28発売)

「一つの中国」容認で矛を収めたかに見えるトランプだが、世界の新リーダーを目指す中国との貿易戦争は起きるのか

人気ランキング

  • 1

    身近な「サイコパス」から身を守るための知識

  • 2

    オスカー作品賞「誤」発表の大トラブル、その時何が起こったか

  • 3

    金正男氏の息子、キム・ハンソル氏と中国の動向――中国政府関係者を取材

  • 4

    パーフェクトな容姿に「変身」したイバンカ その品…

  • 5

    世界が共感するヌード写真家レン・ハン、突然の死を…

  • 6

    職場でハイヒール強要は違法にすべき? 英国下院で審…

  • 7

    アカデミー賞を取り損ねた名優、名子役、名監督......

  • 8

    金正男暗殺の謎 北朝鮮、従来の「工作作戦」と異な…

  • 9

    LCCが殺到! 関空が描く「アジアハブ」の野望

  • 10

    アカデミー賞逆転劇、スターたちの粋なリアクション

  • 1

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 2

    人類共通の目標に大きな一歩、NASAが地球と似た惑星を7つ発見

  • 3

    オルト・ライト(オルタナ右翼)の寵児、「小児性愛OK」発言で転落

  • 4

    金正男暗殺事件の毒薬はVXガス マレーシア警察が…

  • 5

    トランプはゴルフしすぎ、すでに税金11億円以上浪費

  • 6

    アメリカ流「餃子の作り方」に物申す⁉

  • 7

    金正男暗殺で、また注目される「女性工作員」

  • 8

    「ペンス大統領」の誕生まであと199日?

  • 9

    金正男氏を「暗殺者に売った」のは誰か

  • 10

    韓国外交部、釜山市らに慰安婦問題の「少女像」移転…

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    トランプを追い出す4つの選択肢──弾劾や軍事クーデターもあり

  • 3

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 4

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係…

  • 5

    日本でもAmazon Echo年内発売?既に業界は戦々恐々

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    マティス国防長官日韓訪問に中国衝撃!――「狂犬」の…

  • 8

    金正男クアラルンプール暗殺 北朝鮮は5年前から機…

  • 9

    トランプ、入国制限に反対の司法長官代行を1時間後…

  • 10

    トランプの人種差別政策が日本に向けられる日

グローバル人材を目指す

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「日本の新しいモノづくり」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月