最新記事

ローマ法王

少年虐待はアイルランドで起こったのに

Fiddling While Christianity Burns

聖職者の少年に対する性的虐待が発覚し教会離れが進むカトリック国を避け、隣りのイギリスを訪問した狙い

2010年9月22日(水)15時53分
リサ・ミラー(宗教問題担当)

 アイルランドといえば国民の大半がカトリック教徒。しかし長年にわたり多数の少年が聖職者から性的虐待を受けていたことが発覚して以来、教会離れが深刻化している。最近では、毎週ミサに通う人はおよそ40%まで低下している。

 そんななか先週、ローマ法王ベネディクト16世がヨーロッパで初めて訪問する英語圏の国として選んだのはアイルランドではなく、イギリスだった。滞在中にエリザベス女王や、英国国教会の最高位聖職者であるカンタベリー大主教のローワン・ウィリアムズと会談。野外ミサにも出席し、スーザン・ボイルの歌声に耳を傾けた。

 今回の訪英の狙いの1つは、英国国教会との融和だ。80年代にエリザベス女王と前法王ヨハネ・パウロ2世が和解に向けて一歩を踏み出したものの、英国国教会とカトリック教会の関係は良好とは言い難い。最近では、法王が英国国教会から改宗した聖職者を(妻帯者でも)受け入れると発表。それに対抗するように、ウィリアムズは11年の英国国教会の大主教会議を、長年「カトリックの国」だったアイルランドで開くと宣言した。

 聖書研究家のN・T・ライトは、この機会にカンタベリー大主教と法王が話し合い、キリスト教の再興を図ってほしいと語る。「人々は心の支えを求めているが、教会への不信感も根強い。新しい形で神の言葉を広めなければ」

 編集者で作家のポール・イリーは、密室でのトップ会談が「教会政治」や神学論争に終始したのではないかと懸念する。「法王が女性の聖職者は認められないと言えば、大主教が小児性愛者の聖職者が問題だとやり返す。そんな不毛な話し合いだったのではないか」

 イギリスの最近の世論調査では、「神はいない」または「いるかどうか分からない」と答えた人が3割以上。不毛な神学論争をしている場合ではなさそうだ。

[2010年9月29日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

米新規失業保険申請3週連続で減少、労働市場の底堅さ

ビジネス

クリントン氏値下げ要請の医薬品、マイランが患者負担

ビジネス

段階的な米利上げ時期到来=カンザスシティー連銀総裁

ビジネス

全日空が一部国内便欠航へ、エンジン部品に不具合の恐

MAGAZINE

特集:世界が期待するTOKYO

2016-8・30号(8/23発売)

リオ五輪の熱狂は4年後の東京大会へ── 世界は2020年のTOKYOに何を期待するのか

人気ランキング

  • 1

    歯磨きから女性性器切除まで、世界の貧困解決のカギは「女性の自立」にある

  • 2

    イタリア中部地震、死者少なくとも159人 多くは休暇シーズンの観光客か

  • 3

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 4

    中国、月に有人基地建設を計画:強力レーダーで地球を観測

  • 5

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 8

    TPP推進派はもうオバマだけ

  • 9

    イタリア中部M6.2の地震で少なくとも6人死亡、建物損壊で住民が下敷きに

  • 10

    リオ五輪閉幕、ブラジルを待ち構える厳しい現実

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 3

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 6

    リオ五輪でプロポーズが大流行 「ロマンチック」か「女性蔑視」か

  • 7

    リオ五輪、英国のメダルラッシュが炙りだしたエリートスポーツの光と影

  • 8

    【動画】流血の男児映像が映し出す地獄とヒーロー

  • 9

    「ドーピング」に首まで浸かった中国という国家

  • 10

    NSAの天才ハッカー集団がハッキング被害、官製ハッキングツールが流出

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    日銀は死んだ

  • 5

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 6

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 7

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 8

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 9

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
Newsweek特別試写会2016初秋「ハドソン川の奇跡
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月