注目のキーワード
文字サイズ

最新記事

メディア

ネットに巣くう戦争ポルノの闇

Carnage.com

米軍の誤射でカメラマンが死ぬ映像が4月に公開されて衝撃を与えたが、この手の「衝撃映像」はいくらでも見られる。供給源は米軍そのものだ

2010年7月6日(火)15時08分
ジェシカ・ラミレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷

フェティシズムの一種 イラクの武装勢力メンバーが撃たれる瞬間を捉えた映像 youtube

 あまり鮮明な動画ではない。写っているのは3人のイラク人男性。米軍の攻撃ヘリに遠くから監視されていることに気付かないまま、そのうち2人は武器のようなものをいじっている。ヘリのパイロットに指令が下る。「奴らを撃て」

 30ミリ機関砲の音が響く。「(1人)仕留めた」。パイロットが言う。「もう1人も撃て」と、無線の声が言う。ダ、ダ、ダ、ダ、ダ。2人目の男が倒れる。

 3人目が隠れたトラックに砲弾が浴びせられ、はうようにして人影が現れる。「(もう一度)撃て」。無線の声がパイロットに命じる。砲撃が巻き起こした砂ぼこりが収まった後、地面には男の死体が転がっている──。

 イラクから約1万キロ離れたアメリカで、ネイト・Jはパソコン画面に映し出された映像に心を奪われた。06年のその日、彼は兵士や学者が言う「戦争ポルノ」の味を初めて知った。

 シールの印刷会社を経営するネイトは軍事マニア。だがイラク人3人が射殺されるこの動画は、テレビのミリタリー専門番組でも見たことがないものだった。「ワオ、という感じだった。こういう映像をもっと見たいと思った」

 願いはすぐかなった。今年4月、07年にイラクでロイター通信のカメラマンらが米軍に誤射されて死亡した瞬間の映像が公開され、多くの人に衝撃を与えた。実際には、この手の「戦争系衝撃映像」はYouTubeをはじめとする動画サイトでいくらでも見つかる。

 ネイト自身も今や、戦争や犯罪専門の動画共有サイト「ライブリーク・ドットコム」などに動画を800件以上アップロードしている(殺すという脅迫を受けているため名字は伏せてほしいと彼は希望した)。

 米軍が戦闘の模様を収めた映像をインターネット上で公開し始めたのは、アフガニスタンとイラクでの戦争がきっかけだった。前線と「銃後」の絆を強化することが目的だった。戦場の兵士も手持ちのカメラで動画を撮影し、無人偵察機が捉えた映像を個人的に入手するようになった。

 こうした動画を手にした民間人と兵士は同じことをやりだした。映像を編集してBGMを付け、ネット上で流通させ始めたのだ。

 現在、公開されている戦争ポルノ動画は数千件、視聴回数は膨大な数に上る。長い戦争の出口は見えてきたが、戦争ポルノを楽しむ人は増える一方。テレビゲームと同じく、この手の動画はハイテク戦争の最も残酷な側面を歪曲し、フェティシズムの対象に変える。

始まりはアブグレイブ

 戦争を捉えたイメージはこれまで、ロバート・キャパなど一部のプロの写真家によって撮影され、広められてきた。だが即時性の高いインターネットと安価な動画テクノロジーの普及で、今では誰もが目の前の情景を自分の視点で記録できるようになった。

「新しい傾向が生まれた」と、米ブラウン大学ワトソン国際問題研究所のジェームズ・ダーデリアン教授は言う。「写真と違って動画は内容をより正確に描写しているとの印象を与える。実際に正確であるかどうかにかかわらず、だ」

 研究者によれば、戦争ポルノの始まりはイラクのアブグレイブ刑務所で撮影された一連の捕虜虐待写真にさかのぼる。米軍女性兵士が裸のイラク人男性を犬のように従えた画像はイラク戦争を象徴するイメージになった。

 この事件の後、氾濫が始まった。米軍兵士の中には、戦争ポルノを通常のポルノを手に入れる「貨幣」として使う者も現れた。

最新ニュース

ビジネス

米国株3日続伸、エネルギー株がけん引

2014.12.20

ワールド

「サイバー攻撃は北朝鮮の犯行」、オバマ氏が対抗措置表明

2014.12.20

ビジネス

ドル指数が約8年半ぶり高水準、金融政策かい離受け=NY外為

2014.12.20

ビジネス

ECB国債買い入れ、ぜい弱な国に準備積むよう求める案検討

2014.12.20

新着

映画

ルコント久々の大人の恋愛物語『暮れ逢い』

20世紀初頭のドイツを舞台に、若妻と青年の恋を描いたパトリス・ルコント監督に聞く 

2014.12.19
安全保障

「アジアはアジアで守る」中国・脱アメリカ宣言の思惑

地域安全保障の主導権をアメリカから取り戻すという名目でアジアでの覇権を狙う中国の危険な構想 [2014.12.16号掲載]

2014.12.19
イスラム過激派

アルカイダは「ISISを容認せず」 

アルカイダ系で最大の組織の指導者が、斬首の撮影と拡散は邪道とISISを非難したが [2014.12.23号掲載]

2014.12.19
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2014.12.23号(12/16発売)

特集:首脳の成績表

2014.12.23号(12/16発売)

民主化の旗手から外交の達人、苛酷な独裁者まで
世界のリーダーたちの資質と実績を徹底分析

ウラジーミル・プーチン 独特のカリスマも強硬策が裏目

アンゲラ・メルケル 「緊縮の鬼」は実はきまじめな慎重派

デービッド・キャメロン 貴族宰相が冷笑を買うトラブルメーカーに

バラク・オバマ 強力な指導力を発揮し始めた「弱腰大統領」

専制政治 懲りない独裁者7人の明暗

習近平 汚職狩りでは剛腕も外交は場当たり的?

ナレンドラ・モディ 実は民生重視で外交上手な人気宰相の秘密

安倍晋三 得意の外交で存在感見せるが内政は留守がち?

■おしゃれ ファッションリーダーは誰?

レジェップ・タイップ・エルドアン 独裁色強める中東のキーパーソン

フランソワ・オランド 経済立て直しが進まぬうち女性問題が浮上

テイン・セイン 開放路線は成功したが、民主化は道半ば

エンリケ・ペニャ・ニエト 治安問題でただいま支持率急落中

トニー・アボット アジア外交で成果、環境政策には非難が

ハサン・ロウハニ 核協議再開も国民の締め付けは緩めず

■夫人 ファーストレディー世界一は誰?

朴槿恵 レームダック化避ける秘策は財閥へのくさび

マッテオ・レンツィ 結果を出せない「若き改革者」

新興国 不安な5カ国の舵取りは

■中東 出口なき泥沼から抜け出せるか

雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:首脳の成績表

2014-12・23号(12/16発売)

民主化の旗手から外交の達人、苛酷な独裁者まで
世界のリーダーたちの資質と実績を徹底分析

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    ルーブル危機でロシア経済はもう手遅れ

    危機回避にはウクライナ問題で譲歩して欧米の制裁を解…

  2. 2

    アマゾンで買わないクリスマス

    低賃金で従業員をこき使う「ブラック企業」ぶりに、ボ…

  3. 3

    水責めだけじゃないCIAの拷問法

    米上院委員会の報告で明らかになった、テロ容疑者への…

  4. 4

    原油安はエコカー神話の終わりの始まり?

    テスラの株価急落に消費者の「ガソリン車回帰説」…

  5. 5

    米ロの軍事「スター・ウォーズ」第2章

    宇宙での武器使用を制限しようとするロシアと、それに…

  6. 6

    この程度の民主化なら国名をビルマに戻せ

    野党のスー・チーを大統領選から締め出し、少数民族の…

  7. 7

    黒人差別を語れないオバマのジレンマ

    アメリカ初の黒人大統領は、なぜ黒人青年射殺事件であ…

  8. 8

    熾烈、オーストラリア版テロとの戦い

    ISISとの関連も疑われる人質立てこもり事件はオー…

  9. 9

    チキンレースに賭けたOPECの大誤算

    原油価格の急落に耐えてシェアを守り、シェールオイル…

  10. 10

    原油下落でベネズエラが大ピンチ

    原油価格の下落に歯止めかからず、ベネズエラのデフォ…

  1. 1

    企業秘密だけじゃない、ソニーがハッカー攻撃で失ったもの

    ソニーのハッキング事件が面白いことになってきた。…

  2. 2

    与党圧勝を、アメリカはどう見ているのか?

    解散の際には「その意味」を東京発で必死に説明して…

  3. 3

    55年体制に回帰した政治の本当の争点

    総選挙では与党の勢力がほとんど変わらず、「第三極…

  4. 4

    原油暴落でアベノミクスは死んだが日本経済は生き返る

    原油価格が暴落している。特に11月27日のOPE…

  5. 5

    ピケティ的な格差は日本でも拡大するか

    世界中でベストセラーになったトマ・ピケティの『2…

  6. 6

    スパイ組織CIAが陥った「腐敗」

    今月9日に米上院情報特別委員会が公表した、ブッシ…

  7. 7

    景気後退でも与党が圧勝する日本の構造問題

    戦後最低の52・66%という投票率については、要…

  8. 8

    蔓延するヘンな英語用法に異議あり!

    年寄りはいつも、若者のマナー低下を嘆く投書を書い…

  9. 9

    人種対立暴動の背景にある3段階の差別とは

    ミズーリ州ファーガソンでの白人警官による黒人少年…

  10. 10

    小選挙区制は「政治改革」だったのか

    河野洋平氏(元自民党総裁)は25日、憲政記念館で…

  1. 1

    原油安で地政学的緊張高まる可能性=英中銀報告

    イングランド銀行(英中央銀行)は16日、原油安で…

  2. 2

    中国当局、家族が海外移住の官僚1000人を降格

    新華社通信によると、中国の当局は腐敗官僚の取り締…

  3. 3

    タリバン学校襲撃で生徒ら130人超死亡、マララさん悲しみの声明

    パキスタン北西部カイバル・パクトゥンクワ州ペシャ…

  4. 4

    イランが米企業へのハッカー攻撃を計画、FBIが注意呼びかけ

    米連邦捜査局(FBI)は、イランが高度なハッカー…

  5. 5

    ルーブル流動性ひっ迫、ロシア中銀が外貨スワップ規模引き上げ

    ロシア中銀は19日、同日の外貨スワップの規模を2…

  6. 6

    焦点:与党圧勝で政界は「安倍一強」へ、首相が直面する積み残しの課題 

    14日投開票の衆院選で、自民・公明の与党が圧勝し…

  7. 7

    原油価格下落は一時的、生産削減難しい=サウジ石油相

    サウジアラビアのヌアイミ石油鉱物資源相は、現在の…

  8. 8

    焦点:安倍政権は予算編成加速、歳出絞り込みが財政再建の試金石

    師走の衆院選は、自民党の圧勝に終わった。安倍晋三…

  9. 9

    シドニー立てこもりで警官が突入、人質2人と容疑者死亡

    オーストラリア最大都市シドニー中心部のカフェで1…

  10. 10

    焦点:ルーブル危機、「プーチン帝国」崩壊への序曲か

    ロシアの通貨ルーブルは16日に急落、本格的な通貨…

ニューズウィーク日本版2015冬特別試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE-World Affairs

  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月