最新記事

オリンピック

米軍がソチ五輪のテロ対策に軍艦派遣

US Warships Arrive in Black Sea to Keep an Eye on Sochi Olympics

アメリカ人選手の安全をテロから守る使命を帯びた軍艦2隻が黒海に到着

2014年2月6日(木)15時36分
デービッド・トリフノフ

 ソチ冬季オリンピックの開幕を2日後に控えた2月5日、米海軍の軍艦2隻がソチに近い黒海に配備された。

 配備されたのは、揚陸指揮艦マウント・ホイットニーとフリゲート艦テイラー。国防総省によれば、テロなどの緊急時にソチに滞在するアメリカ人の救出活動などを支援するという。

 マウント・ホイットニーは通信やデータ解析の面で極めて高度な機能を有している。いわば軍艦版の米国家安全保障局(NSA)といった存在で、同軍艦のサイトにも「コミュニケーション機能では他の追随を許さない」と書かれている。一方のテイラーはミサイル搭載の水上戦闘艦だ。

 米国家テロ対策センターのマシュー・オルセン長官は2月4日、アメリカとロシアが協力して、ソチ五輪を狙った「多くの具体的な脅威」を監視していると米下院で証言した。なかでも最大の脅威は、ソチのある北カフカス地域でのイスラム国家建設を目指し、テロ予告を繰り返している武装組織「カフカス首長国」だという。

 さらに、五輪のスポンサー企業を狙ったハッキングなどのサイバーテロの可能性も指摘されている。

 選手たちへのケアも必要だ。米当局はアメリカ人選手に対し、ソチ滞在中はセキュリティ対策が万全なエリア内に留まることよう要請。万が一エリア外に出る際には、米選手団のユニフォームを着用しないよう注意を促した。「アメリカ人の五輪選手だということを五輪会場の外でアピールする必要はない」と、ある国務省高官は語っている。

From GlobalPost.com特約

ニュース速報

ビジネス

FRBトップにパウエル・テイラー両氏、トランプ氏が

ビジネス

神鋼に外部調査委設置指示、経産省「信頼性根本から損

ビジネス

神戸製鋼、不正発覚を隠蔽 数社からコスト負担請求も

ワールド

スペイン政府、カタルーニャ州で1月に選挙実施方針=

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 2

    「新時代の中国」は世界の人権を踏みにじる

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    トランプの強気が招く偶発的核戦争

  • 5

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 6

    【セックスロボット】数年以内に「初体験の相手」と…

  • 7

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 8

    北朝鮮、オーストラリア議会などに書簡「米国からの…

  • 9

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 10

    ケリー首席補佐官が初会見で語った、北朝鮮とトランプ

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 3

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

  • 4

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 7

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 8

    自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

  • 9

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 10

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月