最新記事

アメリカ政治

オバマケア憎しで米政府閉鎖

House Republicans Push US Toward Government Shutdown

ついに政府閉鎖を招いた民主・共和両党の醜い争いの舞台裏

2013年10月1日(火)17時08分
サラ・ウルフ

 アメリカ連邦議会では先週から今週にかけ、2014会計年度(13年10月〜14年9月)の暫定予算案をめぐる議論と非難の応酬が続いていた。だが30日までに与野党の溝が埋まることはなく、10月1日に政府機関が一部閉鎖される事態となってしまった。

 議論の争点は、バラク・オバマ大統領が進めてきた医療保険改革(オバマケア)だ。29日にはオバマケアの1年延期を盛り込んだ予算案を共和党が多数を占める下院が可決したが、民主党が多数を占める上院はこれを否決。共和党議員で下院議長のジョン・ベイナーは「あっけにとられるほど傲慢」と非難した。

 争いはそれ以前から繰り返されていた。下院がオバマケア関連予算を除外した予算案を可決すれば、上院は27日にこれを否決してオバマケア予算を復活させる予算案を可決。29日に下院を通過したオバマケアの1年延期という予算案について上院は、最初から拒否する姿勢を明らかにしていた。

 結局は「どちらが先に折れるか」という問題だったのだが、政府閉鎖というタイムリミットまでに民主党と共和党が歩み寄ることはなかった。

 民主党からすれば、30日にオバマケアを復活させる予算案を上院が再び可決した時点で、1996年以来初めての政府閉鎖という事態を招くか、妥協するかの選択を、下院の共和党側に委ねた形だった。一方の共和党は政府閉鎖になっても、責任は自分たちではなく、民主党側にあると主張した。

「政府閉鎖になったとしても、責任は(民主党の)ハリー・リード上院院内総務の絶対主義的な姿勢にあり、それはアメリカ国民を人質にとるような行為だ」と、共和党の反オバマケアの急先鋒、テッド・クルーズ上院議員はインタビューで語った。リードは「譲歩するつもりも、議論をするつもりもない。オバマケアへの予算は何があっても100%確保するつもりで、政府閉鎖もやむなしという考えだ」。

 クルーズは上院で先週開かれていた集中審議の中で、合計21時間にもわたってオバマケアを中傷し続け、その内容は世界中で報じられた。だが29日の時点では、クルーズもほかの共和党議員たちも、政府閉鎖を招くまで妨害的な行動を続けるつもりかどうかは明言しなかった。

 実は現在の与野党の対立は、さらに重大な争いの前触れでしかない。オバマ政権は、16兆7000億ドルという現在の連邦政府債務の上限額を引き上げる考えだが、これにも共和党は反対している。

 10月半ばまでにこの問題が解決しなければ、アメリカ政府が不渡りを出す事態を引き起こす可能性がある。それによってもたらされる米経済の機能不全と世界経済への衝撃は、今回の政府閉鎖をはるかに上回るものとなるだろう。

From GlobalPost.com特約

ニュース速報

ビジネス

ムーディーズ、英格付けを「Aa2」に引き下げ EU

ビジネス

米12月利上げに予断なし、低インフレをなお懸念=ダ

ワールド

北朝鮮、水爆実験強硬なら分水嶺 米国は深刻に受け止

ワールド

OPEC内外の閣僚監視委、減産延長巡る決定時期で意

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 3

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 4

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    日本はなぜここまで教育にカネを使わないのか

  • 7

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 8

    ラットの頭部移植に成功 年末には人間で?

  • 9

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 4

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 5

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 6

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 7

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 8

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 9

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 10

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月