最新記事
投資

不動産オーナー調査で見えた、開始すべき時期、他の投資にない「特権」、駅遠物件の価値

2023年3月22日(水)17時50分
毛利英昭(株式会社リンクス 代表取締役)
日本のマンション(イメージ画像)

K2_keyleter-iStock

<投資を実施している不動産オーナー160名へのアンケート調査の結果で分かった不動産投資の実態と、始めるにあたって心掛けるべきこととは?>

コロナ禍やロシアのウクライナ侵攻を背景に、エネルギー資源の供給不足によりエネルギー価格や食料価格が上昇しています。世界的な先行きの不透明感とともに、本格的なインフレ時代に突入し、何もしなければ、資産が目減りする時代になっています。また、アメリカの巨大IT企業が立て続けに大規模リストラを発表し、雇用環境は転換期を迎え、国内では年金・健康保険制度についても、将来、構造的な見直しが必要になると思われます。将来を見据えると積極的に資産を守る対策が必要な時代になっています。

不動産投資を始める最適なタイミングとは?

インフレにより、家計に影響が見えてきた今、資産を守る対策として新たに投資を検討する人も増えているのではないでしょうか。「不動産投資を始めたい」という声も増えていますが、検討者からの質問に多いのは「始めるのはいつが良いか」ということです。

答えは「探し始めるタイミングは今」です。

漠然と結婚したいと思っていても相手がいないと結婚できないことと同じように、不動産投資をしたいと思っても、物件がないと買えません。

特に現在は、新築中古ともに、物件を買いたくても買えない時代になっています。自分が欲しい物件が未来にあるかどうかはわからない。不動産は結婚と同様に、縁のものと言われます。投資をしたいと思った今から探し始めなければ良い物件とは出会えません。

物件の価格が下がるまで待つべきか

株式投資と同じように不動産も下がることを待ってから買おうと思う気持ちがあるのではないでしょうか。しかし、新築物件の供給が少なくなっていることもあり、条件の良い物件の価格は下がることがなく、物件によっては上がる可能性もあります。

価格以上に大切なことは投資を始める年齢が若いことです。10年後の年収が2倍になっていても、そのときは今より10歳年を取っているため、ローンを組める年数が短くなったり、何より物件価格が上がったりする可能性もあります。

以前、不動産投資を実施している現オーナー160名に「不動産投資をいつ始めるべきか」の調査をした結果、不動産投資を実際に始めた年齢は 30代が最多でしたが、5割のオーナーが「始めるべき年齢」は 20代、4割が30代と回答しています。

20代で開始すべき理由として「若いうちから資産形成やお金のことを理解・把握していることに越したことはない」「早く始めることができれば、可能な限りレバレッジを利かせられる」「20代で始めれば繰り上げ返済しなくても定年時にローン完済できるため。早ければ早い方が良い」という点が挙げられました。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:米ロが中距離兵器を再配備、中国巻き込み軍

ワールド

アングル:中国、ビザなし渡航で観光客増加 コロナ前

ワールド

ハリス氏、民主党の勝利確約 大統領選 大口献金者と

ワールド

世界的システム障害、復旧になお数日か 米政権も調査
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 5
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 6
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 7
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 8
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 9
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 10
    米副大統領候補バンス氏「ウクライナをプーチンに引…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 6
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 7
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 8
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 9
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中