最新記事
セレブ

ブラピ&アンジーの15歳娘、「パパそっくり」と話題も父の日に「ピット姓」名乗らずネット騒然

2024年6月18日(火)20時25分
千歳香奈子
ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー

ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー(2009年5月、仏カンヌ) Denis Makarenko-Shutterstock

<米演劇界で最高の栄誉とされるトニー賞授賞式に母アンジェリーナ・ジョリーと出席した15歳の娘ヴィヴィアン。写真を見たネットユーザーから「小さなブラピ」と感想が寄せられるも、プログラムにピット姓は記されておらず>

アンジェリーナ・ジョリーが、16日にニューヨークで開催された米演劇界で最高の栄誉とされるトニー賞授賞式に愛娘ヴィヴィアンを伴って出席。父ブラッド・ピットの姓を名乗るのを止めたことが報じられて話題のヴィヴィアンが、父の日に当て付けのように母親と手を繋いでレッドカーペットを歩き、レアな母娘ツーショットで仲良しぶりをアピールした。

【写真】「パパそっくり」「小さなブラピ」と言われる15歳の娘ヴィヴィアン...母アンジーとのリンクコーデで話題に

ティールグリーンのベルベットドレスを纏ったアンジェリーナとまるでペアルックのような同系色のベストと蝶ネクタイ、パンツに白いシャツとスニーカーを合わせたボーイッシュな装いでリンクコーデを披露したヴィヴィアンだったが、ネットでは「パパにそっくり」「小さなブラッド・ピット」との声が上がっている。

この日の授賞式では、12部門にノミネートされていたアンジェリーナがプロデューサーを務める『The Outsiders』が、ミュージカル作品賞など4部門を受賞。アシスタントとして共同プロデューサーに名を連ねるヴィヴィアンも、15歳で初のトニー賞を手にした。

しかし、奇しくもこの日は父の日だったことから、「父親を軽視」「授賞式だけが父の日を祝わなかった理由ではない」などとメディアを賑わせ、父の日を無視したと世間をざわつかせている。

作品プログラムには「ヴィヴィアン・ジョリー」と記載

2019年に離婚したブラッドとアンジェリーナの間には3人の養子を含む6人の子どもがいるが、そのほとんどと父子関係は断絶状態にあると伝えられている。これまでブラッドとの関係があまり報じられていなかったヴィヴィアンも、この作品のプログラムにピット姓を消して「ヴィヴィアン・ジョリー」と記していることが明らかになり、話題を呼んだ。

2016年にアンジェリーナが離婚を申請して以降、親権を巡って泥沼裁判を繰り広げてきた2人だが、すでに4人が成人を迎え、残る未成年は双子のヴィヴィアンとノックスだけとなった。

姉シャイロは18歳の誕生日を迎えた5月27日に自ら弁護士を雇い、法的にピット姓を外す申請を裁判所に行っている。その直後に追い打ちをかけるようにヴィヴィアンもピット姓を削除したことで、ブラッドは心を痛めていると伝えられている。

氏名変更の理由は不明だが、父親の飲酒問題や離婚の原因となったブラッドの家庭内暴力(DV)、長引く離婚裁判の影響などが取り沙汰されている。ヴィヴィアンは現時点で、法的な変更手続きは行っていないが、父親と決別する意思を固めているのは間違いなさそうだ。

今年も子どもたちから祝ってもらえず、一人寂しく父の日を迎えたブラッドには同情の声もあり、「酒を断った今、子どもたちが父親を許し、壊れた関係を修復するために協力してくれることを願っている」とエールも寄せられている。

[筆者]
千歳香奈子
北海道・札幌市出身。1992年に渡米し、カリフォルニア州サンタモニカ大学で写真を学ぶ。96年アトランタ五輪の取材アシスタントとして日刊スポーツ新聞社アトランタ支局に勤務。ロサンゼルス支局、東京本社勤務を経て99年よりロサンゼルスを拠点にハリウッドスターら著名人へのインタビューや映画、エンターテイメント情報等を取材、執筆している。日刊スポーツ新聞のサイトにてハリウッド情報や西海岸のトレンドを発信するコラムも寄稿中。著書に『ハリウッド・セレブ』(学研新書)。

2024071623issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年7月16日/23日号(7月9日発売)は「まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50」特集。万引大国アメリカ、月にクマムシ、ウクライナでワインツーリズム、欧州アフリカ海底鉄道…… PLUS クイズ50

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:スペインで住宅不足深刻、観光ブームも追い

ワールド

焦点:「奇跡」と希望:インド転倒事故で浮き彫りにな

ワールド

北朝鮮、NATO首脳会談での宣言を「最も強く非難」

ワールド

バイデン大統領夫人、パリ五輪開会式に出席へ=ホワイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 2
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 3
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 4
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 5
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 6
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 7
    「よく知った人なのに誰だかわからない」──NATO首脳…
  • 8
    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…
  • 9
    和歌山カレー事件は冤罪か?『マミー』を観れば死刑…
  • 10
    南シナ海で睨みを利かす中国海警局の「モンスター船…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 5
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 6
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 7
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 8
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 9
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 10
    ウクライナ「水上ドローン」が、ロシア黒海艦隊の「…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 8
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 9
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 10
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中