最新記事
SNS

SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイジェリアの少年」...経験した偏見と苦難、そして現在の夢

Keep Your Dreams!

2024年5月18日(土)11時16分
アンソニー・マドゥ(バレエダンサー)
ドキュメンタリー映画『マドゥ バレエ少年の夢』

英国のバレエ学校で練習に励む(映画『マドゥ バレエ少年の夢』より) DISNEY

<雨の中で裸足でバレエを踊る動画がSNSでバイラルになった、ナイジェリア版『リトル・ダンサー』の輝ける未来>

私が踊りに夢中になったのは、ナイジェリアに住んでいた5歳くらいのときだ。とにかく踊ることが好きだった。バレエを初めて見たのは、母のスマートフォンで、いろいろな踊りの動画を見ていたときだ。すごくかっこよくて、まさに私がやりたい踊りだと思った。そこでバレエ教室に行ってみたらとても楽しかったので、続けることにした。

■【動画】SNSで大きな話題になった「雨の中でバレエを踊る」マドゥの動画/映画化された『マドゥ バレエ少年の夢』

2020年6月、雨の中でバレエを踊る私の動画がソーシャルメディアでバイラルになるまで、私の日常はごく平凡なものだった。相変わらず踊りに夢中で、放課後と週末はバレエ教室に通っていた。

あの動画は偶然撮影されたものだ。あの週はとても忙しかったから、レッスンは休もうと思っていた。でも、やることもなくて退屈だったから、やっぱり行くことにした。

教室の外で練習をしていたら、ちょっと録画しようということになった。それを先生がインスタグラムに投稿したところ、世界中に拡散されることになった。全く予想外のことで、私も家族も友達もびっくりしたけれど、母がとても誇りに思ってくれていることは分かっていた。

やがて、英バーミンガムにあるエルムハースト・バレエスクールで、本格的にバレエを学べることになった。踊りは楽しかったけれど、家族と離れて暮らすのは大きな変化だった。天気もナイジェリアとは大きく違った。

「男がバレエをする」ことへの批判や偏見を乗り越えて

当初は家族が恋しくて、しょっちゅうメッセージを送ったり、電話をかけたりしていた。でも、寂しいからといって落ち込まないように努力した。「しっかりしろ。バレエをやるためにここに来たんだろう。ずっとやりたかったこと、自分で選んだことじゃないか。それに(大きな変化に)うまく対処しているぞ」と、自分を奮い立たせてきた。

幸い、私はとても良い人たちに囲まれている。2学年上のアンドレは仲の良い友達で、私がホームシックになったときはいつも助けてくれる。ただ非常に難しいのは、ネガティブなコメントに耳を貸さないようにすることだ。

バレエを始めたとき、多くの人がけげんな顔をした。バレエなんて男がやることではないし、特にナイジェリアではあり得ないというのだ。学校の友達も、私と話をしてくれなくなった。そのせいで、自分はどこかおかしいのではないか、バレエをやめるべきなのかと思った時期もあった。とても孤独だった。

でも、母が私の味方をしてくれた。いつも私を励まし、ずっとやりたかったことなのだから、いま諦めてはいけないと言ってくれた。だからなんとか立ち直ることができた。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

中国「618」セール盛り上がり欠く、期間延長も財布

ワールド

中国の自動車メーカー、EU車への報復関税要請=環球

ビジネス

5月訪日外国人、19年比9.6%増 3カ月連続30

ビジネス

英CPI、5月は前年比+2.0%に鈍化 21年以来
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中