最新記事
K-POP

NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親会社HYBEが監査、ミン・ヒジン代表の辞任を要求

2024年4月22日(月)18時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
NewJeans

NewJeans、5月のカムバックは無事に行われるのか? Lee Young Ho/Sipa USA via Reuters Connect

<世界的に活躍するガールズグループの今後はどうなる?>

昨年夏、アップルiPhoneのCMに「ETA」が起用されグローバルな大ヒットとなったK-POPガールズグループNewJeans。5月下旬には久しぶりのオリジナル曲リリースでカムバックすることが予告され、それと同時に日本デビューも発表された彼女たちに突如として赤信号が灯った。所属事務所が監査を受け、代表のミン・ヒジンに辞任が要求されたのだ。韓国日報、韓国経済など韓国メディアが報じている。

【動画】NewJeansミンジが出演した韓国選挙広報CM

親会社HYBEが突然監査と代表の辞任要求

報道によると、NewJeansの所属会社アドア(ADOR)経営陣に対して親会社のハイブ(HYBE)が突然監査に着手した。ハイブは、アドアのミン·ヒジン代表らがハイブから独立する動きを見せたとして、監査権を発動した。

22日、音楽業界関係者によると、ハイブは同日午前、アドアのミン·ヒジン代表や同社経営陣の財務担当A氏などに対して監査を開始。ハイブは、A氏らが経営権を握り、投資誘致目的で社外秘の契約書などを流出するなど不法な試みがあったとして、証拠収集に乗り出したという。監査チーム所属のスタッフが、アドア経営陣の業務エリアを訪れ、会社のPCを回収。また関係者に対する対面でのインタビューに乗り出したという。これと同時にハイブ側は、アドア理事陣を相手に株主総会招集を要求する一方、ミン・ヒジン代表に対して辞任を要求する書簡も発送した。

アドアの理事陣たちは、ミン・ヒジン代表がSMエンターテインメント在職時代から親しくしていた側近として知らている。そのためアドア経営陣が株主総会招集要求に応じるかどうかは未知数だ。ハイブ側は、アドア側が株主総会の招集を拒否する場合、法的措置に乗り出す見通しだという。

ハイブ関係者はこの日、報道からの問い合わせに対し「アドア経営陣に対して監査権が発動されたことが事実だ」と伝えた。

音楽業界関係者によると最近、アドアのミン・ヒジン代表が、NewJeansとともに独立を準備中だという噂が流れ、経営権奪取説も浮上していた。それによると、ミン·ヒジン代表はハイブからの独立を模索し、投資家などと協議しハイブ所有のアドア株を買い入れる方法を探したという。

その過程で、ミン·ヒジン代表はハイブの内部情報まで入手。ハイブ出身のA氏を利用して非公開文書を横領した嫌疑がかかっている。

ハイブはすでにミン·ヒジン代表の不正行為の証拠を複数収集したものとされ、さらに社内パワハラなどに対する情報提供も入っていると伝えられている。

少女時代からNewJeansまで育てたミン・ヒジンはどうなる?

ミン・ヒジン代表が2021年に設立したハイブ傘下のレーベルであるアドアは、ハイブの持分率が80%、残りの20%はミン代表などアドア経営陣が保有している。アドアには現在NewJeansが所属しているほか、今後デビューする予定のボーイズグループの練習生らがいる。

現在活動しているグループがNewJeansだけではあるものの、K-POPを越えて世界的な大ヒットとなっているため、アドアへの監査着手、さらにミン・ヒジン代表への辞任要求というニュースは、BTSやLE SSERAFIMなど人気K-POPアイドルを擁するハイブの株価にも大きな影響を及ぼしている。今回の騒動が伝わるとハイブの株価は7%以上暴落した。韓国取引所によると、ハイブの株価は同日、前取引日対比7.81%(1万8000ウォン)下落した21万2500ウォン(約23,852円)で取引を終えた。 このような株価下落で、ハイブの時価総額は7,498億ウォン(約841億円)蒸発した。これはYGエンターテインメントの時価総額(8,187億ウォン)に匹敵する金額だという。

ミン・ヒジン代表は、かつてSMエンターテインメントで少女時代、SHINee、EXOなどのアイドルグループのコンセプトとブランディングを担当し、独創的なクリエイティブでアーティストたちを育て上げたスタークリエイターだ。彼女はBTSの生みの親であるパン・シヒョクに招かれてハイブに移籍した後、同社新社屋の空間ブランディングとデザインも担当。その後、新レーベル・アドアの代表に就任し、自らの陣頭指揮の下でNewJeansをデビューさせた。

NewJeansは2022年登場と同時に「Hype Boy」「Attention」「Ditto」「OMG」等、相次いでヒット曲を出し、韓国国内で各種音楽授賞式で大賞を受賞したのはもちろん、米国ビルボードメインアルバムチャート「ビルボード200」の1位を記録するなど、世界的に人気を集めている。

それだけに今回のハイブによるミン・ヒジン代表の辞任要求は、NewJeansの今後の活動にも大きな影響を与えるのではないかと懸念の声が上がっている。NewJeansは5月24日と6月21日にそれぞれ韓国と日本でダブルシングルを発売し、6月26・27日に東京ドームでファンミーティングを開催する計画になっていた。

*一部情報を追加しました(2024年4月22日18時時30分)

20240528issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年5月28日号(5月21日発売)は「スマホ・アプリ健康術」特集。健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

英CPI、4月は前年比+2.3% 予想ほど鈍化せず

ビジネス

中国人民銀、5月の融資拡大を金融機関に指示=関係筋

ビジネス

新発10年国債利回り1.0%に上昇、日銀正常化なら

ビジネス

S&P、ソフトバンクGの長期格付けを「BB+」に引
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「目を閉じれば雨の音...」テントにたかる「害虫」の大群、キャンパーが撮影した「トラウマ映像」にネット戦慄

  • 4

    9年前と今で何も変わらない...ゼンデイヤの「卒アル…

  • 5

    ベトナム「植民地解放」70年を鮮やかな民族衣装で祝…

  • 6

    高速鉄道熱に沸くアメリカ、先行する中国を追う──新…

  • 7

    服着てる? ブルックス・ネイダーの「ほぼ丸見え」ネ…

  • 8

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    「韓国は詐欺大国」の事情とは

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 4

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 10

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 8

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 9

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中