最新記事

セレブ

ハリー・スタイルズ、激写されたエムラタとの路チューに「キスが下手...」とファンの声

2023年3月31日(金)15時20分
千歳香奈子
ハリー・スタイルズとエミリー・ラタコウスキー

ハリー・スタイルズ(左)とエミリー・ラタコウスキー From Left:Debby Wong-shutterstock, Ron Adar-shutterstock

<ハリウッド界で随一の「モテ女」エミリー・ラタコウスキーとの熱いキスが渋谷の路上でパパラッチされたハリー・スタイルズ。多くのファンが悲しむ一方、キスが下手だと残念がる声も>

グラミー賞最優秀アルバム賞に輝いた『ハリーズ・ハウス』を引っ提げて約5年ぶりとなる来日公演を3月24日と25日に有明アリーナで行ったハリー・スタイルズが、都内でエミリー・ラタコウスキ―との路チューがパパラッチされて話題だ。

英大衆紙デイリー・メールが、路上に停めてあるバンの前で人目も憚らずに何度もキスを交わす2人を激写。モテ男ハリーが、ハリウッド界きってのモテ女エミリーと熱いキスを交わしていたとあり、ロマンスの行方に関心が集まっている。

精神崩壊するファンもいる一方で...

ハリーは映画『ドント・ウォーリー・ダーリン』の撮影がきっかけで交際に発展したオリヴィア・ワイルドと約2年の交際の末、昨年11月に破局。一方のエミリーはバレンタインデーにコメディアンのエリック・アンドレと全裸の2ショットをSNSに投稿して交際宣言か?!と話題になったばかりで、ノーマークのハリーとのキスにネットが騒然となった。

ハリーのファンたちは、「息ができない」「どういうこと?」「ハリーとエミリーのキスで夜中の3時に精神が完全崩壊した。これから私に話しかける時は気をつけて」とショックを隠し切れず、「エミリー・ラタコウスキ―とデートしているの?私たち結婚すると思っていたのに」と嘆く女性もいる。

悲しみに暮れるファンが続出する一方、「ハリーはキス下手」というネタでも盛り上がっている。エミリーに手で顔を押さえられ、口を大きく開けて舌を絡め合うようにキスする姿に、「彼の歴史の中で最もぎこちないキス。ハリーは何の努力もしていない」と残念がる声も。

【動画】「下手」「ぎこちない」と言われるハリー・スタイルズのキス

また、「キスが下手だったことで私の脳内化学物質が良い方向に変わった。これを処理することができない」「ハリーはキスが下手かもしれないと分かってがっかり」「ハリーのキスが下手だと知ったのは、テロ攻撃を受けたようなもの」と落ち込むファンもいる。

さらにハリーが受け身のようにも見えるキスについて、「下手なのではなく、エミリーに興味がなかったのではないか」と持論を展開するファンもおり、「彼女とキスがしたくなかったのでは?」との声も上がっている。

元カノ・オリヴィアとエミリーの関係

2人は以前からの友人だと言われているが、報道をきっかけにハリーがかつてエミリーに恋心を抱いているとインタビューで告白していたことも掘り起こされている。また、エミリーは元カノのオリヴィアとも知り合いで、2週間ほど前にもアカデミー賞のアフターパーティーで一緒に過ごす様子が目撃されていたと複数のメディアが伝えており、キスを謝罪して許しを請うているとの報道もある。

ハリーは騒動後も日本滞在を楽しんでいるようだが、このままロマンスに発展してビッグカップルが誕生するのか世界中が固唾を呑んで見守っている。

[筆者]
千歳香奈子
北海道・札幌市出身。1992年に渡米し、カリフォルニア州サンタモニカ大学で写真を学ぶ。96年アトランタ五輪の取材アシスタントとして日刊スポーツ新聞社アトランタ支局に勤務。ロサンゼルス支局、東京本社勤務を経て99年よりロサンゼルスを拠点にハリウッドスターら著名人へのインタビューや映画、エンターテイメント情報等を取材、執筆している。日刊スポーツ新聞のサイトにてハリウッド情報や西海岸のトレンドを発信するコラムも寄稿中。著書に『ハリウッド・セレブ』(学研新書)。

20240618issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年6月18日号(6月11日発売)は「姿なき侵略者 中国」特集。ニューヨークの中心やカリブ海のリゾート地で影響力工作を拡大する中国の「ステルス侵略」

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

再送-イスラエル、ガザ南部で軍事活動を一時停止 支

ワールド

中国は台湾「排除」を国家の大義と認識、頼総統が士官

ワールド

米候補者討論会でマイク消音活用、主催CNNが方針 

ワールド

米石油・ガス掘削リグ稼働数、22年1月以来の低水準
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中