最新記事

ニュースデータ

「リケジョ」を育てる気がない日本の教育現場

日本の女子は中等教育の段階で理数系教科のやる気をくじかれる

2015年12月15日(火)17時00分
舞田敏彦(教育社会学者)

見えない壁 理数系教科の学力の男女差は社会的なジェンダーの問題だ Wavebreak-iStock.

 男子学生と女子学生には、教科の好き嫌いに違いがある。一般に男子の方が女子より理数教科を好む傾向がある。最近の調査結果によると、中学校2年生で数学が得意な男子は35.3%、女子は18.9%。理科が得意な男子は36.5%、女子は16.4%といずれも約20ポイントも違っている(国立青少年教育振興機構『青少年の体験活動等に関する実態調査』2014年3月)。

 それでは客観テストで測る理数系の学力ではどうだろうか。OECDの国際学力調査『PISA 2012』によると、日本の15歳生徒の数学的リテラシーの平均点は男子が545点、女子が527点、科学的リテラシーは男子552点、女子541点だった。両方とも男子の方が少し高い。

 上の調査に関する文科省のレポートでは、こうした男女の学力差にあまり関心を払っていない。女子の脳は男子に比べて理系向きではない、という説もあるくらいだから、身体の男女差と同じレベルで捉えているのかもしれない。

 しかし、実は理数系学力の男女差は社会によって大きく異なっている。主要国の男女の理数系リテラシーの平均点をみると<表1>のようになる。

maita151215-chart01.jpg

 日本と同様に「男子>女子」のケースが多いが、アメリカとフランスでは科学的リテラシーの平均点は女子のほうが高い。北欧のスウェーデンでは、両方とも男子より女子の平均点が高くなっている。女性の社会進出が進んでいるお国柄を反映しているようで興味深い。男子の方が理数系の学力が高いという日本の常識は、普遍的な事実ではない。

ニュース速報

ワールド

インド軍潜水艦の情報流出、安全脅かすリスクない=仏

ワールド

トランプ氏にヒスパニック組織が抗議、過激発言に「深

ビジネス

全国7月消費者物価は0.5%低下、3年4カ月ぶりマ

ビジネス

FRB内で景気過熱の問題を討議=フィッシャー副議長

MAGAZINE

特集:世界が期待するTOKYO

2016-8・30号(8/23発売)

リオ五輪の熱狂は4年後の東京大会へ── 世界は2020年のTOKYOに何を期待するのか

人気ランキング

  • 1

    歯磨きから女性性器切除まで、世界の貧困解決のカギは「女性の自立」にある

  • 2

    イタリア中部地震、死者少なくとも159人 多くは休暇シーズンの観光客か

  • 3

    麻薬撲滅を注力のフィリピン、密輸問題で中国大使に説明求める

  • 4

    中国、月に有人基地建設を計画:強力レーダーで地球を観測

  • 5

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 6

    イタリア中部地震、一夜明け死者数247人に急増

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 9

    リオ五輪閉幕、ブラジルを待ち構える厳しい現実

  • 10

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 3

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 6

    リオ五輪でプロポーズが大流行 「ロマンチック」か「女性蔑視」か

  • 7

    リオ五輪、英国のメダルラッシュが炙りだしたエリートスポーツの光と影

  • 8

    【動画】流血の男児映像が映し出す地獄とヒーロー

  • 9

    「ドーピング」に首まで浸かった中国という国家

  • 10

    NSAの天才ハッカー集団がハッキング被害、官製ハッキングツールが流出

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    日銀は死んだ

  • 5

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 6

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 7

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 8

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 9

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
Newsweek特別試写会2016初秋「ハドソン川の奇跡
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月