最新記事

リーダーシップ

ビッグデータ時代に「直感」はこう使え

The Gut Delusion: Why You Need to Challenge Your Instincts

決断を下す際にあいまいな直感に頼るのは危険だが、有能なリーダーは直感を「警鐘」に活用している

2015年11月9日(月)15時51分
ベン・ウォーカー ※Dialogue Review Sep/Nov 2015より転載

直感がものを言う? 直感に頼りがちなCFOよりも根拠に基づいて判断を下すCFOの方が稼ぎがいいという調査結果もある Lammeyer- iStockphoto.com

 骨董品のディーラーは品物を一目見ただけで偽物かどうかを見抜けるという話を聞いたことがあるだろう。マルコム・グラッドウェル氏の著書『第1感――「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい』(邦訳・光文社)には、医者が病院で順番待ちをしている患者の中から命にかかわる症状の者を一瞬で見つけだせるというエピソードが紹介されている。グラッドウェル氏によれば、人は経験を積むことで、じっくりと考えなくても即座に重要な判断ができるようになるという。「直感」は、しばしばデータよりも信頼できるということだ。

 英国の市場調査会社レッドシフト・リサーチが国内企業の最高財務責任者(CFO)たちを対象に調査を行ったところ、約半数が決断の際に「直感」に頼っていることがわかった。ただし、彼らが直感を使うのは、状況次第だという。実証可能な根拠に乏しかったり、データがあってもそれを適切に分析できなければ、直感に頼るほかない。そして、この調査からは、「直感に頼りがちなCFOよりも、実証可能な根拠に基づいて判断を下すCFOの方が稼ぎがいい」という事実も浮かび上がった。これは、データを信じ、それをもとに物事を検討する人の方が、直感を優先する人よりも質の良い判断をすることが多いことを示している。

 レッドシフトの調査結果とグラッドウェル氏の理論は、実は矛盾していない。グラッドウェル氏は、直感に基づいて行動するベテランが、過去の膨大な経験のストックの中から必要なデータを瞬時に脳から呼び出していることを指摘している。レッドシフトに調査を依頼したテキサスのソフトウェア会社エピコールの商品マーケティング担当副社長、マルコム・フォックス氏も次のように説明する。「有能なCFOは、データを検討するためのツールとして直感を活用しています。情報がまったくないので仕方なく直感で意思決定しているわけではありません」

 クランフィールド大学経営大学院のデイヴィッド・モリアン氏は、成長企業のオーナー経営者のパフォーマンス研究における世界的権威だ。同氏は、トゥールーズ大学の心理学者らとともに、オーナー経営者の自らの判断に対する自信の度合いと企業の業績との関係を検証した。すると、自分の直感に自信があるオーナー経営者は、業績があまり良くないという傾向が見られた。それに対して、自らの直感をあまり信用していないオーナー経営者の多くは事業を成功に導いていた。モリアン氏は言う。「自分の判断にあまり自信をもてないオーナー経営者は、データに当たったり、他者からのアドバイスを受け入れることが多いようです。データを検討するなどして、確かな判断の根拠が得られることで、思い切って一歩前に踏み出すことができるのです」

 オーナー経営者が安全地帯にいる、すなわち、既知の商圏で、定評のある企業や、付き合いの長い得意客を相手に取引をするにとどまるのであれば、自身の「直感」は役に立つかもしれない。だが新しい領域ではそうはいかない。「事業が成長している時には、多くの場合、オーナー経営者たちは自らの知識や経験の範疇を超える新しい領域へと踏みこんでいるものです」とモリアン氏は話す。「直感を得た時に、それを完全に無視しろとは言いません。データや他者からの助言でその直感を裏づけるべきです。新しい領域に踏みこむのであれば、なおさらです」

 日々のニュースの見出しに「ビッグデータ」という文字が躍っており、いとも簡単にデータが手に入る時代になったと勘違いしている人も多いのではないだろうか。しかし、真に価値のあるデータをきちんと見つけ出すのは、おそらく皆が想像するよりもずっと難しい。「データの時代」と言われるが、ほとんどのCFOがそれを実感できていないのだ。レッドシフトの調査では、金融関連情報を「十分に把握できている」と答えたCFOは、全体の半数に満たなかった。

ニュース速報

ワールド

豪・南部州全土で停電、再生可能エネルギーへの依存に

ワールド

フィリピン、17年も米と軍事演習へ 18年以降は再

ビジネス

中国、貿易への下振れ圧力が拡大=商務省高官

ワールド

トランプ氏の資産は推定37億ドル、昨年から8億ドル

MAGAZINE

特集:進化する中国軍

2016-10・ 4号(9/27発売)

高学歴人材、最新鋭兵器、洗練された組織......。かつてのイメージを覆す人民解放軍の知られざる変貌

人気ランキング

  • 1

    アーティスツ(1):会田誠の不安、村上隆の絶望

  • 2

    ブルキニを禁じたフランスのパリがヌーディスト解禁へ

  • 3

    ロシアの最新型原潜、極東に配備

  • 4

    国際競争力ランキング、スイスが8年連続首位 日本は8位に後退

  • 5

    狭まる北朝鮮包囲網、友好国にも「金正恩離反」の兆候

  • 6

    自治体のPR動画「ウナギ少女」がまるで変態ホラーだと騒ぎに

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    米大統領選、第1回テレビ討論を世界はどう報じたか

  • 9

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 10

    スマホに潜む「悪魔」が中国人を脅かす

  • 1

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 2

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    X JAPANのYOSHIKI、ニューヨークでコンサートを行うと発表

  • 5

    中国機内誌が差別的記述、撤回しても消せない傍若無人ぶり

  • 6

    安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

  • 7

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 8

    ロシアの最新型原潜、極東に配備

  • 9

    米テレビ討論、クリントン「二重の負担」で不利

  • 10

    ヨーロッパを追われアメリカに逃れるロマの人々

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 4

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 5

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 6

    蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言

  • 7

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬犠牲に

  • 8

    「スタバやアマゾンはソーセージ屋台1軒より納税額が少ない」オーストリア首相が猛批判

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    核攻撃の兆候があれば、韓国は平壌を焼き尽くす

 日本再発見 「東京のワンテーマ・ミュージアム」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

辣椒(ラージャオ、王立銘)

スマホに潜む「悪魔」が中国人を脅かす

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

STORIES ARCHIVE

  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月