最新記事

携帯端末

スマホ参戦、アマゾンの野望と落とし穴

ついに登場した「ファイアフォン」は業界に大きな変化を起こす可能性を秘めているが

2014年7月14日(月)12時34分
ウィル・オリマス

最先端 「ファイアフォン」の3D画像はユーザーが見る角度に応じて変化する Jason Redmond-Reuters

 アップルとグーグルが持っている以上、アマゾンも黙ってはいられない。アマゾンは先週シアトルで開催されたイベントで、自社初のスマートフォン「ファイアフォン」をお披露目した。

 画面サイズは4・7インチ。OSはアンドロイドを搭載。米通信大手AT&Tの独占販売で、価格は2年契約で199ドルから(日本発売は未定)。購入者には、年会費99ドル相当のプライムサービス(商品の早期配送や動画・音声配信などのサービス)の利用資格が与えられる。

 昨年発売された同社のタブレット型端末キンドル・ファイアと同様、「メーデー(救難信号)」機能が搭載されており、いつでも手軽にカスタマーサポート担当者を画面に呼び出して助けを求めることができる。容量無制限の写真ストレージサービスも無料で提供される。

 最大の目玉は「ダイナミック・パースペクティブ」と名付けられた3D表示機能だ。ひとことで言えば、ユーザーが画面を見る角度に応じて画像が変化する機能である。

 例えばニューヨークのエンパイア・ステートビルを上から映した3D画像を見ると、単に立体的な画像が映し出されるだけではない。ユーザーが顔を右に動かせば右から見た画像に、左に動かせば左から見た画像に切り替わる。

 この機能を活用し、端末を傾けることでアマゾンの商品画像を何枚も次々と見たり、ウェブページや電子書籍をスクロールしたりすることもできる。ゲームの新しい地平が切り開かれる可能性もあるだろう。

買い物端末以上の可能性

 アマゾンは、この新しい機能に莫大な投資をしたと思われる。ジェフ・ベゾスCEOが述べたように、カギを握るのは「ユーザーの顔の位置を常に把握すること」だ。そのために4つもの赤外線カメラを搭載し、高度な顔認識ソフトウエアを開発する必要があった。

 ファイアフォンは、スマートフォンに革命的変化を起こす可能性を秘めている。スクリーン上の画像が流動的に切り替わり、さらにはユーザーの片手が端末操作から解放されるからだ(現状では片手で端末を持ち、もう片方の手でタッチスクリーン操作を行わなくてはならない)。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=円続伸、政府関係者の発言受け

ビジネス

米ビザ、4─6月期は20%増益 外食・旅行の支出好

ビジネス

米FRB利下げ、9・12月の年内2回予想が大勢=金

ワールド

ハリス氏、支持率でトランプ氏を2%ポイントリード 
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 2
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 6
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    「これは無理」「消防署に電話を」出入口にのさばる…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中