最新記事

セキュリティーソフト

ウイルス対策ソフトは死んだ?

Antivirus Is Dead

シマンテックの上級副社長の爆弾発言どおり、ウイルス対策ソフトはもはやサイバー攻撃の45%程度しか食い止められていない!?

2014年5月22日(木)14時37分
リリー・ニューマン

 80年代末に登場して以来、ウイルス対策ソフトは大して変化していない(ように見える)地味な商品だ。アップデートも自動的にダウンロードされ、その働きがディスプレイに表れることはめったにない。存在を実感するときがあるとすれば、コンピューターのスピードがひどく遅くなったときだろうか。

 ウォールストリート・ジャーナル紙によると、ウイルス対策ソフトの大手シマンテックのブライアン・ダイ上級副社長(情報セキュリティー担当)は、ウイルス対策ソフトは「死んだ」と衝撃発言。従来の方針を抜本的に変えることを示唆した。

 ダイによると、シマンテックはもはや「ウイルス対策ソフトを儲かる商品と考えていない」。今後はハッカーをブロックするのではなく、システム内のハッカーを発見して、それがもたらすダメージを最小限に抑えるサービスに力を入れるという。

 実際、サイバーセキュリティー業界は、どんなシステムにも弱点が存在し、ハッカーはそれを利用して侵入してくると認める方向にシフトしている。そうなれば当然、システムを防御する方法も違ってくる。

 これまでのウイルス対策は、ウイルスと弱点のリストを常に更新して、それに対する防御ソフトや修復ソフトを配布するというものだった。新サービスではこういうやり方はしない。

 シマンテックは今後数カ月で、顧客に最新の攻撃について情報提供するとともに、ネットワークサーバーや機器をスキャンして疑わしいコードを発見するサービスを展開していく。

 新たなビジネスはシマンテックの経営面でも重要な課題だ。同社の売上高は3四半期連続で前年同期を下回っている。

 ダイによれば現在、シマンテックの看板商品「ノートン」などのウイルス対策ソフトでは、サイバー攻撃は45%程度しか食い止められていない。今後も1次チェック手段として使うことはできるが、新サービスで補う必要があるという。

 ウイルス対策ソフトの利用者としては複雑な心境だ。

© 2014, Slate

[2014年5月20日号掲載]

ニュース速報

ワールド

ロシアのチュルキン国連大使、NYで執務中に急死

ビジネス

ポンド上昇、英上院はEU離脱交渉法案の審議開始

ワールド

トランプ米大統領、軍中将を大統領補佐官に指名 フリ

ワールド

ギリシャ改革案めぐる協議再開で合意=ユーログループ

MAGAZINE

特集:北朝鮮 暗殺の地政学

2017-2・28号(2/21発売)

異国の地マレーシアで殺害された金正男──。その死の背景には北朝鮮をめぐる地政学の変化があった

人気ランキング

  • 1

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 2

    海上自衛隊、18年度から4年間で新型護衛艦8隻建造へ

  • 3

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 4

    金正男暗殺は10名が関与、4人は国外へ 現地警察が初…

  • 5

    金正男の暗殺事件で北朝鮮の男を逮捕 謎の男の正体…

  • 6

    トランプ初の単独会見は大荒れ けんか腰の大統領に…

  • 7

    トランプ大統領、スウェーデンの移民受け入れめぐる…

  • 8

    日本が危ない!? 福島原発の放射能フェイクニュース…

  • 9

    【写真特集】置き去りにされた被災者家族の願い

  • 10

    トランプ「メディアは国民の敵」、独裁につながる=…

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 3

    金正男クアラルンプール暗殺 北朝鮮は5年前から機会を狙っていた

  • 4

    北朝鮮独裁者、「身内殺し」の系譜

  • 5

    金正男の暗殺事件で北朝鮮の男を逮捕 謎の男の正体…

  • 6

    「線路立ち入りで書類送検」が他人事でなくなる侵入…

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    海上自衛隊、18年度から4年間で新型護衛艦8隻建造へ

  • 9

    一般市民まで脅し合う、不信に満ちた中国の脅迫社会

  • 10

    南シナ海、米中戦争を起こさず中国を封じ込める法

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    トランプを追い出す4つの選択肢──弾劾や軍事クーデターもあり

  • 3

    日本でもAmazon Echo年内発売?既に業界は戦々恐々

  • 4

    東芝が事実上の解体へ、なぜこうなったのか?

  • 5

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係…

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    ドナルド・トランプ第45代米国大統領、就任演説全文…

  • 8

    マティス国防長官日韓訪問に中国衝撃!――「狂犬」の…

  • 9

    トランプ、入国制限に反対の司法長官代行を1時間後…

  • 10

    アパホテル炎上事件は謝罪しなければ終わらない

グローバル人材を目指す

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「日本の新しいモノづくり」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月