最新記事

ゲーム

止められない、止まらない

シンプルだけど奥が深い「Dots」にハマる人が続出

2013年6月20日(木)15時58分
ブライアン・リーズ

目標は禅? 遊んだ後は気分が良くなるとか

 ニューヨークに住むアニメーターのダニエル・サビージは、iPhone用ゲームアプリ「Dots」のチャンピオン。「天才に秘密なんてない。要は天才か、そうじゃないかだ」と、本誌の取材にメールで答えた。

「こいつは世界IQ(知能指数)テストみたいなものさ」と語るサビージは2週間、世界一の座を保持していた。その後、宿敵のベン・チェリーに1時間だけ王座を明け渡したが、すぐに取り戻した。「ライバルの登場は大歓迎だよ。またゲームをやる気にさせてくれるからね」

「Dots」はドット(丸い点)を指でなぞり、点と点をつないで消していくゲーム(動作環境はiOS5・0以上)。制限時間の1分以内に消したドットの数を競う。先月、アップストアに登場してから1カ月でダウンロード数が200万回を突破。やりだしたら止まらない「ハマる」ゲームだ。

 開発者はニューヨークに拠点を置くパトリック・モーバーグとベータワークス社の面々。この「Dots」、ゲーマーを文字どおりとりこにする。1回のゲーム時間はたった1分。でも、それが2分、3分となり、気付くと夕方なんてことになる。

 ワシントンのデジタル・コンサルタント、ノア・チェスナットは病みつきぶりをツイッターでこう告白する。「いつもやってる。起きてすぐ、トイレで、電話中に、テレビを見ながら、バスの中で、そして寝る前も」

 このアプリにハマる理由を「とにかくシンプルだ」と説明するニュースサイト「ハフィントン・ポスト」のシニアエディター、クレイグ・カナーリーは、こんな哲学的考察まで披露した。「点と点を結び、意味をつくり出す──人生と同じだ。このアプリはただのゲームじゃない」

 すべては開発者の狙いどおりだ。「パトリックは、遊んでも罪悪感を感じないゲームを作りたかった。ほとんど『禅』みたいに、やった後で気分が良くなるものをね」と、ベータワークスの製品担当副社長ポール・マーフィーは言う。「脳に負担をかけないシンプルなものにしたたかったんだ」

 シンプルかもしれないが、特別な才能が必要だと、チャンピオンのサビージは信じている。宿敵は王座奪還を狙って秘策を練っているという噂だが、まったく気にならないようだ。「ライバルに言いたいこと? 『まあ、頑張れ』ってとこかな」

[2013年6月18日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:海路で遭難する移民、ハイテク技術が命を救

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 2

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライナでの「大失態」でロシアが調達キャンセルの情報

  • 3

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 4

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 5

    ロシア軍「Mi8ヘリコプター」にウクライナ軍HIMARSが…

  • 6

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 7

    メーガン妃がファッションを真似るほど憧れていた、…

  • 8

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

  • 9

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 10

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 6

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 7

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 8

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 9

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒー…

  • 10

    中国株の暴落が止まらない 外国人投資家はほぼ撤退

  • 1

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎…

  • 10

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中