最新記事

スマートフォン

サムスン新スマホ「ウザすぎる」新機能

Packed with Inane Features

ギャラクシーS4の売りである自動機能はユーザーを戸惑わせる過剰サービス

2013年4月1日(月)15時24分
ウィル・オリマス

 サムスン電子は先ごろ、アンドロイドOS搭載の新型スマートフォン「ギャラクシーS4」を発表した。鳴り物入りで披露しただけあって、ハードウエアはかなりのものだ。5型の画面にはフルHD有機ELディスプレイを採用。1300万画素のカメラと大容量バッテリーを搭載する。

 だが、サムスンが提案するこの高性能端末の目新しい使い方はというと──ひいき目に見ても過剰サービス。厳しい言い方をすれば「うんざり」だ。

 ソフトウエアの目玉は、ユーザーを常に監視する印象的な(だが少々イラつく)機能だ。まず「Sヘルス」は、ユーザーの一挙手一投足をモニターして、心拍数や血糖値を計測する。

 サムスンの言うもう1つの「イノベーション(革新)」は、眼球の動きに合わせて動作するメカニズム。「スマート・ポーズ」は、ユーザーが画面から目を離すと自動的に動画の再生を一時停止する。

 一見スグレモノだが、実際はくだらない上に相当煩わしい。ちょっとでも目をそらすと、動画は自動的にストップ。必死で画面をにらまないと、動画は再び動きださない。

 一方、「スマート・スクロール」はユーザーが画面を見る角度を記憶して、端末を傾けると文字情報の画面が自動的にスクロールする機能。これも煩わしいが、まだ我慢はできる。

 3番目の売りものは「エア・ビュー」と「エア・ジェスチャー」。要するに画面にタッチしなくても、指をかざすだけで一部の操作ができる機能だが、具体的にどんなメリットがあるのかよく分からない。

 結局、この手の「スマート」や「エア」を組み合わせて何がしたかったのか。ギャラクシーS4は、ユーザーのやりたいことを本人以上によく分かっていると主張する携帯電話だ。時にはユーザーにその気がなくても、勝手に動作する。設定ボタンで自動機能を「オフ」にできるのが、せめてもの救いだ。

 サムスンは昨年、久々に現れたアップルの有力な対抗馬として浮上した。その原動力は、優れた製品と巧みな宣伝、そしてアップルとの特許訴訟合戦だ。一連の訴訟は、値段を除くと両社の製品にほとんど差がないことを浮き彫りにした。しかし今回のギャラクシーS4は、ギミックと真のイノベーションを混同したらどうなるかのいい見本だ。

© 2012, Slate

[2013年3月26日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

韓国、タカタ製エアバッグ搭載車11万台を新たにリコ

ワールド

米大統領選討論会、視聴者数は過去最多の8400万人

ビジネス

正午のドルは100円半ば、弱地合いが続く

ビジネス

米経済は利上げに対応可能、低金利の正当化困難=米S

MAGAZINE

特集:進化する中国軍

2016-10・ 4号(9/27発売)

高学歴人材、最新鋭兵器、洗練された組織......。かつてのイメージを覆す人民解放軍の知られざる変貌

人気ランキング

  • 1

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 2

    ロシアの最新型原潜、極東に配備

  • 3

    打倒ディズニーを掲げる中国のテーマパーク

  • 4

    自治体のPR動画「ウナギ少女」がまるで変態ホラーだと騒ぎに

  • 5

    「親を捨てるしかない」時代に、子は、親は、どうすべきか

  • 6

    米テレビ討論、クリントン「二重の負担」で不利

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    芸能人の「一日警察署長」も、容疑者を逮捕できます

  • 9

    国際競争力ランキング、スイスが8年連続首位 日本は8位に後退

  • 10

    戦略なき日本の「お粗末」広報外交

  • 1

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 2

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    X JAPANのYOSHIKI、ニューヨークでコンサートを行うと発表

  • 5

    中国機内誌が差別的記述、撤回しても消せない傍若無人ぶり

  • 6

    安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

  • 7

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 8

    家事をやらない日本の高齢男性を襲う熟年離婚の悲劇

  • 9

    ロシアの最新型原潜、極東に配備

  • 10

    米テレビ討論、クリントン「二重の負担」で不利

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 4

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 5

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 6

    蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言

  • 7

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬犠牲に

  • 8

    「スタバやアマゾンはソーセージ屋台1軒より納税額が少ない」オーストリア首相が猛批判

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    核攻撃の兆候があれば、韓国は平壌を焼き尽くす

 日本再発見 「東京のワンテーマ・ミュージアム」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

辣椒(ラージャオ、王立銘)

スマホに潜む「悪魔」が中国人を脅かす

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

STORIES ARCHIVE

  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月