最新記事

IT企業

最強企業アップルの終わりの始まり?

Is Apple Out of Ideas?

もはや革新的な新商品は登場せず、「小さな改善」ばかりが目につくのはなぜか

2012年12月3日(月)15時29分
アンドルー・ブラム

 アップルはその使命を果たした──。今年10月に行われたiPadミニの発表は、そんな感慨を抱かせた。「画期的な製品を生み出し、その後何年もかけて最新の技術を駆使し、非妥協的にアップグレードしていく」と、発表会場でフィル・シラー上級副社長(マーケティング担当)は自社の流儀を説明した。

 実際、97年にスティーブ・ジョブズが経営トップに返り咲いてから、アップルはこの流儀で成功してきた。ジョブズが開発を渋り、他社に対抗するためだけに作られたiPadミニを見ると、アップルの将来が心配になる。「妥協せずにアップグレードしていく」のはいいが、「画期的な製品を生み出す」ほうはどうなのか。

 ジョブズ復帰後の15年間に、アップルは革新的な製品を3つ生んだ。iPod、iPhone、そしてiPadだ。その後は漸進的な進歩のみ。メモリーが増え、画質が良くなり、ネット接続が高速化し、電池の寿命が延び、カメラ機能が向上したといった程度だ。

革新のヒントはグーグルに

 多少薄く縦長になり、高速通信対応になったiPhone、ペーバーバックサイズのiPad、より薄型になったデスクトップ。こうした小さな進化を続けるだけでも、アップルはあと数年業界のリーダーの地位にとどまれるだろう。だが、次なる革命は期待できそうにない。

 そもそも今後、オリジナル版のマックOSやiPhoneに匹敵するような新製品・新技術が登場するとしたら、それはどんなものになるのか。

 グーグルが開発中のグラス(現実の視界にデジタルデータが重なって見える眼鏡型コンピューター)が1つのヒントになりそうだ。人間のように学習して賢くなる新世代コンピューターの開発も進められている。

 だが、こうした技術が実現するのはまだ先の話だ。鳴り物入りで発表し、先行予約を受け付けたところで、このところのアップルが打ち出すのは小さな改善のみ。エボルーション(進化)を遂げても、レボルーション(革命)には程遠い。

[2012年11月 7日号掲載]

ニュース速報

ワールド

ASEAN、南シナ海での中国の動向を懸念=フィリピ

ビジネス

自動走行やドローン、技術革新が阻害されない環境整備

ワールド

金正男氏殺害、死因なお特定できず=マレーシア当局

ワールド

ロヒンギャ問題の平和的解決を、バングラデシュ外相が

MAGAZINE

特集:北朝鮮 暗殺の地政学

2017-2・28号(2/21発売)

異国の地マレーシアで殺害された金正男──。その死の背景には北朝鮮をめぐる地政学の変化があった

人気ランキング

  • 1

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 2

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 3

    金正男暗殺事件、マレーシア首相が北朝鮮を暗に批判 対立が鮮明に

  • 4

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の…

  • 5

    日本が危ない!? 福島原発の放射能フェイクニュース…

  • 6

    金正男暗殺は10名が関与、4人は国外へ 現地警察が初…

  • 7

    海上自衛隊、18年度から4年間で新型護衛艦8隻建造へ

  • 8

    金正男の暗殺事件で北朝鮮の男を逮捕 謎の男の正体…

  • 9

    金正男氏を「暗殺者に売った」のは誰か

  • 10

    今さら聞けない、円高になると日経平均が下がる理由

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 3

    金正男クアラルンプール暗殺 北朝鮮は5年前から機会を狙っていた

  • 4

    北朝鮮独裁者、「身内殺し」の系譜

  • 5

    金正男の暗殺事件で北朝鮮の男を逮捕 謎の男の正体…

  • 6

    「線路立ち入りで書類送検」が他人事でなくなる侵入…

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    海上自衛隊、18年度から4年間で新型護衛艦8隻建造へ

  • 9

    一般市民まで脅し合う、不信に満ちた中国の脅迫社会

  • 10

    南シナ海、米中戦争を起こさず中国を封じ込める法

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    トランプを追い出す4つの選択肢──弾劾や軍事クーデターもあり

  • 3

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 4

    日本でもAmazon Echo年内発売?既に業界は戦々恐々

  • 5

    東芝が事実上の解体へ、なぜこうなったのか?

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    ドナルド・トランプ第45代米国大統領、就任演説全文…

  • 8

    マティス国防長官日韓訪問に中国衝撃!――「狂犬」の…

  • 9

    トランプ、入国制限に反対の司法長官代行を1時間後…

  • 10

    アパホテル炎上事件は謝罪しなければ終わらない

グローバル人材を目指す

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「日本の新しいモノづくり」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月