最新記事

スマートフォン

ノキア+MSの新製品はiPhone以上

Nokia Rises Again

スマホに出遅れ巻き返しを図るノキアが発表した新機種ルミア900はデザインでも他を圧倒している

2012年2月23日(木)13時08分
ダニエル・ライオンズ(テクノロジー担当)

 ほんの5年ほど前まで、マイクロソフトはスマートフォン向けOS市場で覇を競っていた。そしてフィンランドのノキアは、携帯電話機市場で世界最大のシェアを誇っていた。

 この両王者に痛烈なパンチを浴びせたのが、07年に登場したアップルのiPhoneだ。当初は両社とも余裕だった。値段が高くてキーボードもないアップルの電話機なんて売れっこないと、タカをくくっていた。

 ところが売れた。しかもたくさん売れた。米調査会社IDCによれば、ノキアの携帯電話向けOS「シンビアン」のシェアは07年段階の63%から19%へと急降下。マイクロソフトのOSに至っては、かつての13%が今はわずか2%だ。

 この2社が、敗者復活を期して手を結んだ。そして先週、ラスベガスのコンシューマー・エレクトロニクス・ショーで相当に意欲的な新機種を発表した。

「ルミア900」と呼ばれるノキアの新端末は薄くてデザイン性に優れ、4.3インチの画面に800万画素のカメラを搭載。第4世代の高速通信技術LTEにも対応している。

「北米市場におけるノキアの新たな夜明け」(ノキア・アメリカのクリス・ウェバー社長)を告げる機種だと、報道資料にはある。

 OSには、マイクロソフトの開発したウィンドウズフォンの最新版(通称マンゴー)を採用。インターフェースには大きな「タイル」と呼ばれるアプリボタンが表示され、自由にカスタマイズできる。フェースブックに友達が投稿するとすぐにインターフェースにアップデートが反映されるなど、ダイナミックな機能も備えている。

 マイクロソフトとノキアは昨年2月に提携を結び、ノキアは自前のOSシンビアンを見限ってウィンドウズフォンを採用することにした。この路線変更を推進したのは、マイクロソフトの役員からノキアのCEOに転じたスティーブン・エロップだ。

iPhoneが古く見える

 実を言うと、私はしばらく前から1世代前の機種「ルミア800」を使っている。こちらもマンゴーOSを搭載していて、ポリカーボネート樹脂のシームレスなデザインはエレガントで、OSの動作も速い。既にヨーロッパでは人気の機種で、比べてみるとiPhoneが古くさく思えてくる。

 職業柄、私はいくつもの携帯端末を持っていて、すべて電源を入れてある。それで、電話が着信したとき反射的にどの機種を手に取るか(あるいは外出時にどれを持ち出すか)と言うと、これが決まってルミア800なのだ。

 ルミア900はさらに進化している。画面のサイズは800より大きくなったが、ヨーロピアンテイストのモダンなデザインはそのままだ。

 実際、デザイン面に関する限り、ノキアのルミア900はアップルの製品を超えたと言っていいだろう。

 果たしてノキア版のウィンドウズフォンはアメリカ市場に受け入れられるだろうか。アップルとグーグルが市場を分け合うアメリカに新規参入の余地はないとの見方もある。だがノキアのデザイン主任マーコ・アハティサーリは反論する。「みんなiPhoneのOSを超えるものはあり得ないと思っているが、そんなことはない」

 実際、携帯市場は巨大で今も拡大し続けているから、まだ新規参入で成功する余地はあるだろう。アップルとグーグル、マイクロソフト、果たして生き残るのはどのOSか。ある業界人に言わせれば「全部」だ。ルミア900を見ていると、私にもそう思えてくる。

[2012年1月25日号掲載]

ニュース速報

ワールド

ペンス米副大統領、EU首脳と会談 強い欧米関係維持

ワールド

ロシアのチュルキン国連大使、NYで執務中に急死

ビジネス

ポンド上昇、英上院はEU離脱交渉法案の審議開始

ワールド

トランプ米大統領、軍中将を大統領補佐官に指名 フリ

MAGAZINE

特集:北朝鮮 暗殺の地政学

2017-2・28号(2/21発売)

異国の地マレーシアで殺害された金正男──。その死の背景には北朝鮮をめぐる地政学の変化があった

人気ランキング

  • 1

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 2

    海上自衛隊、18年度から4年間で新型護衛艦8隻建造へ

  • 3

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 4

    金正男暗殺は10名が関与、4人は国外へ 現地警察が初…

  • 5

    金正男の暗殺事件で北朝鮮の男を逮捕 謎の男の正体…

  • 6

    トランプ初の単独会見は大荒れ けんか腰の大統領に…

  • 7

    トランプ大統領、スウェーデンの移民受け入れめぐる…

  • 8

    日本が危ない!? 福島原発の放射能フェイクニュース…

  • 9

    【写真特集】置き去りにされた被災者家族の願い

  • 10

    トランプ「メディアは国民の敵」、独裁につながる=…

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 3

    金正男クアラルンプール暗殺 北朝鮮は5年前から機会を狙っていた

  • 4

    北朝鮮独裁者、「身内殺し」の系譜

  • 5

    金正男の暗殺事件で北朝鮮の男を逮捕 謎の男の正体…

  • 6

    「線路立ち入りで書類送検」が他人事でなくなる侵入…

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    海上自衛隊、18年度から4年間で新型護衛艦8隻建造へ

  • 9

    一般市民まで脅し合う、不信に満ちた中国の脅迫社会

  • 10

    南シナ海、米中戦争を起こさず中国を封じ込める法

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    トランプを追い出す4つの選択肢──弾劾や軍事クーデターもあり

  • 3

    日本でもAmazon Echo年内発売?既に業界は戦々恐々

  • 4

    東芝が事実上の解体へ、なぜこうなったのか?

  • 5

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係…

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    ドナルド・トランプ第45代米国大統領、就任演説全文…

  • 8

    マティス国防長官日韓訪問に中国衝撃!――「狂犬」の…

  • 9

    トランプ、入国制限に反対の司法長官代行を1時間後…

  • 10

    アパホテル炎上事件は謝罪しなければ終わらない

グローバル人材を目指す

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「日本の新しいモノづくり」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月