最新記事

テクノロジー

グーグルは「邪悪」になったのか

The World According to Google

組織内部に深く入り込んだノンフィクション『グーグル ネット覇者の真実』が明らかにするブラックボックスの中身とは

2011年12月13日(火)18時06分

 インターネットに触れたことのある人で、グーグルが検索エンジンの名前であることを知らない人はいないだろう。だが、グーグルに莫大な収益をもたらした画期的なビジネスモデルが生み出された経緯や、その事実を競合他社(特にIT業界の巨人マイクロソフト)の目に触れないようにした「隠ぺい戦略」の実態については、これまで外部に詳細が明らかにされることはなかった。

 しかしスティーブン・レヴィは新著『グーグル ネット覇者の真実』(邦訳・阪急コミュニケーションズ)で、そうしたグーグルのブラックボックスの中身を次々と暴いていく。

 レヴィ(ニューズウィーク誌の元テクノロジー記者だ)は、グーグルの社内で初めて「インサイダー」として自由に取材することを許されたジャーナリストだ。本書では、組織内部に深く入り込み、社内の日常的なやり取りや意思決定のプロセスも生々しく描き出すことに成功している。

 たとえば、グーグルが社内で最も有望視されている若手社員を選んで毎年行う研修ツアーにも同行取材を許された。大学を出てまだ間もない若者たちがいかに「グーグルらしさ」を刷り込まれていくか、読者は実際の目撃談を通じて知ることになる。

 2人の若い創業者、ラリー・ペイジとサーゲイ・ブリンが優れた頭脳集団を集めて野心的なビジョンを次々に現実のものにしていく様子も臨場感たっぷりに描かれている。

 画期的な検索テクノロジー、検索連動型広告のアドワーズ、「グーグルに裏切られた」とスティーブ・ジョブズを激怒させたアンドロイド、それにユーチューブや巨大データセンターなどの開発秘話をレヴィは内側からの取材で明らかにしていく。

 永遠に頂点に君臨するかに思えたグーグルだが、フェイスブックの台頭で初めて「追う立場」に立たされる。ソーシャルネットワークが爆発的成長を遂げる瞬間に居合わせながらみすみすチャンスを逃した決定的場面も再現される。

 本書はまさにグーグルの全史だ。創業者たちの言葉を読めば、グーグルが何を考え、どうやって機能し、私たちをどこへ導こうとしているのかが、見えてくるはずだ。たとえば......。


2人(ラリー・ペイジとサーゲイ・ブリン)はこんなふうに言っていた。「確かに資金は必要だよ。だけど,僕らはそういうことに多くの時間を割きたくないんだ。ビジネスプランって何だい?」


「僕らの目標は1回の検索あたりの収益を最大化することではなく、ユーザーエクスペリエンスを最大化することです」と(サーゲイ・)ブリンは言った。
 


「たとえ失敗したとしても、完全に失敗するようなことはない」と(ラリー・)ペイジは言う。必ず何らかの成果を得られるはずだと。「皆それがわかっていないんだ」 


(創業者コンビは)何にでも理由を知りたがった。「なぜ職場におもちゃがないんだ? なぜ軽食やおやつは無料じゃないんだ? なぜ? なぜ? なぜ?」 
 


「2004年に、私はグーグル検索の未来像について尋ねたことがある。「人間の脳の一部になっているだろう」と(ラリー・)ペイジは言った。  
 

 さらに本書は、「グーグルは邪悪になったか」が隠れテーマとなっており、その答えを探すのもまた楽しみともいえる。以下プロローグより抜粋で紹介する。


非公式な社是である「邪悪になるな(Don'Be Evil)」からも明らかなように、グーグルは道徳的に正しくありたいと常に公言してきた。だが同社のテクノロジーがもたらす結果がプライバシーと財産権を侵害する可能性に関しては、完全に盲点になっているようだった。ユーザーに奉仕するために計画していた巨大な人工知能による知識集積活動が、私たちの生活や生き方そのものに予測不可能な結果をもたらすという矛盾が表面化しつつあった。

創業者たちの夢は最初から世界を変えることにあった。だがそういう彼らは何者なのか?彼らが夢見た新世界秩序とはいったいどのようなものなのか。

これらの質問に答える最良の方法は、可能な限り内部から取材することであると私は確信した。製品開発がどのように行われ、成長戦略や外部への露出がどう管理されているかを知るために、グーグルのエンジニアリング、日常的な企業行動、企業文化の中にこれまでよりも深く潜入しようと考えた。

つまり、インサイダーの視点をもったアウトサイダーになるのである。


 SF作家のウィリアム・ギブスンはかつて「未来はすでにここにある。まだ満遍なく普及していないだけだ」と語った。グーグルは、すでにこの未来の実現のために着々と歩を進めている。グーグルを理解することは、私たちのテクノロジーがたどる運命を知ることでもある。

 これは、グーグルの物語だ。本書を読めば、グーグルがどんな仕組みで動き、何を考え、どうして変化し続けるのか、それによって私たち自身がどのように変化していくかが明らかになるだろう。グーグルが魂を失いかけていると疑う人たちは、それを防ぐためにどんな努力が行われているかを知るはずだ。

ニュース速報

ビジネス

中国人民銀、秋の共産党大会前に追加引き締め行わず=

ワールド

NATO加盟の欧州諸国とカナダ、2017年防衛費を

ビジネス

中短期国債の「流動性供給」増額案、財務省がPD懇で

ビジネス

6月の英住宅価格+1.1%、4カ月ぶり上昇=ネーシ

MAGAZINE

特集:安心なエアラインの選び方

2017-7・ 4号(6/27発売)

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル。トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 3

    トランプが特別検察官ムラーを恐れる理由

  • 4

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 5

    乗員7人死亡の米イージス駆逐艦、衝突前コンテナ船が…

  • 6

    東京都議選の候補者が、政策を訴えるビラを配れない…

  • 7

    アメリカで「最も憎まれる男」の所業とは?

  • 8

    ベンチャーの未来は起業しない起業へ

  • 9

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 7

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 8

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 9

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 10

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 6

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 9

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月