最新記事

IT業界

アップルの頭脳流出が始まった

Apple's Brain Drain

アップルストアの考案者とマックOSの開発者が退社。「カリスマ経営者」ジョブズの下に結集した天才たちの旅立ちの理由は

2011年7月26日(火)14時48分
ダニエル・ライオンズ(テクノロジー担当)

 アップルのCEO、スティーブ・ジョブズには多くの強みがある。その1つが、自分の周囲を奇跡的なほど優秀な人材で固められる力だ。過去10年の間に、ジョブズはあらゆる業界の中でも最強の経営チームの1つをつくり上げた。ずばぬけて有能なだけでなく、どこまでもジョブズに忠誠を尽くす男たちだ。

 だがこの数カ月の間に、側近中の側近2人が会社を去った。経営危機を唱えるのは早過ぎるが、アップル社内で何らかの権力シフトが起こっている可能性はある。それは、共同創業者でありながら一旦会社を追い出されたジョブズがアップルに呼び戻され、経営史上に残る経営再建劇を演出した96年以降の一時代に終わりを告げるものだ。

 先週、小売り担当のロン・ジョンソン上級副社長が、百貨店大手J・C・ペニーのCEOに就任するためアップルを辞めると発表した。3月には、マックOSの開発責任者で伝説的なソフトウエア技術者のバートランド・サーレイ上級副社長が退社した。サーレイは、ジョブズがアップルを追放されて新会社ネクストを設立した頃から一緒だった男だ。

 ジョブズは、3度目の病気療養に入った今年1月から経営の蚊帳の外にあった。04年に膵臓癌を切除し、その後肝臓移植手術を受けたジョブズは、今回再び癌の治療を受けているとも言われる。

 アップルのイベントでは今年も2度登壇した。先日も新サービス、iCloudを発表したばかりだ。2度とも拍手喝采を浴びてまんざらでもなさそうだったが、その姿は恐ろしく痩せ衰えていた。

病気療養から戻らない?

 ジョンソンがいなくなっても大した影響はないとアナリストたちは言うが、これがアップルにとっていいニュースのはずがない。

 ジョンソンは小売りの天才だ。安売り大手ターゲットで15年間働いた後、00年にアップルに入社。魅力的で利益率の高い直営店アップルストアの世界ネットワークをゼロから立ち上げた。

 より重要なのは、ジョンソンの退社がジョブズについて何を物語るかだ。恐らくそれは、ジョブズが病気療養から戻ってこないことと、代理を務めてきたティム・クックCOO(最高執行責任者)のCEO就任が決まったことを意味しているのではないか。

 ジョンソンの退社に当たってアップルは次のような声明を発表した。「ロンは新たなチャンスを楽しみにしているし、われわれも幸運を祈る。わが社には優秀な小売りチームが残るし、ロンの後任も積極的に探している」

 ジョンソンのほうはニュースリリースで、J・C・ペニーに行くのは小売り大手のCEOになるのが夢だったからと言っている。だがJ・C・ペニーの広報担当者によれば、同社が最初にジョンソンに声を掛けたのは数年前で、そのときは「今はその時期じゃない」と断られたという。

ニュース速報

ビジネス

ムーディーズ、英格付けを「Aa2」に引き下げ EU

ビジネス

米12月利上げに予断なし、低インフレをなお懸念=ダ

ワールド

北朝鮮、水爆実験強硬なら分水嶺 米国は深刻に受け止

ワールド

OPEC内外の閣僚監視委、減産延長巡る決定時期で意

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 3

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 4

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    日本はなぜここまで教育にカネを使わないのか

  • 7

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 8

    ラットの頭部移植に成功 年末には人間で?

  • 9

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 4

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 5

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 6

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 7

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 8

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 9

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 10

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月