最新記事

外尾悦郎(彫刻家)

特集

世界が尊敬する日本人

国境と文化の壁を越えて輝く
天才・鬼才・異才

2009.04.08

特集

日本

外尾悦郎(彫刻家)

Etsuro Sotoo

ガウディの哲学を石に刻む

2009年4月8日(水)18時12分
佐野尚史
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷

 バルセロナに住む外尾悦郎(53)は28年間、「石の聖書」を彫り続けている。その聖書とは、キリスト教をテーマにした装飾がいたるところに施され、着工から120年以上たった今でも天に向かって伸びる聖堂──アントニオ・ガウディが手がけたサグラダ・ファミリアだ。

 福岡出身の外尾がこの地を踏んだのは、京都市立芸術大学を卒業した翌年の78年。石を彫りたいという漠然とした思いをかかえ立ち寄った街で、吸い寄せられるようにガウディの未完の傑作と出合う。

 テストを経て、聖堂に彫刻家として採用されてからはこの道一筋。00年に完成させた「生誕の門」は昨年、世界遺産に登録された。

 外尾は単に石を彫っているわけではない。「彫刻家であり、ガウディの理念を後世に伝える哲学者だ」と、ガウディ研究の第1人者、フアン・バセゴダ・ノネルは言う。1930年代のスペイン内戦で資料の大半が消失し、完全な設計図がないサグラダ・ファミリアでは、「ガウディならどうしたか」を吟味し、創造していくことも重大な仕事なのだ。

 全体像を考え、個々の彫刻に意味づけをしながら、外尾は意匠を生み出していく。「ガウディの作品だけを見ていても、彼がそれに満足していたかはわからない。彼と同じ方向を見つめながら考えることが大切だ」と、外尾は言う。80年代、コンクリートを採用することになったときは強く反発した。「素材自体ではなく、現代の安易な物の作り方に反対だった。ガウディならコンクリートをどう使ったかを考えたうえで、利用してほしいと思う」

 素材が変わり、聖堂関係者や職人が次々と世を去り、最古参の1人となった。自宅の壁は使い古した道具で埋め尽くされている。それでもタオルを頭に巻き石と向き合うスタイルは28年間、変わらない。魂を込めてハンマーを振り下ろす音は観光客だけでなく、ガウディの耳にも届いているはずだ。

[2006年10月18日号掲載]

最新ニュース

ビジネス

米雇用統計で「忍耐強く」削除濃厚に、6月利上げに布石か

2015.03.07

ビジネス

ロイター調査:6月の米利上げ観測強まる、強い2月の雇用統計で

2015.03.07

ビジネス

米国株が急反落、雇用統計好調で早期利上げ観測

2015.03.07

ビジネス

2月米雇用29.5万人増、失業率約6年半ぶり低水準

2015.03.07

新着

朝鮮半島

北朝鮮の政治標語が映し出す理想と現実

朝鮮労働党発足70周年を記念して発表された310個ものスローガンと、それを笑う人々 [2015.2.24号掲載]

2015.03.06
企業

玩具の王様レゴ、快進撃の理由 

老舗の好業績を支える世界進出とエンタメビジネス [2015.3.10号掲載]

2015.03.06
スウェーデン

ロシアの挑発で国防強化する北欧諸国

NATO非加盟のスウェーデンはフィンランド、デンマークなど周辺諸国との集団安全保障を強化中だ 

2015.03.05
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2015.3.10号(3/ 3発売)

特集:EUの挫折

2015.3.10号(3/ 3発売)

経済危機、EU懐疑派の台頭、移民排斥運動の高まり
ヨーロッパ統合という壮大な実験はどこに向かうのか

ヨーロッパ そして沈みゆくEU統合の理念

ギリシャ 真の欧州統合へ「ユーロ離脱」という選択肢

リスク 欧州の足並みを乱す4カ国

人権 移民との共生に問われる覚悟

雇用 若年者を襲う失業の嵐と機会の不平等

雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:EUの挫折

2015-3・10号(3/ 3発売)

経済危機、EU懐疑派の台頭、移民排斥運動の高まり
ヨーロッパ統合という壮大な実験はどこに向かうのか

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    『アメリカン・スナイパー』射殺事件の真相は

    米海軍特殊部隊の伝説の狙撃兵クリス・カイルが非…

  2. 2

    韓国与党で強まる朴大統領の包囲網

    政権3年目で支持率が急落するなか、セヌリ党内部…

  3. 3

    ISIS「脱走兵増加」で新たなテロが幕を開ける?

    逃げ帰ったはずの外国人戦闘員が母国に牙をむく─…

  4. 4

    連日パリを脅かすドローンの正体は

    アルジャジーラの記者3人が逮捕されたが、一連の…

  5. 5

    旅やレストランの口コミ、どこまで信じますか

    トリップアドバイザーの虚偽情報が問題になってい…

  6. 6

    社会的弱者を犠牲にしてギリシャは救えない

    ヨーロッパの政治と社会の安定のためには債務問題…

  7. 7

    「タフガイ大統領」がISIS空爆で抱えたリスク

    強権支配で国を守ると約束した軍事政権がテロを防…

  8. 8

    ISISの背後にうごめく神秘主義教団の冷酷な影

    かつて清朝を滅ぼしソ連を敗退させた謎の集団が、…

  9. 9

    米雇用で太陽光が石炭を抜いた

    「すでに石炭産業を追い抜いた」という指摘に同業…

  10. 10

    プーチン、ウクライナに「戦争はない」と強弁

    プーチンが戦争を焚きつけ、親ロシア派を支援して…

  1. 1

    ネット時代にはNHKも有料放送にして民営化すべきだ

    総務省は、NHKの放送のインターネット同時配…

  2. 2

    ISが引き裂くエジプトと湾岸諸国

    ヨルダンは、人質にされたパイロットを「イスラ…

  3. 3

    映画『風立ちぬ』のヒロインが「菜穂子」である理由

    宮崎駿氏の最新作『風立ちぬ』を見ました(以降…

  4. 4

    駐韓アメリカ大使襲撃事件、アメリカの「第一報」は?

    3月5日の朝(現地時間)にマーク・リパート駐…

  5. 5

    『永遠の0』の何が問題なのか?

    先月に一時帰国した際、評判の映画『永遠の0』…

  6. 6

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  7. 7

    「戦後70年談話」有識者懇談会の論点を考える(その1)

    この有識者懇談会ですが、結論がそのまま「談話…

  8. 8

    日銀が無限に国債を買えば「無税国家」ができるのか

    日本銀行の黒田総裁が2013年4月に「マネタ…

  9. 9

    【ウェブ対談:池田信夫×冷泉彰彦】慰安婦問題の本質とは何か<3>

    ≪対談<1>はこちら≫ ≪対談<2>はこちら…

  10. 10

    安倍首相の米議会演説に期待できる内容とは?

    今年「戦後70年」の節目にあたって、安倍首相…

  1. 1

    日本経済、「真の夜明け」可能性高く=日銀副総裁

    日銀の中曽宏副総裁は27日、日本経済は持続的…

  2. 2

    ロシア野党指導者ネムツォフ氏射殺される、元第1副首相

    ロシアの元第1副首相で野党指導者のボリス・ネ…

  3. 3

    「アメリカン・スナイパー」射殺、元海兵隊員に終身刑

    米テキサス州の裁判所は24日、米海軍特殊部隊…

  4. 4

    米国株が下落、GDP下方修正を嫌気

    27日の米国株式市場は下落して取引を終えた。…

  5. 5

    ロシア準備基金取り崩し、最大500億ドル=財務次官

    ロシアのネステレンコ第一財務次官は27日、財…

  6. 6

    EBRDがギリシャ支援承認へ、最大10億ユーロ規模か=関係者

    ギリシャが来週初めにも欧州復興開発銀行(EB…

  7. 7

    NY市場サマリー(27日)

    <為替> ドル指数がほぼ変わらず。月間では8…

  8. 8

    OPEC供給量昨年6月以来の低水準、イラクで輸出遅れ

    ロイター調査によると、石油輸出国機構(OPE…

  9. 9

    駐韓米大使が襲われ負傷、容疑者の男「戦争訓練反対」と叫ぶ

    リッパート駐韓米国大使(42)が5日朝、ソウ…

  10. 10

    中国人民銀が追加利下げ、需要低迷とデフレリスクに対応

    中国人民銀行(中央銀行)は28日、貸出および…

定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE

  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月