最新記事

外尾悦郎(彫刻家)

特集

世界が尊敬する日本人

国境と文化の壁を越えて輝く
天才・鬼才・異才

2009.04.08

特集

日本

外尾悦郎(彫刻家)

Etsuro Sotoo

ガウディの哲学を石に刻む

2009年4月8日(水)18時12分
佐野尚史

 バルセロナに住む外尾悦郎(53)は28年間、「石の聖書」を彫り続けている。その聖書とは、キリスト教をテーマにした装飾がいたるところに施され、着工から120年以上たった今でも天に向かって伸びる聖堂──アントニオ・ガウディが手がけたサグラダ・ファミリアだ。

 福岡出身の外尾がこの地を踏んだのは、京都市立芸術大学を卒業した翌年の78年。石を彫りたいという漠然とした思いをかかえ立ち寄った街で、吸い寄せられるようにガウディの未完の傑作と出合う。

 テストを経て、聖堂に彫刻家として採用されてからはこの道一筋。00年に完成させた「生誕の門」は昨年、世界遺産に登録された。

 外尾は単に石を彫っているわけではない。「彫刻家であり、ガウディの理念を後世に伝える哲学者だ」と、ガウディ研究の第1人者、フアン・バセゴダ・ノネルは言う。1930年代のスペイン内戦で資料の大半が消失し、完全な設計図がないサグラダ・ファミリアでは、「ガウディならどうしたか」を吟味し、創造していくことも重大な仕事なのだ。

 全体像を考え、個々の彫刻に意味づけをしながら、外尾は意匠を生み出していく。「ガウディの作品だけを見ていても、彼がそれに満足していたかはわからない。彼と同じ方向を見つめながら考えることが大切だ」と、外尾は言う。80年代、コンクリートを採用することになったときは強く反発した。「素材自体ではなく、現代の安易な物の作り方に反対だった。ガウディならコンクリートをどう使ったかを考えたうえで、利用してほしいと思う」

 素材が変わり、聖堂関係者や職人が次々と世を去り、最古参の1人となった。自宅の壁は使い古した道具で埋め尽くされている。それでもタオルを頭に巻き石と向き合うスタイルは28年間、変わらない。魂を込めてハンマーを振り下ろす音は観光客だけでなく、ガウディの耳にも届いているはずだ。

[2006年10月18日号掲載]

最新ニュース

ビジネス

生産は4─6月横ばい圏内、自動車減産に転じる=日銀月報

2015.05.25

ビジネス

日経平均は7日続伸、円安進行を好感 15年1カ月ぶり高値に

2015.05.25

ビジネス

ドル121円半ば、株価支えに堅調推移

2015.05.25

ワールド

米議会付近で不審物を発見・処理、危険物見つからず

2015.05.25

新着

ニュービジネス

急成長するコロラドのマリファナ起業家たち

パイからリップクリーム、マッサージオイルまで市場が急拡大、業界団体や業界紙も生まれる活況ぶり 

2015.05.25
自動車

イスラム過激派にも人気、トヨタ「ハイラックス」の評判

安くて頑丈で重武装にも都合がいいと、中東で数奇な運命を辿ったハイラックスがフルモデルチェンジ 

2015.05.22
中国

中国、融資伸び悩みで「放置インフラ」が急増

資金調達難から工事が1年ストップしている例も 

2015.05.22
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2015.5.26号(5/19発売)

特集:新シルクロード構想 中国の野望

2015.5.26号(5/19発売)

陸と海のシルクロードをなぞる巨大経済圏「一帯一路」構想
その壮大過ぎる戦略に潜む中国政府の野心と落とし穴

戦略 現代版シルクロードに隠された野望

■マップ 新シルクロードと張り巡らされた「策略」

分析 「一帯一路」の甘過ぎる見通し

世論 新経済戦略、中国人の言い分

視点 一帯一路はユートピアじゃない

雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:新シルクロード構想 中国の野望

2015-5・26号(5/19発売)

陸と海のシルクロードをなぞる巨大経済圏「一帯一路」構想
その壮大過ぎる戦略に潜む中国政府の野心と落とし穴

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    焦点:「中国脅威論」高まるフィリピン、基地増強に世論後押し

    かつて基地増強に反対していた住民も、今では同盟…

  2. 2

    息がぴったり、ISISと米共和党

    イスラム教を戦争の宗教と決めつけ、宗教対立を煽…

  3. 3

    外国人投資家、企業破たん増加で中国の矛盾した司法制度に直面も

    景気減速で明らかになりつつある中国ビジネスのリ…

  4. 4

    中央アジア諸国のいいカモになる「西進」中国

    日米同盟に阻まれて方向転換したものの、「シルク…

  5. 5

    中国の植民地主義を黙認した日本の失点

    反帝国主義に由来するアジア・アフリカ会議で新た…

  6. 6

    オンラインで首切り執行人8名を募集中

    その仕事に特定の技能や学歴は必要ないが、「聖職…

  7. 7

    TPP合意に立ちはだかる最大最強の「障壁」

    大統領選出馬のヒラリーが豹変? 国務長官時代に…

  8. 8

    「完全な」電気自動車が現実に

    新しい家庭用蓄電池がカーライフの革命的解放につ…

  9. 9

    発売近づくサムスン「ギャラクシー・ノート5」、噂のスペックが凄い

    新型メモリから大型4Kディスプレイまで「ノート…

  10. 10

    焦点:金庫番失ったイスラム国、米軍の急襲で学んだ「教訓」

    米軍特殊部隊の攻撃で露呈した過激派組織の意外な…

  1. 1

    「維新」の「小さな政府論」はどうして行き詰まったのか?

    大阪市に関する「市の解体と5区の設置」を問う…

  2. 2

    なぜ人手不足なのに賃金が下がるのか

    2012年末に安倍首相が登場して「デフレ脱却…

  3. 3

    日本を変えるのはKYのチカラだ!

    はじめまして。アメリカ人でありながら日本でお笑い…

  4. 4

    南シナ海に中国の「新大陸」ができる?

    昨年以来、中国は領有権で争いのある南シナ海の南…

  5. 5

    アムトラック脱線で「リニア売り込み」は加速するか

    今週12日夜にフィラデルフィア郊外で発生した…

  6. 6

    イラク、「宗派的に見える」ことが問題

    イラク西部の都市、ラマーディが「イスラーム国…

  7. 7

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  8. 8

    第五福竜丸の死因は「死の灰」ではなかった

    今年の日本記者クラブ賞の特別賞に、南海放送(…

  9. 9

    予想外の英保守党勝利の裏事情

    イギリス総選挙の結果には、あらゆる政治評論家…

  10. 10

    中国の「反日暴動」がアメリカでほとんど報道されない理由とは?

    先週末から今週はじめにかけて、中国の各地では…

  1. 1

    グラハム米共和党上院議員、6月1日に大統領選出馬を正式表明へ

    米共和党のリンジー・グラハム上院議員(サウス…

  2. 2

    英国のEU離脱めぐり先行き不透明感、銀行が投資見合わせ

    英国銀行協会(BBA)によると、欧州連合(E…

  3. 3

    著名クライマーが断崖ジャンプで死亡、米ヨセミテ公園で

    米カリフォルニア州のヨセミテ国立公園で、著名…

  4. 4

    米司法省、産業スパイ罪で中国人6人起訴 天津大教授など

    米司法省は19日、米半導体メーカー2社から企…

  5. 5

    イタリアの成長予想引き上げ、改革加速求める=IMF年次審査

    国際通貨基金(IMF)は18日、イタリア経済…

  6. 6

    経済3団体がAIIB参加に慎重な立場表明=自民合同会議

    自民党は20日、外交部会・財務金融部会などの…

  7. 7

    否決された「大阪都構想」、地方改革の遅れに懸念も

    「大阪都構想」は住民投票で否決されたが、週明…

  8. 8

    世界銀行、インドネシアのインフラ投資に120億ドル支援へ

    世界銀行グループのジム・ヨン・キム総裁は、イ…

  9. 9

    年金や労働問題、譲歩する考えない=ギリシャ首相

    ギリシャのチプラス首相は15日、ギリシャ政府…

  10. 10

    欧州ドローン計画に伊・仏・独が調印、協力拡大で開発に弾み

    イタリア、フランス、ドイツの3カ国は18日、…

ニューズウィーク日本版2015夏特別試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE

  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月