最新記事

外尾悦郎(彫刻家)

特集

世界が尊敬する日本人

国境と文化の壁を越えて輝く
天才・鬼才・異才

2009.04.08

特集

日本

外尾悦郎(彫刻家)

Etsuro Sotoo

ガウディの哲学を石に刻む

2009年4月8日(水)18時12分
佐野尚史
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷

 バルセロナに住む外尾悦郎(53)は28年間、「石の聖書」を彫り続けている。その聖書とは、キリスト教をテーマにした装飾がいたるところに施され、着工から120年以上たった今でも天に向かって伸びる聖堂──アントニオ・ガウディが手がけたサグラダ・ファミリアだ。

 福岡出身の外尾がこの地を踏んだのは、京都市立芸術大学を卒業した翌年の78年。石を彫りたいという漠然とした思いをかかえ立ち寄った街で、吸い寄せられるようにガウディの未完の傑作と出合う。

 テストを経て、聖堂に彫刻家として採用されてからはこの道一筋。00年に完成させた「生誕の門」は昨年、世界遺産に登録された。

 外尾は単に石を彫っているわけではない。「彫刻家であり、ガウディの理念を後世に伝える哲学者だ」と、ガウディ研究の第1人者、フアン・バセゴダ・ノネルは言う。1930年代のスペイン内戦で資料の大半が消失し、完全な設計図がないサグラダ・ファミリアでは、「ガウディならどうしたか」を吟味し、創造していくことも重大な仕事なのだ。

 全体像を考え、個々の彫刻に意味づけをしながら、外尾は意匠を生み出していく。「ガウディの作品だけを見ていても、彼がそれに満足していたかはわからない。彼と同じ方向を見つめながら考えることが大切だ」と、外尾は言う。80年代、コンクリートを採用することになったときは強く反発した。「素材自体ではなく、現代の安易な物の作り方に反対だった。ガウディならコンクリートをどう使ったかを考えたうえで、利用してほしいと思う」

 素材が変わり、聖堂関係者や職人が次々と世を去り、最古参の1人となった。自宅の壁は使い古した道具で埋め尽くされている。それでもタオルを頭に巻き石と向き合うスタイルは28年間、変わらない。魂を込めてハンマーを振り下ろす音は観光客だけでなく、ガウディの耳にも届いているはずだ。

[2006年10月18日号掲載]

最新ニュース

ビジネス

イエレン米FRB議長の会見要旨

2014.09.18

ビジネス

米株小幅続伸でダウ最高値更新、FOMCは相当期間のゼロ金利維持

2014.09.18

ビジネス

FRB議長会見でドル買い継続、ユーロが1.29ドル下回る

2014.09.18

ビジネス

米FOMC声明全文

2014.09.18

新着

スマートフォン

新型iPhoneに乗り換えるべき6つの理由

アップルが大型画面を搭載した新機種でアンドロイドに反撃 

2014.09.17
テクノロジー

外国企業排除を狙う中国産OSの限界

ウィンドウズやアップル製品の購入を政府機関に禁じる一方で、自国産OSのもくろむ中国政府 [2014.9. 9号掲載]

2014.09.17
イギリス

独立スコットランドを待つ厳しい現実

イギリスからの独立が現実味を帯びるスコットランドだが、待っているのはバラ色の未来だけではない 

2014.09.16
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2014.9.23号(9/17発売)

等身大の中国経済

2014.9.23号(9/17発売)

崩壊説がくすぶる中国経済だが、データが示す暗い未来と
リアルな中国人の経済生活は必ずしも一致しない

中国 見失われる等身大の中国経済

キーワード ニュースで読み解く中国経済

成長 中国が怯える中所得国の罠

高齢化 ゴミ拾いをしなければ生きられない老後

雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

等身大の中国経済

2014-9・23号(9/17発売)

崩壊説がくすぶる中国経済だが、データが示す暗い未来と
リアルな中国人の経済生活は必ずしも一致しない

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    児童1400人性的虐待の衝撃

    筆舌に尽くしがたい仕打ちを犯罪を10年前から知りな…

  2. 2

    コンドームいらずの男性用避妊法まであと少し

    注射1本でパイプカットと同様の効果があり、必要なと…

  3. 3

    教科書の国定化で朴槿恵が陥る深刻なジレンマ

    教科書の固定化、画一化を許せば、朴正煕の軍事独裁が…

  4. 4

    韓国が輸出する超小型犬の悲劇

    ティーカップサイズでセレブに人気の超小型犬は韓国の…

  5. 5

    世界の脅威に策を持たないオバマの危険なミニマリズム

    紛争で激しく揺れ動く世界とアメリカに必要なのは、自…

  6. 6

    旅客機、どんどん狭くなる足元スペースの暴利

    狭い座席に乗客を詰め込む強欲エアラインに誰もがブチ…

  7. 7

    「タクシー業界の敵」で「破壊的」なUberとは

    スマホでタクシーを呼べる配車サービスは既存の業界の…

  8. 8

    「第3の端末」iPadに見えた限界

    ユーザーの満足度も高くシェアもダントツなのになぜ売…

  9. 9

    「ポスト中国」インドネシア経済の病魔

    ジョコ・ウィドド次期大統領が抱える最大の課題は「補…

  10. 10

    中国に逆らい日本を支持したフィリピンの思惑

    アキノ大統領が東南アジア諸国で初めて「侵略国」日本…

  1. 1

    セレブはヌード写真を撮ってクラウドに保存するのか?

    アップルのクラウドサービスiCloudからセレブ…

  2. 2

    スコットランド住民投票の意外な意味

    スコットランド独立の是非を問う住民投票が、9月1…

  3. 3

    アメリカやヨーロッパから「ISIS」への志願者、その背景は?

    シリアから始まってイラク北部に「点と線」の支配地…

  4. 4

    「反原発ムラ」に閉じこもる原子力規制委員会

    原子力規制委員会は9月4日の会合で、日本原電の敦…

  5. 5

    「9・11」から13周年、その前夜にシリア空爆を発表したオバマ

    2001年の「9・11」同時多発テロから13年の…

  6. 6

    STAP細胞事件と朝日新聞誤報事件に学ぶ「だめな危機管理」

    理化学研究所のSTAP細胞についての検証実験の中…

  7. 7

    普通のイラク人にとっての国民和解とは

    イラクの新内閣が決まった。 北と西を制圧し、…

  8. 8

    慰安婦問題の本質は大誤報を認めても謝罪しない「朝日新聞問題」だ

    8月5日から6日にわたって朝日新聞は慰安婦問題の…

  9. 9

    なぜ中国はいま韓国に急接近し始めたのか

    中国の習近平国家主席が、7月3日から韓国を訪問し…

  10. 10

    3月14日開業が決まった北陸新幹線に死角はないか?

    開業日は多くの人が予測していた通りでしたが、運行…

  1. 1

    西アフリカのエボラ死者、2400人突破=WHO

    世界保健機関(WHO)のチャン事務局長は12日、…

  2. 2

    KDDIとソフトバンク、iPhone6の料金発表

    NTTドコモとKDDI(au)、ソフトバンクの3…

  3. 3

    NY市場サマリー(12日)

    <為替> ドルが対円で6年ぶり高値をつけた。米連…

  4. 4

    グーグルがインドで105ドルスマホ発売、新興国需要に対応

    インターネット検索大手の米グーグルは15日、新興…

  5. 5

    アップルの新型アイフォーン予約、初日に400万台突破

    米アップルは15日、新型スマートフォン(スマホ)…

  6. 6

    同意なき介入は侵略行為、シリア国務相警告

    シリアのハイダル国務相(国民和解担当)は11日、…

  7. 7

    豪州がテロ警戒度引き上げ、中東で戦闘参加の自国民が脅威に

    オーストラリア政府は12日、テロ警戒レベルを「中…

  8. 8

    米国がG20で需要促進への対策目指す、欧州に行動要求へ

    米国は欧州に対し、需要と成長の支援に向け、より積…

  9. 9

    米輸入物価、9カ月ぶりの大幅な落ち込み

    米労働省が12日発表した8月の輸入物価は前月比0…

  10. 10

    日産、EV用バッテリー生産の縮小検討=関係筋

    日産自動車のカルロス・ゴーン最高経営責任者(CE…

Photo

全身9ドルの服が 語る中国の肖像

2014.09.12 : ポップな色彩にキッチュな着こなし、どこかぎこちないモデルたち・…

Picture Power
詳しく見る
Sound's View 自分を創る音の風景 豊田泰久さん
ニューズウィーク日本版2014秋特別試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE

  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月