最新記事

外尾悦郎(彫刻家)

特集

世界が尊敬する日本人

国境と文化の壁を越えて輝く
天才・鬼才・異才

2009.04.08

特集

日本

外尾悦郎(彫刻家)

Etsuro Sotoo

ガウディの哲学を石に刻む

2009年4月8日(水)18時12分
佐野尚史

 バルセロナに住む外尾悦郎(53)は28年間、「石の聖書」を彫り続けている。その聖書とは、キリスト教をテーマにした装飾がいたるところに施され、着工から120年以上たった今でも天に向かって伸びる聖堂──アントニオ・ガウディが手がけたサグラダ・ファミリアだ。

 福岡出身の外尾がこの地を踏んだのは、京都市立芸術大学を卒業した翌年の78年。石を彫りたいという漠然とした思いをかかえ立ち寄った街で、吸い寄せられるようにガウディの未完の傑作と出合う。

 テストを経て、聖堂に彫刻家として採用されてからはこの道一筋。00年に完成させた「生誕の門」は昨年、世界遺産に登録された。

 外尾は単に石を彫っているわけではない。「彫刻家であり、ガウディの理念を後世に伝える哲学者だ」と、ガウディ研究の第1人者、フアン・バセゴダ・ノネルは言う。1930年代のスペイン内戦で資料の大半が消失し、完全な設計図がないサグラダ・ファミリアでは、「ガウディならどうしたか」を吟味し、創造していくことも重大な仕事なのだ。

 全体像を考え、個々の彫刻に意味づけをしながら、外尾は意匠を生み出していく。「ガウディの作品だけを見ていても、彼がそれに満足していたかはわからない。彼と同じ方向を見つめながら考えることが大切だ」と、外尾は言う。80年代、コンクリートを採用することになったときは強く反発した。「素材自体ではなく、現代の安易な物の作り方に反対だった。ガウディならコンクリートをどう使ったかを考えたうえで、利用してほしいと思う」

 素材が変わり、聖堂関係者や職人が次々と世を去り、最古参の1人となった。自宅の壁は使い古した道具で埋め尽くされている。それでもタオルを頭に巻き石と向き合うスタイルは28年間、変わらない。魂を込めてハンマーを振り下ろす音は観光客だけでなく、ガウディの耳にも届いているはずだ。

[2006年10月18日号掲載]

最新ニュース

ビジネス

FRB、来年まで利上げすべきでない=ミネアポリス地区連銀総裁

2015.05.06

ビジネス

中国サービスPMI、4月は年初来高水準 株価上昇が寄与

2015.05.06

ビジネス

米国株が反落、米貿易赤字拡大を嫌気

2015.05.06

ビジネス

ギリシャ支援協議、なお膠着

2015.05.06

新着

映画

話題作『Mommy/マミー』が映す愛と絶望と希望

カナダの監督グザビエ・ドラン監督は母子の葛藤の中に、普遍的な生きづらさと希望をみせている 

2015.04.28
ヘルス

美容と健康のために胎盤スムージーって???

馬や羊などのプラセンタでは物足りず自分の胎盤を食べる女性が増えている [2015.4. 7号掲載]

2015.04.28
日米関係

中国、「安倍訪米はアメリカにも危険」

日本は周辺国との揉め事にアメリカを巻き込むトラブルメーカーだと警告 

2015.04.28
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2015.5. 5号(4/28発売)

特集:生まれ変わる「楽園」 Cuba!

2015.5. 5号(4/28発売)

情熱の国に生きる素朴な人々と、今も続く「革命」──
50年前のままのキューバは米国交正常化でどう変わる?

中南米 変わりゆく国家キューバの肖像

現地取材 新生キューバへ向かう人々の「今」

■文化 荒廃と困窮が生む唯一無二のアート

クラシックカー カリブの宝石は消えるのか

■野球 MLBが色めきたつ野球選手の青田買い

■映画 老音楽家たちのあせない輝き

■革命家 記憶遺産ゲバラの血塗られた歴史

■アイコン シガー解禁で戦々恐々な国、ハバナクラブのねじれ解消?、ほか

■政治 大作家ヘミングウェイとキューバの秘めた関係

展望 半世紀止まっていた時計の針がいよいよ動きだす

雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:生まれ変わる「楽園」 Cuba!

2015-5・ 5号(4/28発売)

情熱の国に生きる素朴な人々と、今も続く「革命」──
50年前のままのキューバは米国交正常化でどう変わる?

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    朴政権の「歴史歪曲」で大モメ

    朝鮮戦争中の軍による民間人虐殺に関する記述の削…

  2. 2

    「ハラール・セックスショップ」がサウジに出現

    イスラム教徒の聖地メッカに、イスラム教徒向け「…

  3. 3

    韓国が戦争犯罪を認めない訳

    日本の植民地支配を非難する韓国だが、ベトナム戦…

  4. 4

    チップがレストランを駄目にする

    「心付けはウエーターをやる気にさせる」なんて嘘…

  5. 5

    レイプ大国オーストラリアの新事実

    女子大生の6人に1人がレイプされた経験があると…

  6. 6

    7兆ドルをどぶに捨てた中国に明日はあるか

    世界第2位の経済大国になった中国がこのままトン…

  7. 7

    爆買いされる資源と性、遊牧民を悩ます中国の野心

    「神なる山」で起きた衝突の歪曲された真相とは?…

  8. 8

    「グーグル市」の住み心地

    理想の都市作りと統治を目指すグーグルが世界を救…

  9. 9

    児童1400人性的虐待の衝撃

    筆舌に尽くしがたい仕打ちの犯罪を10年前から知…

  10. 10

    中国の大気汚染のうれしい「副作用」

    都市部で発生するスモッグが、中国政府の地球温暖…

  1. 1

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  2. 2

    韓国と「価値観を共有しない」となぜ今宣言するのか?

    最初は外務省のHP、そして閣議決定の文言、さ…

  3. 3

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  4. 4

    『永遠の0』の何が問題なのか?

    先月に一時帰国した際、評判の映画『永遠の0』…

  5. 5

    世界が尊敬する日本人

    私は京都のある大学で週1時間だけ「メディア論…

  6. 6

    間違い電話でわかった借金大国の悲しい現実

    ニューヨークに住み始めた僕は、まず携帯電話を手…

  7. 7

    「現代のパトロン」クラウド・ファンディングの落とし穴

    アメリカではすっかり定着した感のあるクラウド…

  8. 8

    基地を利用した補助金「おねだり」は沖縄の地場産業

    沖縄県の翁長知事が、防衛省による米軍普天間飛…

  9. 9

    「日本は5年で破綻」藤巻健史氏の警告に対しての「解」はあるのか?

    6月14日に米ブルームバーグが配信した藤巻健…

  10. 10

    中国の「反日暴動」がアメリカでほとんど報道されない理由とは?

    先週末から今週はじめにかけて、中国の各地では…

  1. 1

    訂正:ギリシャ国庫、かき集めないと20日にも資金枯渇=当局者

    対ギリシャ支援交渉が難航するなか、同国政府が…

  2. 2

    日本の海空監視活動、中国船舶・航空機の安全に脅威=国防省

    中国国防省は17日、東シナ海などでの日本の警…

  3. 3

    アングル:インドネシア大統領の蜜月終わる、政策撤回や政局が影

    インドネシアのジョコ・ウィドド大統領が就任し…

  4. 4

    ギリシャ、これまで修復してきた信頼をすべて破壊=独財務相

    ドイツのショイブレ財務相は16日、ギリシャの…

  5. 5

    米国株が大幅続落、中国やギリシャへの懸念強まる

    17日の米国株式市場は大幅続落で引けた。中国…

  6. 6

    焦点:自衛隊の後方支援拡大へ、フィリピン有事なら米軍に弾薬提供

    安倍政権が今国会中の成立を目指す新たな安全保…

  7. 7

    日韓通貨交換、最後の融資枠100億ドル分延長せず

    日韓両政府が、国際金融市場の有事にドルを融通…

  8. 8

    印リライアンス、米シェール部門の成長鈍化を予想

    インドの複合企業リライアンス・インダストリー…

  9. 9

    イタリアの再生エネ最大手EGPが丸紅と提携、アジアで事業開拓へ

    イタリアの再生可能エネルギー最大手ENELグ…

  10. 10

    東南アジア株まちまち、マニラが利食い売りに下落

    週明け13日の東南アジア株式市場では、マニラ…

定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE

  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月