最新記事

外尾悦郎(彫刻家)

特集

世界が尊敬する日本人

国境と文化の壁を越えて輝く
天才・鬼才・異才

2009.04.08

特集

日本

外尾悦郎(彫刻家)

Etsuro Sotoo

ガウディの哲学を石に刻む

2009年4月8日(水)18時12分
佐野尚史
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷

 バルセロナに住む外尾悦郎(53)は28年間、「石の聖書」を彫り続けている。その聖書とは、キリスト教をテーマにした装飾がいたるところに施され、着工から120年以上たった今でも天に向かって伸びる聖堂──アントニオ・ガウディが手がけたサグラダ・ファミリアだ。

 福岡出身の外尾がこの地を踏んだのは、京都市立芸術大学を卒業した翌年の78年。石を彫りたいという漠然とした思いをかかえ立ち寄った街で、吸い寄せられるようにガウディの未完の傑作と出合う。

 テストを経て、聖堂に彫刻家として採用されてからはこの道一筋。00年に完成させた「生誕の門」は昨年、世界遺産に登録された。

 外尾は単に石を彫っているわけではない。「彫刻家であり、ガウディの理念を後世に伝える哲学者だ」と、ガウディ研究の第1人者、フアン・バセゴダ・ノネルは言う。1930年代のスペイン内戦で資料の大半が消失し、完全な設計図がないサグラダ・ファミリアでは、「ガウディならどうしたか」を吟味し、創造していくことも重大な仕事なのだ。

 全体像を考え、個々の彫刻に意味づけをしながら、外尾は意匠を生み出していく。「ガウディの作品だけを見ていても、彼がそれに満足していたかはわからない。彼と同じ方向を見つめながら考えることが大切だ」と、外尾は言う。80年代、コンクリートを採用することになったときは強く反発した。「素材自体ではなく、現代の安易な物の作り方に反対だった。ガウディならコンクリートをどう使ったかを考えたうえで、利用してほしいと思う」

 素材が変わり、聖堂関係者や職人が次々と世を去り、最古参の1人となった。自宅の壁は使い古した道具で埋め尽くされている。それでもタオルを頭に巻き石と向き合うスタイルは28年間、変わらない。魂を込めてハンマーを振り下ろす音は観光客だけでなく、ガウディの耳にも届いているはずだ。

[2006年10月18日号掲載]

最新ニュース

ワールド

中国外務省、国家主席が対日関係改善に意欲との見解否定

2014.08.28

ビジネス

ホンダが約6万3200台をリコール、タカタ製エアバッグ不具合で

2014.08.28

ワールド

ロシアが支援する分離主義勢力、ウクライナ南東部の町に進入

2014.08.28

ビジネス

ペトロチャイナの第2四半期は15%増益、市場予想と一致

2014.08.28

新着

移民

グリーンカード目当ての投資条件を引き上げよ

多額の投資を条件に移民ビザを発給する制度は欠陥だらけ 

2014.08.28
リベリア

エボラ対策を邪魔する根強い無知と不信 

患者「解放」事件が起きたのは人々の無知ゆえ。地道な啓発活動が最悪の状況を改善する [2014.9. 2号掲載]

2014.08.28
航空

旅客機、どんどん狭くなる足元スペースの暴利

狭い座席に乗客を詰め込む強欲エアラインに誰もがブチ切れ寸前 

2014.08.27
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2014.9. 2号(8/26発売)

特集:ビッグデータ 可能性と限界

2014.9. 2号(8/26発売)

パソコンやネットの誕生に匹敵する変革の波
来るべきデータ時代は生活とビジネスをこう変える

イノベーション すべてを予測するビッグデータ時代

統計 「死の確率」割り出します

ビジネス オープンデータは「宝の山」だ

宇宙 電波のデータ活用で宇宙人を探せ

視点 データ収集だけでいいの?

雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:ビッグデータ 可能性と限界

2014-9・ 2号(8/26発売)

パソコンやネットの誕生に匹敵する変革の波
来るべきデータ時代は生活とビジネスをこう変える

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    殺害されたジャーナリストはISISへの「生け贄」だった

    残虐な処刑映像が公開されたジェームズ・フォーリーは…

  2. 2

    韓国が輸出する超小型犬の悲劇

    ティーカップサイズでセレブに人気の超小型犬は韓国の…

  3. 3

    グーグルが軍事施設を丸裸に

    グーグルマップのコンテスト参加者が描いてしまった禁…

  4. 4

    インドにも「侵入」を繰り返す中国

    実効支配地域の認識は食い違うが、現状維持では一致す…

  5. 5

    「第3の端末」iPadに見えた限界

    ユーザーの満足度も高くシェアもダントツなのになぜ売…

  6. 6

    イラク危機に中国が沈黙を守り続ける理由

    「大国扱い」を求める一方で国際社会に貢献する気はな…

  7. 7

    反日による日本人欠場でゲーム大会中止に

    日中の尖閣問題からアメリカのイラン制裁まで、国家間…

  8. 8

    黒人射殺事件で見えた警察の軍隊化

    米軍で余った重火器を手に入れて凶暴になった「勘違い…

  9. 9

    中国が刺激したロシア海軍の復活

    地位復権・領土拡大・経済的利益・・・・・・海に向か…

  10. 10

    エボラ蔓延の真の元凶は文化格差

    西アフリカ諸国では西洋医学に対する不信感や誤った噂…

  1. 1

    慰安婦問題の本質は大誤報を認めても謝罪しない「朝日新聞問題」だ

    8月5日から6日にわたって朝日新聞は慰安婦問題の…

  2. 2

    ミズーリ州の暴動は沈静化へ向かうのか?

    ミズーリ州セントルイス近郊のファーガソン市では、…

  3. 3

    リトルリーグに現れた「少女エース」の快投

    昨年もこのブログでお話した、アメリカ東海岸の夏の…

  4. 4

    『永遠の0』の何が問題なのか?

    先月に一時帰国した際、評判の映画『永遠の0』を観…

  5. 5

    田母神俊雄氏のイスラエル訪問計画、3つの懸念

    田母神俊雄氏(元自衛隊航空幕僚長)の支持グループ…

  6. 6

    中高生の「男女別学」にはメリットがあるのか?

    静岡県の川勝平太知事は7月に行われた県議会の一般…

  7. 7

    円安で供給不足の「悪循環」がやってくる

    8月に入って、不吉な統計の発表が続いている。貿易…

  8. 8

    イラク新首相、任命されたはいいが

    8月8日、イラク北部で大きな脅威となった「イスラ…

  9. 9

    違反きっぷに異議あり!の時のお助けアプリ

    お上にもの申す。そんなこともアプリがやってくれる…

  10. 10

    電気代が5割上がる現実を直視しよう

    北海道電力は、7月30日に予定していた電気料金の…

  1. 1

    ロシアが複数日本人の入国禁止、ウクライナ問題で報復

    ロシア外務省は22日、複数の日本人に対する入国禁…

  2. 2

    「イスラム国」が米国人記者の殺害発表、米政府は真偽検証中

    イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」は1…

  3. 3

    ロシア支援物資車が越境強行、ウクライナ「重大な国際法違反」

    ロシアの人道支援物資を運ぶトラックが22日、ウク…

  4. 4

    米電力ダイナジー、同業他社から火力発電所取得

    米電力会社ダイナジーは22日、同業他社から石炭・…

  5. 5

    エボラ感染の米国人医師が退院、「今日は奇跡的な日」

    西アフリカのリベリアでエボラ出血熱に感染し、米国…

  6. 6

    「イスラム国」のジャーナリスト映像、米が信ぴょう性確認

    米国家安全保障会議(NSC)のヘイデン報道官は2…

  7. 7

    中国とモンゴル、鉄道・資源などで契約署名

    モンゴル外務省は、中国の習近平国家主席の21日か…

  8. 8

    エボラ感染で帰国の米医師が退院、未承認薬で治療

    西アフリカのリベリアでエボラ出血熱に感染し、米国…

  9. 9

    コンゴで別ウィルスによるエボラ熱発生、英国では初の感染者が帰国

    アフリカ中部のコンゴ(旧ザイール)で、西アフリカ…

  10. 10

    欧州株・ユーロが下落、ウクライナ情勢緊迫化

    22日の欧州株式市場が下落している。ロシアの人道…

Photo

民族の歴史を刻むエストニアの祭典

2014.08.19 : 白地に鮮やかな刺繍を施した民族衣装の女性や、黒い帽子にひざ丈パ…

Picture Power
詳しく見る
Sound's View 自分を創る音の風景 豊田泰久さん
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE

  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月