最新記事

外尾悦郎(彫刻家)

世界が尊敬する日本人

国境と文化の壁を越えて輝く
天才・鬼才・異才

2009.04.08

ニューストピックス

外尾悦郎(彫刻家)

Etsuro Sotoo

ガウディの哲学を石に刻む

2009年4月8日(水)18時12分
佐野尚史

 バルセロナに住む外尾悦郎(53)は28年間、「石の聖書」を彫り続けている。その聖書とは、キリスト教をテーマにした装飾がいたるところに施され、着工から120年以上たった今でも天に向かって伸びる聖堂──アントニオ・ガウディが手がけたサグラダ・ファミリアだ。

 福岡出身の外尾がこの地を踏んだのは、京都市立芸術大学を卒業した翌年の78年。石を彫りたいという漠然とした思いをかかえ立ち寄った街で、吸い寄せられるようにガウディの未完の傑作と出合う。

 テストを経て、聖堂に彫刻家として採用されてからはこの道一筋。00年に完成させた「生誕の門」は昨年、世界遺産に登録された。

 外尾は単に石を彫っているわけではない。「彫刻家であり、ガウディの理念を後世に伝える哲学者だ」と、ガウディ研究の第1人者、フアン・バセゴダ・ノネルは言う。1930年代のスペイン内戦で資料の大半が消失し、完全な設計図がないサグラダ・ファミリアでは、「ガウディならどうしたか」を吟味し、創造していくことも重大な仕事なのだ。

 全体像を考え、個々の彫刻に意味づけをしながら、外尾は意匠を生み出していく。「ガウディの作品だけを見ていても、彼がそれに満足していたかはわからない。彼と同じ方向を見つめながら考えることが大切だ」と、外尾は言う。80年代、コンクリートを採用することになったときは強く反発した。「素材自体ではなく、現代の安易な物の作り方に反対だった。ガウディならコンクリートをどう使ったかを考えたうえで、利用してほしいと思う」

 素材が変わり、聖堂関係者や職人が次々と世を去り、最古参の1人となった。自宅の壁は使い古した道具で埋め尽くされている。それでもタオルを頭に巻き石と向き合うスタイルは28年間、変わらない。魂を込めてハンマーを振り下ろす音は観光客だけでなく、ガウディの耳にも届いているはずだ。

[2006年10月18日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

アングル:ECBの出口政策、テーパータントラム再燃

ワールド

相互に核の脅威と非難、軍縮会議で米朝応酬

ワールド

米、1100万ドル没収求め北朝鮮関連企業提訴 資金

ビジネス

アングル:中国、企業収益改善で債務問題の対応余地拡

MAGAZINE

特集:プーチンの新帝国

2017-8・29号(8/22発売)

内向きのトランプを尻目に中東、欧州そして北極へと「新帝国」拡大を目指すプーチン露大統領の野心と本心

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプ ─ 北朝鮮時代に必読、5分でわかる国際関係論

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    英ケンブリッジ大学がチャイナ・マネーに負けた!----世界の未来像への警鐘

  • 4

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 5

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 6

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 7

    北朝鮮問題の背後で進むイラン核合意破棄

  • 8

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 9

    バノン抜きのトランプ政権はどこに向かう?

  • 10

    有事想定の米韓軍事演習、北朝鮮「暗殺陰謀」と反発

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 3

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 4

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 5

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 6

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 7

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 8

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 4

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を…

  • 5

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 6

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 7

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 8

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月