注目のキーワード
文字サイズ

最新記事

外尾悦郎(彫刻家)

ニューストピックス

世界が尊敬する日本人

国境と文化の壁を越えて輝く
天才・鬼才・異才

2009.04.08

ニューストピックス

日本

外尾悦郎(彫刻家)

Etsuro Sotoo

ガウディの哲学を石に刻む

2009年4月8日(水)18時12分
佐野尚史

 バルセロナに住む外尾悦郎(53)は28年間、「石の聖書」を彫り続けている。その聖書とは、キリスト教をテーマにした装飾がいたるところに施され、着工から120年以上たった今でも天に向かって伸びる聖堂──アントニオ・ガウディが手がけたサグラダ・ファミリアだ。

 福岡出身の外尾がこの地を踏んだのは、京都市立芸術大学を卒業した翌年の78年。石を彫りたいという漠然とした思いをかかえ立ち寄った街で、吸い寄せられるようにガウディの未完の傑作と出合う。

 テストを経て、聖堂に彫刻家として採用されてからはこの道一筋。00年に完成させた「生誕の門」は昨年、世界遺産に登録された。

 外尾は単に石を彫っているわけではない。「彫刻家であり、ガウディの理念を後世に伝える哲学者だ」と、ガウディ研究の第1人者、フアン・バセゴダ・ノネルは言う。1930年代のスペイン内戦で資料の大半が消失し、完全な設計図がないサグラダ・ファミリアでは、「ガウディならどうしたか」を吟味し、創造していくことも重大な仕事なのだ。

 全体像を考え、個々の彫刻に意味づけをしながら、外尾は意匠を生み出していく。「ガウディの作品だけを見ていても、彼がそれに満足していたかはわからない。彼と同じ方向を見つめながら考えることが大切だ」と、外尾は言う。80年代、コンクリートを採用することになったときは強く反発した。「素材自体ではなく、現代の安易な物の作り方に反対だった。ガウディならコンクリートをどう使ったかを考えたうえで、利用してほしいと思う」

 素材が変わり、聖堂関係者や職人が次々と世を去り、最古参の1人となった。自宅の壁は使い古した道具で埋め尽くされている。それでもタオルを頭に巻き石と向き合うスタイルは28年間、変わらない。魂を込めてハンマーを振り下ろす音は観光客だけでなく、ガウディの耳にも届いているはずだ。

[2006年10月18日号掲載]

最新ニュース

ビジネス

ギリシャ銀行休業、7日以降も継続へ 最低数日間=関係筋

2015.07.06

ビジネス

ギリシャ、ユーロ圏残留なら踏み込んだ改革案提示の必要=独経済相

2015.07.06

ビジネス

ギリシャ新財務相にツァカロトス氏有力、バルファキス氏が示唆

2015.07.06

ビジネス

ギリシャ、7日に新提案示すことで合意=政府当局者

2015.07.06

新着

ヨーロッパ経済

ギリシャを切る欧州の覚悟は本物か

国民投票の民意は「財政緊縮はノー」と「金融支援はイエス」だった。欧州には呑めない相談だ。 

2015.07.06
BOOKS

明治日本の産業発展にまつわる「残酷」をひも解く

『『日本残酷物語』を読む』で知る、近代史に埋もれた民衆の苦しみと、それを記録した民俗学者らの思い 

2015.07.06
連載「転機の日本経済」(3)

ギリシャと日本の類似性──量的緩和による危機の拡大

【小幡績】 デフォルトが出口にならない日本の出口はインフレだが、そこにも大きな副作用が 

2015.07.06
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2015.7.14号(7/ 7発売)

特集:ギリシャ危機の本質

2015.7.14号(7/ 7発売)

世界経済を巻き込むギリシャ債務危機
なぜここまでこじれ、これからどうなるのか?

欧州経済 ギリシャ危機の深刻度
解説 ところで、一体なぜ危機に?
分析 危機の本質を見誤るな
■社会 現金確保に走るギリシャ人の日常
■治安 警備強化で市民の不安を取り除け
■給料 外国人選手が「年俸はユーロで」
■通貨 頼みの綱はビットコイン?
オピニオン 押し付けだけでは改革は進まない
雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:ギリシャ危機の本質

2015-7・14号(7/ 7発売)

世界経済を巻き込むギリシャ債務危機
なぜここまでこじれ、これからどうなるのか?

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

ニューストピックス

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    日本の財政問題とギリシャ破綻

    【小幡績】日本はギリシャよりはるかに大きな借金…

  2. 2

    中国犬肉祭りは文化どころか金儲け

    2日で1万匹の犬を殺して食べる祭りの醜悪さ…

  3. 3

    アメリカのブックフェアで見た中国の「押し売り」プロパガンダ

    中国政府ご推薦の作家と作品だけを出展した広大な…

  4. 4

    北欧伝統の「クジラ追い込み漁」が始まった

    伝統文化を妨害されたフェロー諸島の住民は猛反発…

  5. 5

    イスラエルが考え出した新たな「拷問」

    「ハンストは自爆テロ」と、食べない囚人に無理や…

  6. 6

    ISがまたアフガン遺跡を破壊? いや、中国が

    5000年の歴史を誇る古代都市メス・アイナクが…

  7. 7

    チベット化する香港が漢民族支配を脱する日

    「高度な自治」との鄧小平の約束はどこへやら、雨…

  8. 8

    EU離脱後のギリシャ

    通貨が紙くずになるだけではなく、民主主義が終わ…

  9. 9

    チェコ語翻訳者が語る、村上春樹のグローバルな魅力

    40以上の言語に翻訳されるほど人気が高いのは「…

  10. 10

    サウジの王子、全財産4兆円を寄付のからくり

    過去数百ドルを募金してきた中東の王子様が、全財…

  1. 1

    問題は言論弾圧ではなく「メディアの歪んだアジェンダ設定」だ

    6月25日に自民党の「文化芸術懇話会」で、複…

  2. 2

    文科省が打ち出した「文系大学はもういらない」の衝撃

    今年も憂鬱な就活の季節がやってきた。会社訪問…

  3. 3

    新幹線放火事件で、安全性は揺らいだのか?

    今週、東京発新大阪行「のぞみ225号」の車内…

  4. 4

    警官を見たら殺し屋と思え? アブなすぎるアメリカの実態

    「見た? アメリカの警察の、あのひどい映像。相手…

  5. 5

    「なでしこ」だけではない女子サッカー選手の低賃金

    現地時間で23日深夜のオランダ戦を2対1で勝…

  6. 6

    広島・長崎の「70周年」をどう考えるか?

    戦後70周年の今年、ヨーロッパではアウシュビ…

  7. 7

    アメリカの「独立記念日」が「花火とBBQだけ」である理由とは?

    7月4日は、アメリカでは独立記念日の祝日です…

  8. 8

    イギリス人(の中年)の果てなき鳥への愛

    子供が虫に興味を引かれて立ち止まるのは、そう…

  9. 9

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  10. 10

    間違い電話でわかった借金大国の悲しい現実

    ニューヨークに住み始めた僕は、まず携帯電話を手…

  1. 1

    米ボーイングのドリームライナー、アイルランドに緊急着陸

    メキシコ市からパリに向かっていた、メキシコ・…

  2. 2

    英国がEU離脱なら欧州大陸に軸足移す─ゴールドマン幹部=独紙

    米金融大手ゴールドマン・サックスの幹部は、独…

  3. 3

    深まるギリシャ危機、今後予想されるシナリオ

    ギリシャ支援をめぐる同国政府と債権団の話し合…

  4. 4

    中国の軍事支出に「長期的乱用」、調査で判明=新華社

    中国国営メディアは2日、過去1年半にわたる同…

  5. 5

    中国株式市場、20社以上が3日から売買停止に

    ここ3週間にわたり大幅に下落している中国の株…

  6. 6

    ユーロ圏がギリシャの支援延長を拒否、債務不履行に現実味

    ユーロ圏の財務相は27日の会合で、ギリシャが…

  7. 7

    ギリシャ首相、条件付きで債権団の救済策受け入れの書簡

    ギリシャ政府当局者は、債権団が示した改革案に…

  8. 8

    欧州委がギリシャへの最終提示案を公表、引き続き合意模索

    欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は…

  9. 9

    ギリシャ巨額追加支援、IMFが必要と警告

    国際通貨基金(IMF)は2日、ギリシャが経済…

  10. 10

    ギリシャ首相は改革案の否決訴え、国民投票まで協議棚上げ

    ギリシャのチプラス首相は1日、国民向けにテレ…

定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE

  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月