コラム

外国人のための中国共産党大会講座

2017年11月08日(水)11時30分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/李小牧(作家・歌舞伎町案内人)
外国人のための中国共産党大会講座

©2017 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<中国共産党大会で最高指導部となったメンバー7人は、習近平を除けば単なるお飾り。習がこれから毛沢東のような独裁者になる可能性もある>

人形の中から人形が出てくるロシアの「俄羅斯套娃(マトリョーシカ人形)」のプーチン版をご存じだろうか。開けても出てくるのはプーチン大統領ばかり。つまり、ロシアに本当の権力者はプーチンしかいない、という皮肉だ。では中国でも、習近平(シー・チンピン)国家主席ばかりのマトリョーシカ人形が作られるのだろうか?

共産党大会が先日終わり、新しい最高指導部のメンバー7人が発表になったが、外国メディアの予測報道は軒並み外れ、独裁を続けたい習は後継者候補の若手を選ばなかった。普段でも共産党取材は難しいが、習体制になって情報統制が厳しくなり、より展開が読みづらくなっている。そこで私が今回、特別に「外国人のための党大会講座」を開講しよう。

まず、みんな忘れているようだが、今回の最大の勝利者は習の盟友である王岐山(ワン・チーシャン)のスキャンダルをアメリカで告発し続けた大富豪の郭文貴(クオ・ウエンコイ)だ。王が定年延長をゴリ押しして最高指導部に残れなかったのは、明らかに郭の告発が原因。いろいろ批判されたが、個人で国家に戦いを挑んで結果を出したのだから立派な男だ。

最高指導部の人選も、胡錦濤(フー・チンタオ)前主席派や江沢民(チアン・ツォーミン)元主席派が入ったから習は妥協を強いられたという分析がある。これも間違いだ。トップである政治局常務委員7人は習を除けば単なる飾り。その下の政治局員、中央委員は圧倒的に習の息の掛かった人物が多い。

大した実績もないのに党規約に「習近平の......(長いので省略)思想」を入れた。習は今、毛沢東が住んでいた北京・中南海の「菊香書屋」で暮らしていると聞く。鄧小平も住めなかった場所だ。洗脳教育の効果で国民の礼賛ムードも高まっている。共産党員の大学生が、外資系企業の就職面接で「会社に党支部をつくれ」と大真面目に語ったそうだ。

文革を発動し、死ぬまで独裁を維持した毛は82歳まで生きた。習は今年64歳。習だけのマトリョーシカ人形が作られるのはまだ早い。しかしもし10年の任期を超えて続投するなら......マトリョーシカ人形どころか、毛主席記念堂に代わって習主席記念堂が北京にできるだろう。

【ポイント】
菊香書屋
清朝・康熙帝時代の建築。毛沢東が中南海で初めて住んだ家。毛はベッドの上に歴史書を並べ、それを読みながら権謀術数を練った

毛主席記念堂
北京・天安門広場のそばにある毛沢東の遺体を収めた施設。なぜか見学者は足早に遺体の前を通過させられる。遺体ではなくろう人形との説も

<本誌2017年11月14日号掲載>

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
 ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

米つなぎ予算が失効、政府機関が一部閉鎖 上院で合意

ビジネス

米政府機関閉鎖、トリプルA格付けに直接影響せず=フ

ワールド

米軍、中露との競争が最優先事項 対テロから方針転換

ビジネス

米国株は消費関連株主導で反発、S&Pとナスダックは

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 2

    世界の「日本人ジョーク」に表れる、安倍首相の際立った存在感

  • 3

    アメリカの「政府機関閉鎖」と「債務上限問題」の基礎知識

  • 4

    アルツハイマー病に効く? 意外な薬

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    自ら考える部下の育て方は「日本一オーラのない監督…

  • 7

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 8

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 9

    インドの新型ICBMで「中国全土が核攻撃の射程内」

  • 10

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 1

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 4

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 7

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 8

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 9

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 10

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 5

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 6

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 7

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    iPhoneXは期待外れ

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!