コラム

アメリカの貧困を浮き彫りにする「地理学」プロジェクト

2016年05月24日(火)10時54分
アメリカの貧困を浮き彫りにする「地理学」プロジェクト

ミシガン州フリント。雪が降りしきる。シャッターを閉じたスーパー「Kマート」の外で From Matt Black @mattblack_blackmatt

<これまで20年近くほぼ無名だった写真家マット・ブラックのインスタグラム・プロジェクト"The Geography of Poverty"は、力強くシンプルなスタイルで、アメリカに潜む貧困問題の深さを浮き彫りにする>

 唯一の超大国であるアメリカのもう1つの顔は、格差を作り出してきた貧困大国だ。だが、長年、広大なアメリカをそうした切り口で捉えたフォトドキュメンタリーは存在しなかった。戦前のドロシア・ラングは古過ぎるし、ロバート・フランクの"The Americans"でさえ、1955年から56年にかけて撮影されたものだ(本の出版は1958年)。またフランクの作品は、貧困や格差社会だけでなく、一般大衆の倦怠感も大きなテーマにしている。

 優れた写真家が現れなかったから、ではない。切り口や場所を絞ったフォトストーリーでは、むしろ、彼ら先駆者たちを超えたものもたくさんある――あって当然だ。すでに"The Americans"の誕生から60年近く経った。その間にアメリカはさらに複雑化し、また貧困や格差だけをテーマにしたものでは、読者、あるいはメディアを惹きつけることが難しくなった。費用も非常にかさむ。そのため、多くの写真家が広大なアメリカをもう一度、こうしたテーマで切り取ろうとしたにもかかわらず、挫折してきたのだ。

 今回紹介するマット・ブラックは、そんな状況の中、彗星のごとく登場し、ロバート・フランク以来の大プロジェクトを成し遂げている写真家だ。

 大器晩成型の人である。現在45歳の彼は、過去20年以上の間、貧困、移民、農民の問題を取材してきた。だが、優れた才能があるにもかかわらず、無名に近かった。それが変わったのは、3年ほど前に、自らが育ち暮らしてきたカリフォルニアのセントラル・ヴァレーの貧困問題を、シンプルなキャプションと共にインスタグラムに投稿し始めてからだ。

【参考記事】拒食症、女性器切断......女性の恐怖・願望が写り込んだ世界

 その後、"The Geography of Poverty(貧困の地理学)"というタイトルをつけ、取材範囲を広大なアメリカ全体へと広げていく。同時に多くのメディアが彼のプロジェクトを取り上げ始め、また多くの国際的なグラントや賞を獲得することになる。

カリフォルニア州のアレンスワース。貧困率54%

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ビジネス

ムーディーズ、英格付けを「Aa2」に引き下げ EU

ビジネス

米12月利上げに予断なし、低インフレをなお懸念=ダ

ワールド

北朝鮮、水爆実験強硬なら分水嶺 米国は深刻に受け止

ワールド

OPEC内外の閣僚監視委、減産延長巡る決定時期で意

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 3

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 4

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    日本はなぜここまで教育にカネを使わないのか

  • 7

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 8

    ラットの頭部移植に成功 年末には人間で?

  • 9

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 4

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 5

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 6

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 7

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 8

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 9

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 10

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!