コラム

共和党予備選本番、ヘイリーの急浮上はあるか?

2024年01月10日(水)15時30分
ニッキー・ヘイリー

トランプ独走の情勢は、年明けから変化が見られる Ben Von Klemperer/Shutterstock

<伝統的保守派からの支持を得られれば、トランプと互角に戦える可能性も>

2024年が明けました。いよいよ大統領選の年の幕開けです。これからは、テレビ討論や演説会だけでなく、本番の予備選挙が順次行われていきます。民主党の場合、当面は、現職のバイデンで事実上一本化されていますが、問題は共和党です。共和党の大統領予備選は、トランプがテレビ討論への参加を拒否し続けながら、50%を超える支持率をキープしているという異様な選挙戦になっています。

この構図が崩れるのかどうかが、当面の焦点になってきています。この点で言えば、昨年暮れまでの情勢としてはトランプ独走というムードが濃厚でしたが、ここへ来て、選挙情勢には微妙な変化が出てきています。


それは、ニッキー・ヘイリー候補(元国連大使、元サウスカロライナ州知事)がここへ来て急浮上しているからです。

共和党内の支持率では、昨年秋まではトランプが50~60%の支持率で、これを10%強のデサンティス候補(フロリダ州知事)が追い、さらにヘイリーが8~9%という数字で追いかけるという構図でした。ですが、ここへ来てかなり局面が変わってきています。

まず、アイオワ州の党員集会が真っ先に1月15日(月)に行われます。このアイオワは農業州という性格もあり、共和党支持者のカルチャーはかなり保守的です。そんな中で、イタリア系のデサンティス、インド系のヘイリーの両候補の支持は伸びていません。直近の世論調査でもトランプの優位は明らかです。大方の予想としては、トランプ、デサンティス、ヘイリーの順になると言われています。

ヘイリーとしては、その次のニューハンプシャー州を決戦場としているようです。ニューハンプシャー州は東部ですが、都市型ではなく共和党と民主党の支持が拮抗しています。その中で共和党支持者には、レーガンやブッシュなど国際協調を否定しないクラシックな保守主義が根強く、ヘイリーはそうした票を取り込む戦略に出ていました。

支持率でヘイリーが猛追

そんななかで年明けに発表された世論調査結果では、CNNと地元大学の連合調査でトランプ39%に対してヘイリーが32%と猛追しています。他の調査も含めた直近の平均値でも、トランプ42%、ヘイリー29%(政治サイト「ファイブ・サーティーエイト」による)となっており昨年までの構図が大きく変化しています。

ニューハンプシャーの予備選挙は、1月23日とまだ2週間ありさらに状況が変わる可能性があります。また、この州は「セミオープン型」の予備選となっており、党員登録者に加えて無党派の有権者も投票が可能ですので、ヘイリーがさらに票を伸ばすかもしれません。

ヘイリーとしては、まずアイオワでの敗戦を最小限にし、あわよくば2位のデサンティスに肉薄しておく、その上でニューハンプシャーでトランプに限りなく迫るという戦略です。その勢いを駆って、ニューハンプシャーの翌日に予定されている彼女の地元である、サウスカロライナ予備選でも善戦すれば、全国ニュースが一気に彼女の「旋風」を話題にするという計算をしているはずです。そうなれば、直後の3月5日の「スーパー・チューズデー」でトランプと対等に戦える、そんなロードマップになるわけです。

仮にヘイリーにそのような「勢い」が出た場合には、トランプが容疑者として起訴されている多くの裁判の審理がこの予備選日程と重なる中で、トランプを「見放した票」が一気にヘイリーに集まるかもしれません。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

G7声明、日本の主張も踏まえ為替のコミット再確認=

ビジネス

訂正(発表者側の申し出・17日配信の記事)-トヨタ

ビジネス

UBS、新たな人員削減計画 クレディ・スイス統合で

ビジネス

G7財務相、イラン制裁やロシア凍結資産の活用で協力
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    【画像】【動画】ヨルダン王室が人類を救う? 慈悲深くも「勇ましい」空軍のサルマ王女

  • 3

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画って必要なの?

  • 4

    パリ五輪は、オリンピックの歴史上最悪の悲劇「1972…

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 8

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 9

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 10

    対イラン報復、イスラエルに3つの選択肢──核施設攻撃…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 5

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本…

  • 10

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story