プレスリリース

2023年度第1回ロボット検定受験者募集中

2023年03月21日(火)10時00分
教育図書・教材の出版および各種教室やスクール運営を行う中央出版株式会社(名古屋市名東区、代表:前田 哲次)は、全国でロボット科学教育を展開する株式会社ロボット科学教育(神奈川県横浜市青葉区、代表:鴨志田 英樹)と共同で日本各地に展開しているレゴ(R)ブロックを使ったプログラミング学習「Crefus・Kicks ジュニアエリート」講座を運営しています。


中央出版株式会社Kicks講座では、2023年4月22日(土)および23日(日)に開催される2023年度第1回ロボット検定の受験申込を、4月10日(月)まで受け付けています。小学1年生から受験可能なForWeDo2.0、小学3年生から受験可能なForEV3、ForSPIKEプライムに分かれて実施します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/349952/img_349952_1.png

ロボット検定とは、一般社団法人ロボット技術検定機構の開催する検定で、ロボット製作に必要とされる知識や
技能を客観的に評価し、判定する検定です。小学1年生から受験することができ、合格者には合格証明書と認定バッジが進呈されます。

ロボット検定では、筆記問題だけでなく、組み立てやプログラミングの実技問題も出題されるため、発想力、応用力を確認できます。技術が発達した現代では、知りたい情報を簡単に調べられるようになりました。今後子どもたちが生きていくのは、溢れる情報から必要なものを自分で考え選び活用する力が求められる世界です。ロボット検定は、知識・技能の両面から、子どもたちの未来の力を応援していきます。

今月末には中央出版株式会社オリジナルのロボット検定対策講座を企画しています。講座限定のワークシートを作成し、講座終了後も、子どもたちが自ら見返して対策に取り組めるよう指導します。中央出版株式会社Kicks講座では、子どもたちがロボット検定を通じて最後まで諦めずにやり抜く力を身につけていけるよう支援します。


【ロボット検定開催概要】
日程:2023年4月22日(土)および23日(日)
会場:Kicksアピタ長久手ラボ・Kicksリーフウォーク稲沢ラボ・おおぞら高等学院横浜キャンパス・おおぞら高等学院静岡キャンパス・おおぞら高等学院名古屋キャンパス・おおぞら高等学院福岡キャンパス
実施級:※会場により異なる
・WeDo2.0...3級・2級・1級
・EV3...3級・準2級・2級・準1級
・SPIKE...3級・準2級
受付期間:2023年3月4日(土)~4月10日(月)

【ロボット検定対策講座開催概要】
日程:2023年3月25日(土)~29日(火)
形式:オンライン
実施級:
・WeDo2.0...3級・2級・1級
・EV3...3級・準2級・2級・準1級
・SPIKE...3級
受付期間:2023年3月4日(土)~3月17日(金)



◆Kicks講座には、じっくり考えて、あきらめずに、やりぬくチカラを育てる4つのポイントがあります。
1)ハンズオン 2)プログラミング 3)STEM教育※ 4)プレゼンテーション
※STEM教育とは?
( Science [ 科学 ] / Technology [ 技術 ] / Engineering [ 工学 ]/ Mathematics [ 数学 ] )
教科ごとに断片的に学ぶのではなく、さまざまな分野を横断的・統合的に学び、課題発見・解決能力を養います。
現在、各ラボで無料体験イベントを実施中です。詳しくはHPをご覧ください。
中央出版 ロボット科学教育Kicks https://www.robot-chuoh.com/


■会社概要
名 称:中央出版株式会社
代表者:前田 哲次
所在地:〒465-0093 名古屋市名東区一社四丁目165
設 立:1979年10月(創業1972年)
資本金:9,000万円


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

ニュース速報

ワールド

ウクライナ、反転攻勢の準備整った―ゼレンスキー氏=

ワールド

米国防長官、講演で中国に懸念 衝突回避へ対話を呼び

ワールド

北朝鮮ミサイル情報の即時共有、数カ月中に初期運用へ

ワールド

インド東部で列車同士が衝突、少なくとも233人死亡

MAGAZINE

特集:ChatGPTの正体

2023年6月 6日号(5/30発売)

便利なChatGPTが人間を支配する日。生成AIとどう付き合うべきか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシアの「竜の歯」、ウクライナ「反転攻勢」を阻止できず...チャレンジャー2戦車があっさり突破する映像を公開

  • 2

    「ダライ・ラマは小児性愛者」 中国が流した「偽情報」に簡単に騙された欧米...自分こそ正義と信じる人の残念さ

  • 3

    米軍、日本企業にTNT火薬の調達を打診 ウクライナ向け砲弾製造用途で

  • 4

    ウクライナ側からの越境攻撃を撃退「装甲車4台破壊、戦…

  • 5

    どんぶりを余裕で覆う14本足の巨大甲殻類、台北のラ…

  • 6

    茶色いシミに黄ばみ... カンヌ登場のジョニー・デッ…

  • 7

    「両親は無責任だ」極太ニシキヘビが幼児に絡みつく.…

  • 8

    「日本ネット企業の雄」だった楽天は、なぜここまで…

  • 9

    【ヨルダン王室】ラーニア王妃「自慢の娘」がついに…

  • 10

    大事な部分を「羽根」で隠しただけ...米若手女優、ほ…

  • 1

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎられて死亡...血まみれの現場

  • 2

    歩きやすさ重視? カンヌ映画祭出席の米人気女優、豪華ドレスからチラ見えした「場違い」な足元が話題に

  • 3

    韓国アシアナ機、飛行中に突然乗客がドアをこじ開けた!

  • 4

    【ヨルダン王室】ラーニア王妃「自慢の娘」がついに…

  • 5

    「日本ネット企業の雄」だった楽天は、なぜここまで…

  • 6

    ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎられて死亡...血まみ…

  • 7

    ロシアの「竜の歯」、ウクライナ「反転攻勢」を阻止…

  • 8

    62歳の医師が「ラーメンのスープを最後まで飲み干す」…

  • 9

    ロシアはウクライナを武装解除するつもりで先進兵器…

  • 10

    F-16は、スペックで優るロシアのスホーイSu-35戦闘機…

  • 1

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎられて死亡...血まみれの現場

  • 2

    世界がくぎづけとなった、アン王女の麗人ぶり

  • 3

    カミラ妃の王冠から特大ダイヤが外されたことに、「触れてほしくない」理由とは?

  • 4

    F-16がロシアをビビらせる2つの理由──元英空軍司令官

  • 5

    「ぼったくり」「家族を連れていけない」わずか1年半…

  • 6

    築130年の住宅に引っ越したTikToker夫婦、3つの「隠…

  • 7

    日本発の「外来種」に世界が頭を抱えている

  • 8

    歩きやすさ重視? カンヌ映画祭出席の米人気女優、…

  • 9

    チャールズ国王戴冠式「招待客リスト」に掲載された…

  • 10

    「飼い主が許せない」「撮影せずに助けるべき...」巨…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中