Picture Power

震災が切り裂いたラクイラの暮らし

New Town After the Quake

Photographs by R. Rorandelli & M. Morzoni

震災が切り裂いたラクイラの暮らし

New Town After the Quake

Photographs by R. Rorandelli & M. Morzoni

ラクイラ:震災で被害を受けた市街地(写真左側)と郊外に建設された被災者住宅(写真右側) ROCCO RORANDELLI—TERRAPROJECT

 今年5月のカンヌ国際映画祭で、イタリアの女性監督サビーナ・グッツァンティのドキュメンタリー『ドラクイラ----イタリアは震える』が特別上映された。昨年4月にイタリア中部ラクイラで発生した大地震を取り上げた作品だ。復興は遅々として進まず、倒壊の危険がある建物には市民が足を踏み入れることもできない----。政府の対応を厳しく批判し、喝采を浴びた。

 実際、震災から1年が過ぎた今でもラクイラの中心部は瓦礫で埋まり、立ち入り禁止になっている。政府は街の郊外に4400棟の集合住宅を建設し、約1万5000人の住民を収容している。しかし住民は「街のコミュニティーが分断され、ばらばらになってしまった」と嘆いている。

 イタリアには震災で壊滅した旧市街を放棄し、新しい街を建設した前例がある。南部のコンツァ・デッラ・カンパーニアでは、1980年に発生した大地震で8割以上の建物が倒壊した。住民は新しい街に転居し、旧市街は博物館へと姿を変えた。

 ラクイラの場合、政府は旧市街を放棄せずに復興する方針でいるが、かつての姿を取り戻すまでには10〜15年の歳月がかかるとみられている。住民の嘆きは当分収まりそうもない。

2010年7月14日号掲載

MAGAZINE

特集:科学技術大国 中国の野心

2018-1・30号(1/23発売)

豊富な資金力で先端科学をリードし始めた中国 独裁国家がテクノロジーを支配する世界

*雪による配送遅延について

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開発に光が!?

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    アメリカのビーチは糞まみれ

  • 5

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 6

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 7

    「骨タイプのおやつ」で死亡する犬が急増 米政府機…

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    写真が語る2016年:小頭症の赤ん坊を抱きしめるブラ…

  • 10

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 7

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 8

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 9

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 10

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 6

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    iPhoneXは期待外れ

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!