Picture Power

イギリスに生きるムスリムの葛藤

YOU GET ME?

Photographs by MAHTAB HUSSAIN

View All

イギリスの街角に立つ浅黒い肌の彼らは、カメラを見据えながらこう問い掛けているようだ――自分はいったい、何者か? パキスタン系イギリス人の写真家マタブ…

アーカイブ

八方塞がりのイタリア労働者

一向に上向かない景気と巨額の財政赤字を抱え、暗いトンネルからの出口を見つけられないイタリア経済。若年層の失業率が40%近くに達するなか、政治への不満がポピュリズム政治家へ…

2017.11.24

行き場なく宙に浮くカタルーニャ独立の夢

13年前からスペイン北東部カタルーニャ自治州の州都バルセロナを拠点にする私にとっても、住民の独立への思いは想像以上のものだった。そもそも私は、住民投票の実施自体に懐疑的だ…

2017.11.02

LGBTQの親を持つ子供たち

私の母は同性愛者。そう言えるようになるまで、長い時間がかかった。 20年以上前、私が高校生だった頃に母はカミングアウトした。間もなく父と別れ、最終的には長年のパートナー…

2017.10.27

アフリカ難民たちの過酷な1食

想像できるだろうか、1日1食で生きることを。アフリカ中央部のチャド湖周辺地域に暮らす多くの難民にとって、それは紛れもない現実だ。ナイジェリア、カメルーン、ニジェール、チャ…

2017.10.20

巨匠が捉えた1950年のピッツバーグ

<67年前のピッツバーグ、環境汚染のひどい鉄鋼の街はクリーンに変わりつつあった> 街角の犬や子供、恋人たちをユーモアと人間味あふれる視線で捉える世界的写真家エリオット・…

2017.10.05

明るい防空壕が物語るイスラエルの危険な日常

イスラエルには100万を超す防空シェルターが存在する。建国以来、自国を敵視する国々に囲まれた土地で、何度もミサイルやロケット弾による攻撃を受け、市民が犠牲になってきた教訓…

2017.09.27

難民の旅の悲惨な終着点リビア

アフリカから欧州を目指す難民の波は今も絶えない。サハラ砂漠以南や北アフリカをくぐり抜けた彼らの過酷な旅は最後に、最も危険な場所にたどり着く。地中海への玄関口リビアだ。 …

2017.08.31

現代中国の消費主義劇場

壮大な「一帯一路」構想、途上国への巨額のインフラ投資、外国経済を左右する爆買い......。急速な経済成長を遂げた中国は、世界の風景を一変させている。だが、何より複雑で大…

2017.08.01

銃撃の被害者、それぞれの物語

「傷跡は物語。除去する手術を受けたいと冗談で言ったこともあるけれど、私がいま生きていることが奇跡だし、傷跡はその事実を物語ってくれる。」――Megan Hobson 写…

2017.07.06

武器展示会のシュールな現実

一般にはあまり知られていないが、ランジェリーや車と同じように戦車やミサイルも世界各地で展示会が開かれている。「戦争展示会」とも呼ばれ、防衛産業の関係者が数多く詰め掛ける。…

2017.06.23

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 2

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 3

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 4

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 5

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 6

    小さな飛行士が壮大な宇宙の旅に

  • 7

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 8

    料理は科学!スクランブルエッグは空気と塩でこんな…

  • 9

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 10

    犬が「噛む」のはワケがある 

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃しながら大喜びか

  • 3

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ起きるかだ」

  • 4

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 5

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 6

    2017年は中流でもビットコインを買える最後の年にな…

  • 7

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 8

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 9

    中国軍駐留で北朝鮮の非核化を

  • 10

    犬が「噛む」のはワケがある 

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 6

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 7

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 8

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!