コラム

スケッチをするように簡単に3D造形ができる3Dペン

2016年02月01日(月)13時00分
スケッチをするように簡単に3D造形ができる3Dペン

 筆者は数年前から個人的に購入した3Dプリンタでメイカーズ的な工作などを楽しんでいる。最近では、価格も、対応アプリケーションやサービスなどの周辺環境もずいぶんこなれ、以前よりはずっと気軽に使えるようになってきた。しかし、まだまだ一般消費者にとっては、イメージ通りの作品を設計して出力するにはハードルが高いところもある。

 また、アート系の立体造形分野での3Dプリンタ利用も進んでいるが、そちらは数学的に生成したデータを利用した精緻な作品が多く、手作りの彫刻のようなアナログ感や荒々しさとはやや距離を感じる。

 たとえばスケッチをするように、もっと簡単に3D造形ができないものか...と一部の人々が考え始めていたときに登場したのが、3Doodler(スリー・ドゥードゥラー)だった。

 Doodler(ドゥードゥラー)とは、ちょっとしたフリーハンドの「イタズラ描きをする人」を意味する英単語である。それを立体化したので、製品名は3Doodler。単純だが、なかなか洒落ている。しかし、この製品も、他の発明品によくあるように、実は失敗から生まれたものなのだ。

 樹脂を高温で溶かして積層する造形方式は、比較的構造が単純で扱いも容易なことから、ホビー向けのの3Dプリンタによく採用されている。クラフト系の工作などで接着剤代わりに使われる、グルーガンを高度化したものをイメージするとわかりやすいだろう。

 ただし、もし造形途中で樹脂の溶解ヘッドの詰まりなどを直すためにマシンを止めると、それまで時間をかけて積層した部分は無駄になり、破棄して最初からやり直さなければならない。

 3Doodlerの発案者も、自分の3Dプリンタで完成間近の作品をダメにしてしまい、思わず溶解ヘッドを外して、欠けた部分を手作業で補った。そのときに、最初から手で動かすペン型の立体造形ツールのアイデアが浮かんだのである。

 こうして、普通のカラープリンタに対するサインペンのような位置付けで、3Dプリンタに対する3Doodlerが誕生した。初代モデルは、ペンというよりもズッキーニを葉巻型にしたような太さと重さだったが、第2世代の3Doodler 2.0では、かなりスリムでスタイリッシュなデザインとなり、細かな造形のコントロールが行いやすくなった。

 熱で樹脂を溶解する以上、火傷などには注意が必要だが、筆者の経験では、小学校の中・高学年くらいから分別を持って利用できる。

 慣れれば、床面から線を立ち上げて、そのまま空中に造形していけるが、平面的に作ったパーツを組み上げて立体化しても十分楽しめる。また、そのためのテンプレートも、東京タワーやエッフェル塔から、伊達メガネ、ランプシェードなどまで、色々と用意されている

 クールジャパンやモノ作り大国の復興が叫ばれる中で、実際に子どもたちが触れるデバイスには、ゲームやアニメの消費者を育てるだけのものが多い。与えられた世界の中で受け身の遊び方に慣れてしまわぬよう、自分が欲しいものや想像したものを自ら作り上げられる製品に、もっと目を向けるべきときがきているのではないだろうか。

2015年にリリースされた3Doodler 2.0は初代モデルよりも細く、軽く、コントロールしやすくなり、より繊細な表現が可能となった。


2.大谷作例1.JPG

筆者が3Doodlerで制作した仮面舞踏会的なマスク。100円ショップのオモチャのマスクを利用して輪郭をとり、メッシュ部分をフリーハンドで仕上げたもの。


3.大谷作例2.JPG

原宿のMoMAストアで開かれた3Doodlerの展示会に出展した際の筆者の作品群。左中段の輪ゴム鉄砲は実際に機能し、右下のシャシーは可動式のサスペンションを持つ。


4.ファッションへの応用.jpg

海外では、このようにプロのアーティストの作品制作にも使われている。これは、エリカ・グレイによるウェアラブル彫刻「クリスタル・マトリクス」。

プロフィール

大谷和利

テクノロジーライター、原宿AssistOnアドバイザー、NPO法人MOSA副会長。アップル、テクノロジー、デザイン、自転車などを中心に執筆活動を行い、商品開発のコンサルティングも手がける。近著に「成功する会社はなぜ「写真」を大事にするのか」(現代ビジネスブック)「ICTことば辞典:250の重要キーワード」(共著・三省堂)、「東京モノ作りスペース巡り」(共著・カラーズ)。監修書に「ビジュアルシフト」(宣伝会議)。

ニュース速報

ビジネス

焦点:ビール類の税額統一で「パイの食い合い」は止ま

ワールド

焦点:領土交渉への期待値下げる日本、ロシアとの首脳

ビジネス

ZMP、顧客情報流出で上場手続きを延期

ビジネス

アングル:GDP確報値で消費上振れ、物価押し上げに

MAGAZINE

特集:THE FUTURE OF WAR 未来の戦争

2016-12・13号(12/ 6発売)

AI、ドローン、ロボット兵士......進歩する軍事技術は 新時代の戦場と戦闘の姿をここまで変える

人気ランキング

  • 1

    マドンナ、トランプに投票した女性たちに「裏切られた」

  • 2

    トランプ、ボーイングへのエアフォース・ワンの注文取り消しを要請

  • 3

    トランプが仕掛ける「台湾カード」 中国揺さぶりのもつ危険性

  • 4

    韓国「崔順実ゲート」の裏で静かに進む経済危機

  • 5

    民族大虐殺迫る南スーダン。国連安保理の武器禁輸措…

  • 6

    ネパールの被災地に巣くう人身売買ビジネス

  • 7

    スー・チーにも見捨てられた?ミャンマーのロヒンギ…

  • 8

    安倍首相の真珠湾訪問は、発表のタイミングもベスト

  • 9

    「トランプとプーチンとポピュリストの枢軸」が来年…

  • 10

    インターポールも陥落、国際機関を囲い込む中国の思惑

  • 1

    トランプ-蔡英文電話会談ショック「戦争はこうして始まる」

  • 2

    トランプ氏、ツイッターで中国批判 為替・南シナ海めぐり

  • 3

    マドンナ、トランプに投票した女性たちに「裏切られた」

  • 4

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年…

  • 5

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 6

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結…

  • 7

    インターポールも陥落、国際機関を囲い込む中国の思惑

  • 8

    トランプ、ボーイングへのエアフォース・ワンの注文…

  • 9

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃな…

  • 10

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

  • 3

    注目は午前10時のフロリダ、米大統領選の結果は何時に分かる?

  • 4

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気に…

  • 5

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専…

  • 6

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 7

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 8

    安倍トランプ会談、トランプは本当に「信頼できる指…

  • 9

    トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」の真実

  • 10

    「ハン・ソロとレイア姫」の不倫を女優本人が暴露

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!